Firmus Supercloud が Canonicalのオープンインフラで持続可能なクラウドコンピューティングの新基準を確立

by Canonical on 5 October 2022

Ubuntuの提供元であるCanonicalは、オーストラリアのクラウドインフラストラクチャプロバイダーで革新的なデータセンターテクノロジーを提供するFirmusが、CanonicalのCharmed OpenStackとCharmed Kubernetesを使用して超高効率かつ持続可能なパブリッククラウドを開発したと発表しました。

データセンターは全世界の温室効果ガス放出の2%を占め、さらに増え続けています。これは主に、従来のデータセンターの設計が非効率的なためです。全世界におけるデータセンターのエネルギー効率の平均値は1.59 PUE(Power Usage Effectiveness、電力使用効率)です。つまりコンピューターを駆動する電力1MWにつき冷却システムにも590kWが必要です。この値はなかなか改善されず、非効率的なデータセンターが高い運用コストとアクセスコスト、さらには地球への負荷を招いています。

Firmusはデータセンターの効率と持続可能性の問題を、革新的な浸漬式冷却ソリューションで解決します。サーバーを非電導性で生分解性の液体を入れた槽に沈め、空冷の約1,000倍の効率で冷却するのです。

この浸漬式冷却テクノロジーから、1.03 PUEという、おそらく世界で最も効率的なデータセンターの設計が誕生しました。これにより、FirmusはパブリッククラウドサービスのSupercloudを他の企業より大幅に低い価格で提供します。さらにFirmusのデータセンタータスマニア島にあり、純粋なオングリッドの再生可能エネルギーで動いています。

FirmusのCEOで共同創設者のTim Rosenfield氏は次のように説明しています。「コンピューターを1時間Supercloudで使用するのと他のクラウドで使用するのとでは、コストも環境への影響も大きく異なります。当社のデータセンター設計が全世界に広まるとともに、基準として機能し、業界がより大きな責任を果たすことを期待します」。

Supercloudの魅力的な価格を考慮し、Firmusは膨大な需要に対応した迅速な拡張を可能にするクラウドインフラストラクチャの技術とソリューションを求めていました。FirmusがCanonicalのCharmed OpenStackCharmed Kubernetesを活用したパブリッククラウドの構築とサポートを採用したのはこのためです。

現在、FirmusはSupercloudのベータ版を展開中ですが、Canonicalの自動化ツールをパブリッククラウドのシームレスな管理、更新、セキュリティに役立てています。さらに、CanonicalのソリューションをNvidia GPUなど他の最先端テクノロジーと組み合わせ、負荷の大きいAIワークロードにも対応する高性能サービスを提供する予定です。

ケーススタディをダウンロードして、詳細をご覧ください。

Canonicalについて

Canonicalは「Ubuntu」を提供する企業です。Ubuntuは、ほとんどのパブリッククラウドのワークロードに使われているOSであり、スマートゲートウェイ、自動運転車、高度なロボットなどの最先端分野でも使用されています。Canonicalは、Ubuntuの商用ユーザー向けにエンタープライズセキュリティ、サポートおよびサービスを提供しています。Canonicalは2004年に創設され、Netflix、Uber、Tesla、AirBnBなどクラウドで事業を開始した大手企業や、全世界で10,000を超えるクラウド推進のエンタープライズを対象として、ハイパースカラーのワークロードの大部分を動かしています。

Supercloudについて

SupercloudはオーストラリアのAIおよびML計算クラウドで、電力網に接続された再生可能エネルギーを使用し、クラウドの計算ワークロードの炭素排出をなくします。SupercloudのSEC(Sustainable Compute Engine)は、世界で最も効率的なデータセンターでホストされ、コンテナ化および仮想化されたワークロードに対応して、最も強力なGPUおよびCPUコンピューターを低コスト、低炭素で使用でき、AI、ML、汎用コンピューティングのワークロードを駆動できます。

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

Cephを利用した初心者向けオープンソースストレージ

現代の組織はIT技術に依存しています。そしてインフラにおいて何より重要なのがデータの保存です。トランザクションデータベース、ファイル共有、ビジネス分析用の膨大なデータレイクなど、すべてのデータを保存する必要があります。 従来、ストレージのニーズを満たすのは大手ハードウェアベンダーでしたが、この10年で多くの組織がコモディティハードウェア上で動作するCephのようなオープンソースソリューションに移行しています。この記事ではCephを紹介し、組織がCephを選ぶ理由も解説します。 ストレージソリューションの選択 Canonicalでは、データをどこに保存すべきかとよく尋ねられます。概してその答えを決めるのは、以下のいくつかの要因です。 パフォーマンスとレイテンシの要件 – 汎 […]

MicrosoftとCanonical、Ubuntu 22.04のホストとコンテナにおける.NETのネイティブサポートを発表

.NET開発者は「apt install」コマンドだけでUbuntu 22.04 LTSからASP.NET、.NET SDK、ランタイムをインストール可能 Canonicalは、シェルやパッケージマネージャーが不要な新しい超小型のOCI対応アプライアンスイメージを.NET 6 LTSとASP.NETの両ランタイム向けにリリース MicrosoftとCanonicalは共同で.NETとUbuntuの間のソフトウェアサプライチェーンを保護し、エンタープライズグレードのサポートを提供 .NET開発プラットフォームはオープンソースプロジェクトへのMicrosoftの非常に早期のコントリビューションであり、CanonicalはUbuntu 22.04 LTS以降、Ubuntuのホス […]

Google CloudのArm搭載T2A仮想マシン向けUbuntuをリリース

2022年7月13日:CanonicalとGoogle Cloudは本日、GoogleのCompute Engine上で動作するTau T2A仮想マシン(VM)のプレビュー版向けに最適化したUbuntuイメージを発表しました。これによりGoogle Cloudのユーザーは、クラウドオペレーティングシステムとして人気の高いUbuntuを、セキュリティ、拡張性、費用対効果に優れたクラウドインフラストラクチャ上で実行できます。Ampere® Altra®プロセッサを搭載したArmベースのT2A VMは、マイクロサービス、アプリケーションサーバー、機械学習(ML)、オープンソースデータベース、インメモリキャッシュなどのコンピューティングワークロードに最適です。 Canonical […]


© 2022 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。