Google Cloud用Ubuntu Proのリリース

by Canonical on 6 July 2021

2021年6月14日:CanonicalとGoogle Cloudは本日、Ubuntu Pro on Google Cloudを公開しました。これは、すべてのGoogle Cloudユーザーが使用可能な新しいUbuntu製品です。Ubuntu Pro on Google Cloudを使用すると、最大10年間にわたって、数千ものオープンソースアプリケーションをカバーするセキュリティパッチにいつでもアクセスでき、規制された環境でワークロードを実行するために不可欠な、重要なコンプライアンス機能も使用できます。

Google Cloudは、デスクトップからKubernetesやAI/MLに至るまで、革新的な開発者向けソリューションを提供するため、Canonicalと長年にわたって提携してきました。この共同開発の流れに沿って、Google CloudとCanonicalはよりセキュアで、強化され、投資対効果の高い開発運用環境として、Ubuntu Pro on Google Cloudを生み出しました。これにより、すべてのエンタープライズが自社のクラウド採用を促進できます。

Google Cloudの計算担当副社長兼ゼネラルマネージャーであるJune Yang氏は、次のように述べています。「エンタープライズのお客様は、自社の中核のビジネスクリティカルで顧客向けのアプリケーションを実行するため、Google Cloudを採用するようになりつつあります。Ubuntu Pro on Google Cloudの可用性により、当社のエンタープライズ顧客は、自社のミッションクリティカルなワークロードに必要なセキュリティの強化とコンプライアンスサービスを使用できるようになります。」

Ubuntu Pro on Google CloudはUbuntuのプレミアムバージョンで、エンタープライズと本番運用での使用を対象としています。開発者や管理者向けのセキュアな開発運用環境となり、すべてのITシステムの基本的な柱の1つであるセキュリティに対処します。標準のUbuntuコンポーネントを基礎としていますが、次のような追加サービスが最初からアクティブ化されています。

  • Ubuntuの汎用リポジトリの高度および重要なCVEのパッチ適用。Node.js、MongoDB、Redis、Apache Kafkaなどを始めとして30,000を超えるパッケージをカバーしています。
  • 10年間の保守契約(18.04 LTS以降。Ubuntu Pro 16.04 LTSの保守は8年間です)。
  • カーネルへのライブでのパッチ適用により、VMインスタンスのセキュリティが強化され、稼働時間が延長されます。
  • 公式認定済みのコンポーネントにより、FedRAMP、HIPAA、PCI、GDPR、ISOなどのコンプライアンス制度に従う運用環境を実現できます。
  • 2021年後半に提供予定の機能:認定済みのFIPS 140-2コンポーネント、セキュリティコマンドセンター用のセキュリティダッシュボード、マネージドアプリなど。
  • Ubuntuに含まれる、すべての標準の最適化とセキュリティ更新。

実運用でのUbuntu Pro on Google Cloud

Gojekはタクシー配車サービス企業から技術企業へと発展し、支払、eコマース、輸送の分野にわたって20を超えるサービスのスイートを提供しています。同社のアプリケーションは、東南アジア全体で数百万人のユーザーにサービスを提供しています。

GojekのCI/CDおよびFinOps担当エンジニアリングマネージャーであるKartik Gupta氏は、次のように述べています。「当社は、包括的なテストを行い、Ubuntu 16.04 LTSワークロードをUbuntu 20.04 LTSに移行するための時間が必要でした。そのため、Ubuntu 16.04 LTSの標準の保守期間の延長が必要となりました。Ubuntu Pro on Google Cloudによりこの期間の延長が可能になり、当社の16.04のワークロードをUbuntu Proに移行するにあたり、カーネルへのライブでのパッチ適用と、当社の主要なオープンソースコンポーネントに対するセキュリティのカバーの改善から恩恵を受けることができます。」

顧客がコストと費用の削減をより的確に見通せるようにするため、Ubuntu Pro for Google Cloudは透過的で革新的な価格モデルを採用しています。たとえば、Ubuntu Proは平均的なコンピューティングのコストの3~4.5%で、使用するコンピューティングリソースが多くなるほど、Ubuntu Proに支払う割合が小さくなります。顧客は、調達プロセスの合理化のためにUbuntu ProをGCP ConsoleやGoogle Cloud Marketplaceから直接購入して、Canonicalが提供するこれらの商用機能にすぐにアクセスできます。

CanonicalのクラウドGTM担当副社長であるAlex Gallagherは、次のように述べています。「2014年以来、CanonicalはGoogle Cloudのお客様にUbuntuを提供してきました。当社はセキュリティのカバー範囲を拡大し続け、優れた運用効率や、Google Cloudの機能とのネイティブな互換性を実現していきます。CanonicalとGoogle Cloudとの提携によりUbuntu Proが利用可能になることには大きな期待を寄せています。Ubuntu Pro on Google Cloudはオペレーティングシステムのセキュリティにおける新しい標準を設定し、Google Cloudへの移行を促進する製品です。」

開始方法

Ubuntu Pro on Google Cloudは簡単に使い始めることができます。これらのプレミアムイメージは、Google Cloud ConsoleでオペレーティングシステムとしてUbuntu Proを選択すれば、Google Cloudから直接お求めになれます。

Ubuntu Pro on Google Cloudの詳細は、ドキュメントページGoogleの発表をご覧ください。

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

ハイブリッドクラウドのインフラストラクチャを最新化するためのプレイブック

CTO(最高技術責任者)向けの利用事例と戦略的ガイダンス パブリッククラウドは前例のないスピードでデジタルトランスフォーメーション を実現しました。しかし、拡張性に対するニーズが増えると、その長期的な運用 コストは厳しいものになります。ハイブリッドクラウドは、運用面の支出の抑制 や厳密な管理を可能にするプライベートインフラストラクチャと、簡単に拡張で きるパブリッククラウドという2つの環境の両方からメリットを得るための代替策 として浮かび上がりました。 ハイブリッドクラウドアーキテクチャの採用を検討している組織や企業は、プライベートクラウドベンダーの選択肢や、アプリケーションの設計と開発に対する影響、ワークロードの調整、長期メンテナンスについて慎重に考える必要があります。 […]

2022年クラウド価格レポート

クラウドインフラストラクチャの選択におけるクラウド価格の影響 さまざまなクラウドプラットフォームのコストの見積もりや比較は、決して簡単ではありません。パブリッククラウドプロバイダーはリソース単価の形でサービスの定価を提示しますが、プライベートクラウドの分野で同じことをするのは至難の業です。リソース単価が明確でも総所有コスト(TCO)の完全な把握にはなりません。多くの企業は、あらゆる種類のクラウドリソースの需要を自社で計算できないからです。この結果、大手クラウドプロバイダーはTCO計算機能を用意し、顧客によるコストの見積もりやデータに基づいた決定をサポートしています。 本レポートは3部構成です。まず、2022年7月時点の大手パブリック/プライベートクラウドプロバイダーのクラ […]

Open Source MANO TWELVEによるテレコムネットワークの回復と自動拡張

2番目の長期サポート付きOpen Source MANO(OSM)リリースが到着しました。Open Source MANO Release TWELVEは、2年間のサポートとセキュリティパッチを含みます。また、MANO(Management and Network Orchestration)エコシステムに属するVNFベンダーにもシステムインテグレーターにも有利な特長を備えています。ETSI OSM(Open Source MANO)には、複数のクラウドプラットフォームと仮想インフラストラクチャマネージャー(VIM)を統合できます。サービスプロバイダーやオペレーターはOSMプラットフォームを利用し、仮想マシン(VM)またはコンテナ化されたフレームワーク(Kubernete […]


© 2023 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。