ハイブリッドクラウドのインフラストラクチャを最新化するためのプレイブック

by Canonical on 2 January 2023

CTO(最高技術責任者)向けの利用事例と戦略的ガイダンス

パブリッククラウドは前例のないスピードでデジタルトランスフォーメーション を実現しました。しかし、拡張性に対するニーズが増えると、その長期的な運用 コストは厳しいものになります。ハイブリッドクラウドは、運用面の支出の抑制 や厳密な管理を可能にするプライベートインフラストラクチャと、簡単に拡張で きるパブリッククラウドという2つの環境の両方からメリットを得るための代替策 として浮かび上がりました。

ハイブリッドクラウドアーキテクチャの採用を検討している組織や企業は、プライベートクラウドベンダーの選択肢や、アプリケーションの設計と開発に対する影響、ワークロードの調整、長期メンテナンスについて慎重に考える必要があります。このガイドは、十分な情報を得た上で意思決定を行おうとしているチームリーダーの方々のためのガイダンスと利用事例を紹介しています。

プレイブックを読む: ハイブリッドクラウドのインフラストラク チャを最新化するためのプレイブック

ハイブリッドクラウドの導入

かつては、企業は個々のサービスごとに専用のサーバーを保守し、アプリケーションとともにインフラストラクチャを運用していました。このようなモノリシックなアプリケーションの開発は当初は比較的容易でした。しかし、最終的には長期的なリソース活用の非効率性や無駄な運用コストが発生しました。担当部門には現在のような仮想化やオーケストレーションのテクノロジーはありませんでした。このため、基盤となるオペレーティングシステムとアプリケーションの依存関係を保守するには何時間もかかっていました。アプリの一部で需要が高まると全体を拡張する必要がありました。場合によってはコストのかかる専用サーバーも必要になりました。 

クラウドに期待されていたのは、レガシーITインフラストラクチャと比較して総保有コスト(TCO)が低下することでした。現在では、ハードウェアに投資する必要はないでしょう。Amazon Web Services(AWS)における先駆者のようにパブリッククラウドを利用して実現できます。しかし、クラウドはさらに高度な機能として、開発の機動性を向上させるためのオンデマンドリソースを提供しています。これらのメリットを存分に得るために、企業は最新化の取り組みを始めました。企業はアプリケーションをクラウド対応型に作り直そうとしました。 

アプリケーションを開発してモノリスとして運用するのではなく、個々に展開、更新、運用できる小規模のコンポーネント(マイクロサービス)にアプリケーションを分割しました。コンピューティングの大胆で新しい世界が構築されると思われたまさにそのとき、企業は新しい課題に直面し始めました。それぞれのサービスは個別の仮想マシン(VM)やコンテナで実行する必要がありました。そのため、クラウドのワークロードとリソース消費が増えました。 

これと同時に、他の問題が起きようとしていました。企業が収集、保存、分析するデータの量が急激に増え始めたのです。さらに続いて発生したのは、アプリケーションをホストするためのリソースに対する需要の増加や、パブリッククラウドに関わる支出の増加でした。データの増大は新しい規制制度にもつながりました。突如として、パブリッククラウドは必ずしも経済的ではなくなりました。また、データ管理を維持し、コンプライアンスやデータ主権の要件を満たす最適な選択肢でもなくなりました。 

その結果、多くの企業はプライベートクラウドソリューションの検討を始めました。オンプレミスでもクラウドを構築でき、バランスが取れることに気付きました。最終的には、レンタルするよりも所有するほうが収益性は高くなります。特に、期間が長く規模が大きい場合は顕著です。適切に設計されたプライベートクラウドはアーキテクチャの自由も提供できます。リソース共有が発生しない限り、プライベートクラウドは一般的に高いパフォーマンスを発揮します。さらに、基礎インフラストラクチャを管理できるため、企業はコンプライアンス規制を満たすことが可能になります。 

プライベートクラウドの難点は設備投資コストの高さです。VMwareのような大手のプライベートクラウドプロバイダーは、プライベートクラウドの構築が実現する前にも高額なライセンスを購入する必要があります。また、プライベートクラウドは運用コストも高額になります。拡大型の調達プロセスの場合は、拡張性が不足しており、一部の用途には不十分となる可能性もあります。

これらの理由から、ハイブリッドクラウドが好ましい選択肢として急浮上しています。

プレイブックを読む: ハイブリッドクラウドのインフラストラク チャを最新化するためのプレイブック

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

2022年クラウド価格レポート

クラウドインフラストラクチャの選択におけるクラウド価格の影響 さまざまなクラウドプラットフォームのコストの見積もりや比較は、決して簡単ではありません。パブリッククラウドプロバイダーはリソース単価の形でサービスの定価を提示しますが、プライベートクラウドの分野で同じことをするのは至難の業です。リソース単価が明確でも総所有コスト(TCO)の完全な把握にはなりません。多くの企業は、あらゆる種類のクラウドリソースの需要を自社で計算できないからです。この結果、大手クラウドプロバイダーはTCO計算機能を用意し、顧客によるコストの見積もりやデータに基づいた決定をサポートしています。 本レポートは3部構成です。まず、2022年7月時点の大手パブリック/プライベートクラウドプロバイダーのクラ […]

小売業界のAI/ML:ショッピングに生じた変化とは

AI/MLは小売を含め、多くの業界の現実を塗り替えています。実店舗でもオンラインショップでも、小売企業は、競争力を高め、顧客を深く理解し、いくつかの長年の問題を解決すべく、AI(人工知能)への投資を強化しています。 他の業界と異なる点は、小売業者がデータ重視型のビジネスに急速に移行し、データストリームをスピード、効率化、事業上の意思決定に活用し始めたことです。小売業者は、さまざまな形式で収集した大量の生データを、短時間で抽出、読み込み、変形し、実用的な情報を引き出します。どんなメリットがあって急速に普及しているのでしょうか? 以下に、業界の主な変化とAI/MLの活用方法をご紹介します。 小売におけるAI/MLのメリット AI/MLには小売業界の情勢を変えるだけの力がありま […]

VMwareからオープンソースへ:何を検討すべき?

前回のブログ「VMwareに代わる選択肢:オープンソース」では、VMwareに代わるものとして、なぜオープンソースのインフラストラクチャを検討すべきかを説明しました。ウェビナーでもこのトピックを扱ったところ、視聴者から多くの質問をいただき、さらに議論を深める必要性を感じています。ここでは、VMwareからUbuntuベースのオープンソースインフラストラクチャに移行する際の最も重要な検討事項をご紹介します。 自分の環境に最適な選択肢は? VMwareベースのインフラストラクチャを運用している方は、おそらくさまざまなVMware製品をお使いでしょう。VMwareには、最も一般的なvSphereのほかにも幅広いツールがあり、ストレージ、ネットワーキング、オーケストレーション、オ […]


© 2023 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。