Canonical、Kubernetes 1.19を発表

by Canonical on 1 September 2020

Canonicalは本日、パブリッククラウドからエッジまでをカバーするKubernetes 1.19のエンタープライズ向けフルサポートを発表しました。サポート対象にはCharmed KubernetesMicroK8skubeadmが含まれます。 

Canonicalの製品マネージャーであるAlex Chalkiasは次のように述べています。「Canonicalは、ユーザーが最新の機能、ライフサイクル管理、アップストリームに合わせたエンタープライズサポートの恩恵を受けられるよう、すべてのリリースの迅速なフォローに努めています。Kubernetes 1.19では、MicroK8sおよびCharmed Kubernetesにおいても、強固なセキュリティ機能とキャリアグレード機能を提供します。また、証明書管理やIPv6、SR-IOVは、開発用や実運用にかかわらず、すべてのインフラストラクチャに追加されました。」

MicroK8sは、軽量、zero-opsでopinionatedなKubernetesであり、枠組みに沿ったK8sを求めるユーザーにとって最適です。IntelとArmのチップをサポートするMicroK8sは、エッジ環境やIoTのユースケースに適しています。MicroK8s 1.19にはIstio 1.5.1、Prometheus 2.20、K8s dashboard 2.0など新しいバージョンのアドオンも搭載されています。Multusアドオンが一般公開されたことで、複数のネットワーキングKubernetesプラグインを同時に処理できるようになり、Ambassadorアドオンで提供されるAPIゲートウェイを使用して、異種サービス間のトラフィックを扱えるようになりました。最新のstable MicroK8sトラックをフォローしているユーザーは、自動的に1.19にアップグレードされます。

K8sの宣言的かつ柔軟なライフサイクル運用を可能にするCharmed Kubernetesは、マルチクラウドやハイブリッドクラウドの実運用環境を合理化したい企業にとって最適です。通信事業者や小売業者など、重要な実運用ワークロードを実行する企業は、Charmed Kubernetes 1.19に新しく追加された機能を有効に活用できます。最新バージョンは、高速ネットワーキング環境に対応するSR-IOV、IPv6をサポートするほか、CIS(Centre for Internet Security)ベンチマーク準拠によってセキュリティが強化されています。 

新機能

アップストリームのKubernetes 1.19のすべての機能は、MicroK8sおよびCharmed Kubernetesで利用可能であり、Canonicalのディストリビューションに含まれる次の新機能も利用できます。 

MicroK8s

  • 一般に利用可能な新しいアドオン
    • Multus
    • Ambassador
    • ホストのサービスに到達する「ホストアクセス」
  • UDPおよびTCPのIngressサポートと、構成可能なSSL証明書
  • ユーザーがCAを提供可能
  • MetalLBで範囲とCIDR表記をサポート
  • レジストリの改良
    • 調査のサポート
    • サイズを構成可能
  • アドオンのバージョン更新
    • Istio v1.5.1
    • Dashboard v2.0.0
    • Linkerd v2.8.0
    • MetalLB v0.9.3
    • Fluentd v3.0.2
    • Prometheus v2.20.0

Charmed Kubernetes

  • IPv6
  • SR-IOV
  • CISベンチマークに準拠
  • Ubuntu 20.04 LTSのサポート
ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

ハイブリッドクラウドのインフラストラクチャを最新化するためのプレイブック

CTO(最高技術責任者)向けの利用事例と戦略的ガイダンス パブリッククラウドは前例のないスピードでデジタルトランスフォーメーション を実現しました。しかし、拡張性に対するニーズが増えると、その長期的な運用 コストは厳しいものになります。ハイブリッドクラウドは、運用面の支出の抑制 や厳密な管理を可能にするプライベートインフラストラクチャと、簡単に拡張で きるパブリッククラウドという2つの環境の両方からメリットを得るための代替策 として浮かび上がりました。 ハイブリッドクラウドアーキテクチャの採用を検討している組織や企業は、プライベートクラウドベンダーの選択肢や、アプリケーションの設計と開発に対する影響、ワークロードの調整、長期メンテナンスについて慎重に考える必要があります。 […]

2022年クラウド価格レポート

クラウドインフラストラクチャの選択におけるクラウド価格の影響 さまざまなクラウドプラットフォームのコストの見積もりや比較は、決して簡単ではありません。パブリッククラウドプロバイダーはリソース単価の形でサービスの定価を提示しますが、プライベートクラウドの分野で同じことをするのは至難の業です。リソース単価が明確でも総所有コスト(TCO)の完全な把握にはなりません。多くの企業は、あらゆる種類のクラウドリソースの需要を自社で計算できないからです。この結果、大手クラウドプロバイダーはTCO計算機能を用意し、顧客によるコストの見積もりやデータに基づいた決定をサポートしています。 本レポートは3部構成です。まず、2022年7月時点の大手パブリック/プライベートクラウドプロバイダーのクラ […]

Open Source MANO TWELVEによるテレコムネットワークの回復と自動拡張

2番目の長期サポート付きOpen Source MANO(OSM)リリースが到着しました。Open Source MANO Release TWELVEは、2年間のサポートとセキュリティパッチを含みます。また、MANO(Management and Network Orchestration)エコシステムに属するVNFベンダーにもシステムインテグレーターにも有利な特長を備えています。ETSI OSM(Open Source MANO)には、複数のクラウドプラットフォームと仮想インフラストラクチャマネージャー(VIM)を統合できます。サービスプロバイダーやオペレーターはOSMプラットフォームを利用し、仮想マシン(VM)またはコンテナ化されたフレームワーク(Kubernete […]


© 2023 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。