MAAS – 中小企業向けの高速で効果的な仮想化

by Canonical on 16 April 2019

MAAS vritualisation

仮想化技術の登場により、私たちのITインフラの利用方法は大きく変化しました。理論的には、単一サーバーリソースを共有して複数の分散したオペレーティングシステムを稼働することで、柔軟性がもたらされ、オペレーションが容易になるはずです。しかし実際には、技術面での深い知識と広範なトレーニングを必要とする機能が多数あるため、仮想化インフラの管理はコストが高く、複雑です。特に、各所にインストールされた少数のサーバーで分散型インフラを管理する必要がある場合は、このような課題がより顕著になります。

ユースケースは多様であり、エンタープライズアプリケーション、コンテンツ配信から、POS(店舗販売時点情報管理)システム、共有ファイルシステムにまで及びます。企業は複雑な仮想化ソリューションによるオーバーヘッドと複雑さがユースケースで正当化できるのか、またすべてのオプション機能、プリスクリプティブアーキテクチャ、独自規格の機能、および機能別ライセンシングが本当に必要なのかを判断しなければなりません。

MAASは、KVM Podを使用することでこの問題を解消します。このソリューションにより、管理者は物理ホストを専用のハイパーバイザとして使い、複数のKVMベースの仮想マシンを迅速に作成できます。ワークロードの要件に基づき、インフラオペレータはCPU、RAM、ストレージなどのリソースを簡単に割り当てることができます。KVM PodはMAASが検出および設定するネットワーク環境を共有する専用のベアメタルサーバーと並行しての配置が可能であり、この機能はMAASによる物理インフラ管理の仕組みを拡張、補強するものです。

2つの仮想マシンをホストするKVM Pod

仮想マシンがオンデマンドで簡単に自動作成されるため、バックオフィスアプリケーションに必要なインフラを持つ企業は、実際のサーバーと同じ運用プロセスを活用できます。KVM Podは、ハイパーバイザ構成の複雑さを抽象化し、企業が必要とするときに最適な方法でリソースを提供する技術の好事例です。

KVM Podの詳細および中小企業ニーズに合った使用方法については、MAASの最新のリリース(maas.io)および KVM Podのチュートリアルをご参照ください。

詳細のお問い合わせ先

関連記事

CanonicalのUbuntu Coreとsnapsが、 Bosch Rexrothのアプリベース・プラットフォーム「ctrlX AUTOMATION」で採用

Canonical は本日、Bosch Rexrothが同社のアプリベースのプラットフォームであるctrlX AUTOMATIONにUbuntu Coreを採用したことを発表しました。ctrlX AUTOMATIONは、組み込みデバイス向けに設計されたUbuntu Coreと、ユニバーサルなLinuxアプリケーションコンテナであるsnapsを活用しています。これによりオープンソースプラットフォームを提供し、機械の制御、IT(情報技術)、OT(運用技術)の間の障壁を取り除くことができます。Ubuntu Coreとsnapsを用いてctrlX AUTOMATION上に構築される工業生産向けソリューションは、オープンなエコシステム、製造までの時間の短縮、デバイスのライフサイクル […]

OpenStackとVMwareの比較:コスト削減の実現

VMwareからOpenStackに移行すると、クラウドインフラの初期ロールアウトおよび継続的なメンテナンスに関連するTCOを大幅に削減することができます。OpenStackとVMwareの経済分析を見ると、特定の状況下では、コストを1桁分削減できるということが分かります。これには、経済的な維持が可能なOpenStackディストリビューションを選択する必要があります。これに該当するディストリビューションの一例がCanonicalの Charmed OpenStack です。私たちは、先頃ウェビナーとホワイトペーパーを公開し、そこでVMwareからOpenStackへの移行によるコスト削減に関する分析結果を取り上げました。これらの資料を参照していただくこともできますが、この […]


© 2020 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。