Open RoboticsとCanonicalがROSの強化と長期セキュリティで提携

by Canonical on 7 April 2021

Canonical ROSのESM契約企業を対象に、UbuntuとROSの大手企業がROS/Ubuntu環境を長期サポート。ROS ESMの詳細はこちら 

2021年4月6日CanonicalOpen Roboticsは本日、CanonicalのUbuntu向けサービスパッケージであるUbuntu Advantageの一環として、Robot Operating System(ROS)のExtended Security Maintenance(ESM)および企業サポートを提供するパートナーシップを発表しました。ROSサポートはUbuntu Advantageのオプションとして提供されるため、すでに重要なセキュリティ更新やCVE(Common Vulnerabilities and Exposures)修正をご利用のお客様には、同じ窓口からスピーディーに高いクオリティのROS修正ファイルを取得していただけます。 

両社は、ROSロボットやサービスの構築、パッケージ化、そして管理を容易にし、導入の信頼性を高めることでロボティクス業界をサポートします。

 Open Roboticsの最高経営責任者(CEO)であるBrian Gerkeyは次のように述べています。「ROSが多くの市販製品やサービスに導入されている現在、ソフトウェアの提供終了後もロボットを安全に動作させる方法が必要であることは明らかです。ESMの提供に実績を持つCanonicalと、ROSのコードベースを詳細に理解した当社のパートナーシップは理想的と言えます。Ubuntu Linuxは、10年以上前に当社がUbuntu HardyでROS Box Turtleを発表した当初からROSプロジェクトの中心的存在です。このサービスで両社からユーザーに質の高いサポートを提供できることをうれしく思います。」

Canonicalの最高経営責任者(CEO)であるMark Shuttleworthは次のように述べています。「Ubuntuは当初からROSの主要プラットフォームでした。現在、オープンロボットは物理的世界でできることの範囲を急速に拡大しています。Open Roboticsが当社の関与を促進し、未来のロボットのセキュリティを確保するとともに、その開発と運用の作業を容易にすることをうれしく思います。」

ROS ESMは、Ubuntuを使用したロボットおよびロボットアプリケーションに携わるROS開発者に、長期サポート付きの強固なROSシステムを提供するCanonicalのサービスです。 ROS ESMは、バックポートを通じてROS環境向けの重要なセキュリティ更新、CVE(Common Vulnerabilities and Exposures)修正、重要なバグ修正に対応します。開発者は、CanonicalのESMリポジトリを通じて、使用中のROSおよびUbuntu基本OSディストリビューションに応じた信頼性の高い安定したバイナリファイルを取得できます。  ROS ESMは、提供終了のディストリビューションにも長期サポートバージョンのROSにも対応します。 

ROSは、研究者や開発者がコードを開発し、複数のロボティクスアプリケーション間で再利用するためのオープンソースのフレームワークです。ソフトウェアの分野にとどまらず、優秀で誰にでも使いやすいロボット作りを目指すエンジニア、開発者、研究者の国際的なオープンソースコミュニティでもあります。ROSはロボティクス業界の大手企業にも採用されています。 

Canonicalについて

Canonicalは、コンテナ、クラウド、ハイパースケールコンピューティング分野の主要OS「Ubuntu」を提供する企業です。ROSプロジェクトをパッケージ化するsnap重要な任務を担うロボットのセキュリティを強化するUbuntu Coreなどのオープンソースツールを通じて、ロボットソフトウェアの管理とアップグレードをサポートしています。これはロボット業界が共通して直面する重要な問題です。詳細はこちらをご覧ください

Open Roboticsについて 

世界と協力するOpen Roboticsは、ROSとGazeboという2つのオープンプラットフォームを提供しています。ROS(Robot Operating System)はロボット用途のソフトウェア開発キットです。Gazeboはロボットを正確かつ効率的にシミュレートする目的で幅広く利用されているツールです。Open Roboticsは世界のロボティクス関係者の中心的存在として、ロボティクス向けのオープンソフトウェア/ハードウェアプラットフォームを開発し、それらを重要な問題の解決や他社における問題解決のサポートに活用しています。詳細はこちらをご覧ください

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

2022年クラウド価格レポート

クラウドインフラストラクチャの選択におけるクラウド価格の影響 さまざまなクラウドプラットフォームのコストの見積もりや比較は、決して簡単ではありません。パブリッククラウドプロバイダーはリソース単価の形でサービスの定価を提示しますが、プライベートクラウドの分野で同じことをするのは至難の業です。リソース単価が明確でも総所有コスト(TCO)の完全な把握にはなりません。多くの企業は、あらゆる種類のクラウドリソースの需要を自社で計算できないからです。この結果、大手クラウドプロバイダーはTCO計算機能を用意し、顧客によるコストの見積もりやデータに基づいた決定をサポートしています。 本レポートは3部構成です。まず、2022年7月時点の大手パブリック/プライベートクラウドプロバイダーのクラ […]

Open Source MANO TWELVEによるテレコムネットワークの回復と自動拡張

2番目の長期サポート付きOpen Source MANO(OSM)リリースが到着しました。Open Source MANO Release TWELVEは、2年間のサポートとセキュリティパッチを含みます。また、MANO(Management and Network Orchestration)エコシステムに属するVNFベンダーにもシステムインテグレーターにも有利な特長を備えています。ETSI OSM(Open Source MANO)には、複数のクラウドプラットフォームと仮想インフラストラクチャマネージャー(VIM)を統合できます。サービスプロバイダーやオペレーターはOSMプラットフォームを利用し、仮想マシン(VM)またはコンテナ化されたフレームワーク(Kubernete […]

低レイテンシでデータ漏洩のない Apache Kafka サービスのデザイン

Apache Kafkaを使用し、低レイテンシでデータ漏洩のない大規模な実運用向けのサービス環境を設計するのは簡単ではありません。まさに究極のメッセージングシステムと言えます。このブログ記事では、適切なサービスアーキテクチャを構築できるよう、サービス設計における基本的な検討事項を紹介します。 基本から始めましょう。 Apache Kafkaソリューションの基礎サービス 基礎サービスとは、NTP(Network Time Protocol)サービス、DNS(Domain Name Services)、ネットワークルーティング、ファイアウォール、ゾーニングなどを指します。これを準備しない限り、アプリケーションのデプロイを検討することすらできません。皆さんはこう言うでしょう。「 […]


© 2023 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。