OpenStackのアップグレードをマスター

by Canonical on 25 February 2019

先週、ベルリンで何千人もの来場者を集めた「OpenStack Summit」は、まもなく「Open Infrastructure Summit」と名称を変更するため、旧名称での最後の開催となりました。

OpenStackコミュニティの創設メンバーであるCanonicalはもちろん出席し、出席者と語り合うとともに、講演の主催、デモの実施、基調講演などで大忙しでした。

サミットでは、Canonicalの最高経営責任者(CEO)であるMark Shuttleworthが、Ubuntu 18.04の10年サポート、CIOの注意を引こうとAWS、Microsoft、Googleが競争する世界で価格性能比が重要である理由、完全に移植可能なAIによってクラウドからエッジに向かうUbuntu AIの物語など、多数のトピックについて語りました。

OpenStackのアップグレードは、AIほど騒がれず、魅力的でもありませんが、基本的に重要なトピックです。

CanonicalにとってOpenStackのアップグレードとは、すべてのOpenStackリリースをアップグレードでサポートすることを意味します。つまり、SteinとTrainがリリースされればテストプロセスの一環として展開し、14.04でIcehouseがリリースされれば、IcehouseでKubernetesのワークロードを展開します。次に、これをクラウドで実行しつつ、しかもワークロードを失うことなく、バージョンをMitakaまでアップグレードします。さらにクラウドの実行を続けながら、バックグラウンドで16.04までアップグレードし、Queensにアップグレード。さらに18.04、Rocky、Steinなどへと標準でアップグレードします。

このOpenStackアップグレードのプロセス全体において、ネットワークを1秒たりともダウンさせることはできません。

ビジネスの点から言えば、OpenStackは日々成果を上げているのであり、OpenStackがあってこそビジネスが存続できることになります。Shuttleworthは次のように述べています。「つまり、重要なのは2日目ではなく、1,500日目です。OpenStackとともに生き、拡張、アップグレード、成長を続け、使いこなすことでビジネスから本当の価値を得ることです。」

Canonicalは単にOpenStackをアップグレードするだけでありません。詳しくは、担当チームまでお問い合わせください。

お問い合わせ

関連記事

Canonical、Kubernetes 1.19を発表

Canonicalは本日、パブリッククラウドからエッジまでをカバーするKubernetes 1.19のエンタープライズ向けフルサポートを発表しました。サポート対象にはCharmed Kubernetes、MicroK8s、kubeadmが含まれます。  Canonicalの製品マネージャーであるAlex Chalkiasは次のように述べています。「Canonicalは、ユーザーが最新の機能、ライフサイクル管理、アップストリームに合わせたエンタープライズサポートの恩恵を受けられるよう、すべてのリリースの迅速なフォローに努めています。Kubernetes 1.19では、MicroK8sおよびCharmed Kubernetesにおいても、強固なセキュリティ機能とキャリアグレー […]

実験的な機能:段階的リリース

「実戦で変更されない計画はない。」これはプロイセンの陸軍元帥ヘルムート・フォン・モルトケが残したとされる有名な言葉です。この言葉はソフトウェア開発にも当てはまります。「実用で変更されないコードはない」 ミッションクリティカルな環境で運用中のアプリケーションやサービスの安定性を最大限に確保するには、段階的にソフトウェアを展開し、更新を制御することが必須です。これにより開発者はツールの新しいバージョンの普及状況を監視および観察できるのに加え、運用チームはコンプライアンスとセキュリティの目標を満たすことができます。最近まで、Snapの自動更新のタイミングは主にクライアント側の更新スケジュールにより決定されてきました。このたび、Snap開発者が新しいリビジョンの展開を微調整するた […]

Ubuntu CoreでRaspberry Pi高品質カメラを使用するには

Raspberry Piの新しい高品質(HQ)カメラが発売されました。このカメラは評判どおり優れた性能です。レンズは交換可能で、12MPのセンサーを搭載。これは従来の8MPのV2カメラからの大幅な改良で、三脚マウント用のネジ穴もあります。このブログでは、Ubuntu Coreでビデオをストリーミングする手順と、Cマウントのあるレンズとないレンズでカメラのフォーカスを正しく合わせる方法を説明します。 必要なもの このガイドの内容を実行するには、次のアイテムが必要です。 microSDカード(最低4GB、推奨8GB) microSDカードドライブ搭載のコンピュータ Raspberry Pi 2、3、4のいずれか micro-USB電源ケーブル(Pi 4の場合はUSB-C) W […]


© 2020 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。