ロボットのオペレーティングシステムを選ぶ際に考慮すべきポイント

by Alex Cattle on 12 November 2019

技術的な進歩、市場需要の増大、あるいは単に「カッコいいから」と理由は何であれ、ヘルスケアから、産業、小売まで、多くの業界にロボットが採用されています。

「IDCによると、ハードウェア、ソフトウェア、関連サービスなど、ロボットに対する投資は、2021年までに世界で2,307億米ドルに達すると見込まれています。」

幅広いIoT業界と同様、このトレンドの影響から、スタートアップ企業であれ実績ある大企業であれ、生産されるロボットの数は必然的に増加しています。

ロボットメーカーは、OSが開発の速度と効率性に与える影響、および本稼働でどれだけの性能を発揮するかを検討したうえで、長期的に安定したサポートができる製品を提供しなければなりません。このような検討事項は、変化と競争の激しい市場ではさらに重要となります。

このホワイトペーパーでは、下記のポイントについて詳細をお読みいただけます。

貴社のエンジニアのスキルを最大化し活用することで、開発プロセスを促進
その他のインフラやハードウェアをスムーズに統合し、互換性を向上、摩擦を軽減
安定して収益性の高いロボットの寿命を長期間確保