組み込みアプリケーション用Linuxのガイド

by jiashiuan on 10 June 2022

原典:https://ubuntu.com/blog/linux-for-embedded-applications

組み込みデバイスとは、ハードウェアとソフトウェアで構成され、コンピュータシステム全体の中で専門の機能を実行するシステムです。一般にはリソースに制約があり、処理エンジンを含みます。組み込みLinuxシステムのソフトウェアはLinuxカーネル上で実行されます。Linuxカーネルとはシステム内の処理すべてを完全に制御するOSの中核部分です。

つまり組み込みLinuxシステムとは、簡単に言えばLinuxカーネル上で実行される組み込みシステムです。ここでは、組み込みアプリケーション用のLinuxの何が特別かを解説します。

組み込みアプリケーション用のカーネル

LinuxカーネルはUnixに類似したOSカーネルファミリーのメンバーです。Unixの最初のバージョンは、AT&T Bell Labsで1969年に開発されました。Unixは最初のポータブルOSでしたが、同社が所有権を保有していたため、Linuxに加えてFreeBSD、NetBSD、OpenBSDなどの多くの無償でオープンソースの代替品が開発されました。

Linuxカーネルは、システム起動時にRAMに読み込まれ、セッションの間は常時メモリに保持されます。

Linus氏は組み込みアプリケーション用のLinuxのバージョンを公開したことはありませんが、開発者は多くの場合、カスタムハードウェアをサポートする構成比を必要とします。これは、デバイス内のカーネルのビルド構成が、サーバーやワークステーションのものとは一般に異なるためです。

組み込みアプリケーション用のLinux

Linuxは、組み込みアプリケーションの開発者に最も人気の高いOSです。その理由は、オープンソースであること、スケーラビリティ、開発者向けのサポート、ツールなどいくつかのあり、Linuxが組み込みシステムに適していることは多くの議論で確立されています。

Linuxのカーネルは、開発者によっていくつものCPUアーキテクチャに移植されているため、多くのハードウェアプラットフォームで実行できます。Linuxを使用すると、産業用設定の特別なプログラミング言語や、マイクロコントローラのネイティブのプログラミングに制限されることなく、広範な言語がサポートされます。

Linuxには豊富なネットワーキングプロトコルのスタックが実装されており、拡張性に優れ、オープンソースで、コミュニティにより包括的なサポートを受けており、ロイヤリティなしで使用できます。組み込み用Linuxが急速に成長している理由は、ほぼ際限なく挙げることができます。

Ubuntu Coreは組み込みアプリケーション用のLinux 2.0

Ubuntu Coreは、IoTおよび組み込み環境向けのUbuntuで、全世界の開発者がUbuntuから期待するような復元性とセキュリティを実現しています。フットプリントが最小限で、モジュール構造の、アーキテクチャが簡単なOSで、Linuxの汎用的なパッケージング形式であるSnap上に構築されています。

アプリケーションを自動的に封じ込め、すべてのSnapに厳格なAppArmorとSeccompのルールを統合する点で、セキュリティはUbuntu Coreの重要な特徴です。Canonicalは、Ubuntuを背後で支える企業として、システム全体を最初のブート部分から再設計し、最もセキュアな組み込みLinuxを作り上げました。これにより開発者は、フルディスクの暗号化から読み取り専用のルートファイルシステムまで複雑なセキュリティ機能を自分自身で実装することなく、高い費用対効果で組み込みデバイスを出荷できます。

Ubuntu Coreデバイスの更新は、実運用環境で十分なテストが行われたCanonicalのソフトウェア配布機構により提供されます。

膨大な数のデバイスのソフトウェアと更新を管理するのは簡単ではありません。ハードウェアの一部で別のアプリケーションを実行する必要がある場合は特にそうです。複数のマシンでソフトウェアの更新と取り扱いを自動的に行うのは、Linux用のIoTアプリストアの主要な機能の1つです。このカスタムのエンタープライズストアでは、グローバルなSnapストアで公開されているソフトウェアや、特定の用途向けに社内で開発されたカスタムソフトウェアなどを含めて、デバイスで使用するアプリケーションを最適な組み合わせで使用できます。

結論として、セキュアなOS、Snapパッケージ、ストアの組み合わせにより、開発者はセキュアでオープンソースな組み込みソフトウェアの開発と展開用のプラットフォームを使用できるようになります。

組み込みLinuxプロジェクトにYoctoとUbuntu Coreのどちらを使用すべきか

次の組み込みプロジェクト用にUbuntu Linuxを評価中ですか?

お問い合わせ

参考資料

基本事項を見直したい方は、組み込みLinuxとはをご覧ください。

なぜLinuxは組み込みシステムのOSとして人気が高いのでしょう?組み込みアプリケーション用Linuxの公式ガイドは、ホワイトペーパーまたはウェビナーフォームでご覧ください。

Ubuntu Core、Snap、Snapcraftは、オープンソースのセキュアな組み込みLinux開発と展開のプラットフォームとなります。

YoctoとUbuntu Coreの詳細な比較に関心のある方は、組み込みLinuxプロジェクトにYoctoとUbuntu Coreのどちらを使用すべきかのウェビナーをご覧ください。

質問、ご意見、共有したいニュースのある方は、IoT Discourseにご参加ください。IoT(モノのインターネット)や緊密に接続した組み込みデバイスに関して何でも話し合っていただけます。

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

Canonical Jobs – Linuxエンジニア

Linuxフィールドエンジニア IoT分野における当社の主力製品、Ubuntu Coreはユニークな存在です。最高の信頼性、セキュリティ、フットプリントを実現するため、Linuxを再発明したものと言えます。当社の顧客は、自動車、市販電子機器、医療機器、産業システム、ロボティクス、ゲートウェイなど、さまざまな業界にわたりますが、厳しい品質とセキュリティの要件を満たすよう迫られているという点では共通しています。 日本市場での急速な展開に対応するため、当社はデバイス部門のフィールドエンジニアチームの拡大を検討しています。この重要なポジションは、新しいテクノロジーを迅速に習得し、多くの業界の最先端でお客様のソリューション構築を支援することが求められるため、能力ある候補者はキャリア […]

自動車におけるAIの最大のユースケース(自動運転だけではない)

車載AIの主な4つのユースケースの調査 急速な技術革新の時代において、自動車業界に根本的な転換を引き起こしているのが人工知能(AI)です。AIは、スマートな車両の設計や、車内での操作のカスタマイズなど、輸送のあらゆる側面を再定義し、運転者と乗員の両方にとって安全でより効果的、そして環境に優しい移動手段を作り上げます。 このブログ記事では、自動車業界において最も有望なAIの4つのユースケースについて解説します。 インテリジェント車両のライフサイクル管理 革新的な車両の設計、材料の使用、製造プロセス AI駆動の生成型設計アルゴリズムによって、車両のコンセプト構築とエンジニアリングを変革し、創造性と効率性の境界を押し広げることができます。これらのアルゴリズムにより、膨大な量のデ […]

Canonical社が提供する「Ubuntu Pro for Devices」に基づく新事業を展開 ~パートナーと連携した新しい事業を立ち上げ~

株式会社アイ・オー・データ機器(本社:石川県金沢市、代表取締役会長:細野 昭雄、以下、アイ・オー・データ)は、Canonical Group, Ltd.(本社:英国ロンドン、CEO:Mark Shuttleworth、以下:Canonical社)とLinux OS 「Ubuntu」のライセンス契約を合意し、Canonical社が提供する「Ubuntu Pro for Devices」プログラムに基づき、Ubuntuを活用した新事業や新商品を展開することを発表いたします。 ビジネス概要 アイ・オー・データはLinux OS 「Ubuntu」搭載デバイスをより広く、手軽に使っていただくため、Canonicalの「Ubuntu Pro for Devices」プログラムに基づい […]