組み込みアプリケーション用Linuxのガイド

by jiashiuan on 10 June 2022

原典:https://ubuntu.com/blog/linux-for-embedded-applications

組み込みデバイスとは、ハードウェアとソフトウェアで構成され、コンピュータシステム全体の中で専門の機能を実行するシステムです。一般にはリソースに制約があり、処理エンジンを含みます。組み込みLinuxシステムのソフトウェアはLinuxカーネル上で実行されます。Linuxカーネルとはシステム内の処理すべてを完全に制御するOSの中核部分です。

つまり組み込みLinuxシステムとは、簡単に言えばLinuxカーネル上で実行される組み込みシステムです。ここでは、組み込みアプリケーション用のLinuxの何が特別かを解説します。

組み込みアプリケーション用のカーネル

LinuxカーネルはUnixに類似したOSカーネルファミリーのメンバーです。Unixの最初のバージョンは、AT&T Bell Labsで1969年に開発されました。Unixは最初のポータブルOSでしたが、同社が所有権を保有していたため、Linuxに加えてFreeBSD、NetBSD、OpenBSDなどの多くの無償でオープンソースの代替品が開発されました。

Linuxカーネルは、システム起動時にRAMに読み込まれ、セッションの間は常時メモリに保持されます。

Linus氏は組み込みアプリケーション用のLinuxのバージョンを公開したことはありませんが、開発者は多くの場合、カスタムハードウェアをサポートする構成比を必要とします。これは、デバイス内のカーネルのビルド構成が、サーバーやワークステーションのものとは一般に異なるためです。

組み込みアプリケーション用のLinux

Linuxは、組み込みアプリケーションの開発者に最も人気の高いOSです。その理由は、オープンソースであること、スケーラビリティ、開発者向けのサポート、ツールなどいくつかのあり、Linuxが組み込みシステムに適していることは多くの議論で確立されています。

Linuxのカーネルは、開発者によっていくつものCPUアーキテクチャに移植されているため、多くのハードウェアプラットフォームで実行できます。Linuxを使用すると、産業用設定の特別なプログラミング言語や、マイクロコントローラのネイティブのプログラミングに制限されることなく、広範な言語がサポートされます。

Linuxには豊富なネットワーキングプロトコルのスタックが実装されており、拡張性に優れ、オープンソースで、コミュニティにより包括的なサポートを受けており、ロイヤリティなしで使用できます。組み込み用Linuxが急速に成長している理由は、ほぼ際限なく挙げることができます。

Ubuntu Coreは組み込みアプリケーション用のLinux 2.0

Ubuntu Coreは、IoTおよび組み込み環境向けのUbuntuで、全世界の開発者がUbuntuから期待するような復元性とセキュリティを実現しています。フットプリントが最小限で、モジュール構造の、アーキテクチャが簡単なOSで、Linuxの汎用的なパッケージング形式であるSnap上に構築されています。

アプリケーションを自動的に封じ込め、すべてのSnapに厳格なAppArmorとSeccompのルールを統合する点で、セキュリティはUbuntu Coreの重要な特徴です。Canonicalは、Ubuntuを背後で支える企業として、システム全体を最初のブート部分から再設計し、最もセキュアな組み込みLinuxを作り上げました。これにより開発者は、フルディスクの暗号化から読み取り専用のルートファイルシステムまで複雑なセキュリティ機能を自分自身で実装することなく、高い費用対効果で組み込みデバイスを出荷できます。

Ubuntu Coreデバイスの更新は、実運用環境で十分なテストが行われたCanonicalのソフトウェア配布機構により提供されます。

膨大な数のデバイスのソフトウェアと更新を管理するのは簡単ではありません。ハードウェアの一部で別のアプリケーションを実行する必要がある場合は特にそうです。複数のマシンでソフトウェアの更新と取り扱いを自動的に行うのは、Linux用のIoTアプリストアの主要な機能の1つです。このカスタムのエンタープライズストアでは、グローバルなSnapストアで公開されているソフトウェアや、特定の用途向けに社内で開発されたカスタムソフトウェアなどを含めて、デバイスで使用するアプリケーションを最適な組み合わせで使用できます。

結論として、セキュアなOS、Snapパッケージ、ストアの組み合わせにより、開発者はセキュアでオープンソースな組み込みソフトウェアの開発と展開用のプラットフォームを使用できるようになります。

組み込みLinuxプロジェクトにYoctoとUbuntu Coreのどちらを使用すべきか

次の組み込みプロジェクト用にUbuntu Linuxを評価中ですか?

お問い合わせ

参考資料

基本事項を見直したい方は、組み込みLinuxとはをご覧ください。

なぜLinuxは組み込みシステムのOSとして人気が高いのでしょう?組み込みアプリケーション用Linuxの公式ガイドは、ホワイトペーパーまたはウェビナーフォームでご覧ください。

Ubuntu Core、Snap、Snapcraftは、オープンソースのセキュアな組み込みLinux開発と展開のプラットフォームとなります。

YoctoとUbuntu Coreの詳細な比較に関心のある方は、組み込みLinuxプロジェクトにYoctoとUbuntu Coreのどちらを使用すべきかのウェビナーをご覧ください。

質問、ご意見、共有したいニュースのある方は、IoT Discourseにご参加ください。IoT(モノのインターネット)や緊密に接続した組み込みデバイスに関して何でも話し合っていただけます。

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

Canonical Ubuntu Core 22の提供を開始 – IoTと組み込みデバイスに最適化

極めてセキュリティの高い組み込みUbuntuが、ロボットや産業用デバイスでリアルタイムコンピューティングをサポート Canonicalは本日、Ubuntu 22.04 LTSを完全にコンテナ化し、IoTやエッジデバイスに最適化したバリアントとしてUbuntu Core 22の一般提供を開始したと発表しました(ダウンロード:ubuntu.com/download/iot)。このリリースは、Canonicalの各種テクノロジーとの組み合わせにより、Ubuntuの包括的かつ業界最先端のオペレーティングシステム(OS)およびサービスをあらゆる種類の組み込み/IoTデバイスに提供します。 IoTメーカーは、スケジュールと予算どおりにデバイスをデプロイするという難題に直面しています。 […]

Kria KR260 – Ubuntuを使用した拡張可能なロボティクスプラットフォーム

原典:https://ubuntu.com/blog/kria-kr260-a-scalable-robotics-platform-powered-with-ubuntu このたびのAMD Kria™ KR260ロボティクススターターキットの発表により、ロボット開発者の未来が大きく開けました。ロボット開発は決して簡単ではありません。AMDは、組み込み設計の参入障壁を引き下げることにより、すべての業界へのロボット普及を目指しています。適応型SOM(システムオンモジュール)から成るKriaポートフォリオの最新製品は、この取り組みを実証しています。 魅力的な価格で速やかにロボットを導入 Kria KR260の最大の利点は、既存のKria K260適応型SOMを利用して現場にシ […]

AdvantechとCanonical、エッジコンピューティングアプリケーション向けUbuntuプリロード済み組み込みソリューションで提携

2022年3月2日 – 組み込みIoTソリューションの大手プロバイダであるAdvantechは、Ubuntuをプリロードして認定済みの組み込みボードおよびシステムを多様なエッジコンピューティングアプリケーションに提供するため、Canonicalと提携しました。UbuntuのパブリッシャーであるCanonicalは、Advantechの製品を認定することで、AIロボティクス、工業用製造、ミッションクリティカルなアプリケーションの各分野のユーザーに対して、Linuxのセキュリティと更新が最長10年まで行えることを保証します。 すぐに展開できるUbuntu認定済みAIoTデバイスで製品化期間を短縮 AdvantechとCanonicalは協力し、Ubuntu認定済みで、購入して […]


© 2022 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。