AdvantechとCanonical、エッジコンピューティングアプリケーション向けUbuntuプリロード済み組み込みソリューションで提携

by Canonical on 28 April 2022

2022年3月2日 – 組み込みIoTソリューションの大手プロバイダであるAdvantechは、Ubuntuをプリロードして認定済みの組み込みボードおよびシステムを多様なエッジコンピューティングアプリケーションに提供するため、Canonicalと提携しました。UbuntuのパブリッシャーであるCanonicalは、Advantechの製品を認定することで、AIロボティクス、工業用製造、ミッションクリティカルなアプリケーションの各分野のユーザーに対して、Linuxのセキュリティと更新が最長10年まで行えることを保証します。

すぐに展開できるUbuntu認定済みAIoTデバイスで製品化期間を短縮

AdvantechとCanonicalは協力し、Ubuntu認定済みで、購入してすぐに現場で運用可能なIoTデバイスの提供を開始しました。ユーザーにハードウェアでOSを構成またはインストールする時間はかかりません。Canonicalは、システムで実行されるUbuntuに対して、産業グレードの標準を満たすテストを実行します。これらのテストにより、個別のハードウェアI/Oが正常に動作することも保証されます。テストが完了すると、Advantechは包括的なテストレポートを発行します。これにより、ハードウェアとOSの検証作業が10日から、1日にまで短縮されます。さらに、プリインストール済みのサービスにより、リードタイムがデバイスあたり30分以上も削減されます。

CanonicalAdvantechの両方が支える信頼性の高いセキュリティ更新

セキュリティ侵害を阻止し、システムの機能を維持するため、AIoT開発者はデバイスのソフトウェアを更新し、最新の状態に維持する必要があります。この目的のため、CanonicalとAdvantechはUbuntu Coreを認定しました。これはUbuntuのトランザクション式バージョンで、セキュアブート、フルディスク暗号化、セキュアなデバイス回復、およびクラウドベースのCI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)サービスによるOver-the-Airのトランザクション式ソフトウェア更新を行うIoTデバイスや組み込みシステム用に設計されており、アップグレードのリスクを低減し、オンサイトでの修理の必要性を減らすことができます。Canonicalは、Ubuntuリリースのライフサイクル全体を通して、認定ハードウェアの退行テストを継続的に行っています。これにより、最長10年にわたってセキュリティ更新をサポートし、下位互換性も保証することになります。同様にAdvantechも、Canonicalの後援により、IoTデバイスとUbuntu OSについて販売後のサービスを一手に引き受けます。

AIoTソフトウェアとUbuntuSnapcraft Storeによりデザインインの運用フローを簡素化

プログラミングに使用できるリソースは有限で、OSの開発や保守作業よりも、アプリケーションの構築に使用する方が有益です。AdvantechとCanonicalはこの点に留意し、開発者のワークフローを簡素化しました。たとえば、当社のDesignInサービスにより、お客様はハードウェアとソフトウェアのスタックを迅速に定義できます。同様に、Advantechは認定済みUbuntuイメージ、SUSI API、WISE-DeviceOnをプリロードしたIoTデバイスを提供することで、多数のデバイスの同時管理を容易にします。これらの機能、およびUbuntuのSnapcraft Storeに公開されている200を超えるIoT管理アプリにより、AIoT管理ソフトウェアは購入してすぐに快適に使用できます。

Advantech Ubuntu認定済み製品のリスト

Canonicalについて

Canonicalは「Ubuntu」を提供する企業です。Ubuntuは、ほとんどのパブリッククラウドのワークロードに使われているOSであり、スマートゲートウェイ、自動運転車、高度なロボットなどの最先端分野でも使用されています。Canonicalは、Ubuntuの商用ユーザー向けにエンタープライズセキュリティ、サポート、およびサービスを提供しています。Canonical2004年に設立された非公開企業です。

Advantechについて

Advantech1983年に設立された、信頼される革新的な製品、サービス、ソリューションの大手プロバイダです。Advantechは包括的なシステム統合、ハードウェア、ソフトウェア、お客様中心の設計サービス、組み込みシステム、自動化製品、グローバルな物流サポートを行っています。当社はパートナーと密接に協力して、さまざまな業界にわたる広範なアプリケーション用に、完全なソリューションを提供しています。当社の使命は、自動化された組み込みコンピューティング製品およびソリューションを開発し、よりスマートな労働と生活を促進して、インテリジェントな地球を実現することです。Advantechの製品により、アプリケーションのイノベーションの無限の可能性が拓けます。( コーポレートサイト:www.advantech.com

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

IoTに関する5つの課題とその解決策

IoTプロジェクトを成功に導くためのアドバイスとチェックリスト ダウンロード IoTの成長と収益には目を見張る将来性があります。コネクテッドデバイスから収集したデータを分析すれば、ビジネスプロセス、生産、アプリケーションの大幅な改革が可能です。現在、革新は急速に進み、デバイスの用途は無限に広がっています。新しい企業、既存企業を問わず、IoTデバイスの成長と足並みを揃えて進歩することは簡単ではありません。 製品開発期間の短縮、強固なセキュリティ、ハードウェアとソフトウェアに対応する汎用的な更新メカニズム、デバイス管理など、IoT企業が克服すべき課題は数多くあります。このような課題を克服すれば、業績は大きく向上することでしょう。 本書では、多くの企業がIoTに関して直面する […]

Canonical、Ubuntu 22.10 Kinetic Kuduを公開

IoT開発者や企業IT管理者をサポートする暫定リリース Ubuntu 22.10は本日よりhttps://ubuntu.com/downloadからダウンロードしてインストールできます。 コードネーム「Kinetic Kudu」の暫定リリースは、企業環境の開発者やIT管理者を想定して改善されています。IoTエコシステムを重視した最新のツールチェーンやアプリケーションも含みます。 CanonicalのCEOを務めるMark Shuttleworthは次のように述べています。「コネクテッドデバイスは革新の盛んな分野ですが、家庭やビジネスに新しいデジタルリスクももたらします。今回のリリースでは、新世代のIoTの使いやすさとセキュリティを重視し、Ubuntu 22.10を使用した […]

Canonical、最大5台で使用できるUbuntu Proの個人向け無料サブスクリプションを発表

Canonicalは、セキュリティメンテナンスとコンプライアンスに長期的に対応するサブスクリプションサービス「Ubuntu Pro」のデータセンター/ワークステーション向けパブリックベータ版の提供を開始しました。また、Canonicalのコミュニティを大切にする姿勢および誰でも簡単にオープンソースを利用できるようにするという理念に基づき、個人や小規模なビジネスには無料サブスクリプションを提供します。 CanonicalのCEOであるMark Shuttleworthは次のように述べています。「メインOSのセキュリティに5年間無料で対応するUbuntu LTSを発表したときから、企業のお客様から、民間商用合意に基づいてさらに幅広いオープンソース環境に対応することを求められて […]


© 2022 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。