AdvantechとCanonical、エッジコンピューティングアプリケーション向けUbuntuプリロード済み組み込みソリューションで提携

by Canonical on 28 April 2022

2022年3月2日 – 組み込みIoTソリューションの大手プロバイダであるAdvantechは、Ubuntuをプリロードして認定済みの組み込みボードおよびシステムを多様なエッジコンピューティングアプリケーションに提供するため、Canonicalと提携しました。UbuntuのパブリッシャーであるCanonicalは、Advantechの製品を認定することで、AIロボティクス、工業用製造、ミッションクリティカルなアプリケーションの各分野のユーザーに対して、Linuxのセキュリティと更新が最長10年まで行えることを保証します。

すぐに展開できるUbuntu認定済みAIoTデバイスで製品化期間を短縮

AdvantechとCanonicalは協力し、Ubuntu認定済みで、購入してすぐに現場で運用可能なIoTデバイスの提供を開始しました。ユーザーにハードウェアでOSを構成またはインストールする時間はかかりません。Canonicalは、システムで実行されるUbuntuに対して、産業グレードの標準を満たすテストを実行します。これらのテストにより、個別のハードウェアI/Oが正常に動作することも保証されます。テストが完了すると、Advantechは包括的なテストレポートを発行します。これにより、ハードウェアとOSの検証作業が10日から、1日にまで短縮されます。さらに、プリインストール済みのサービスにより、リードタイムがデバイスあたり30分以上も削減されます。

CanonicalAdvantechの両方が支える信頼性の高いセキュリティ更新

セキュリティ侵害を阻止し、システムの機能を維持するため、AIoT開発者はデバイスのソフトウェアを更新し、最新の状態に維持する必要があります。この目的のため、CanonicalとAdvantechはUbuntu Coreを認定しました。これはUbuntuのトランザクション式バージョンで、セキュアブート、フルディスク暗号化、セキュアなデバイス回復、およびクラウドベースのCI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)サービスによるOver-the-Airのトランザクション式ソフトウェア更新を行うIoTデバイスや組み込みシステム用に設計されており、アップグレードのリスクを低減し、オンサイトでの修理の必要性を減らすことができます。Canonicalは、Ubuntuリリースのライフサイクル全体を通して、認定ハードウェアの退行テストを継続的に行っています。これにより、最長10年にわたってセキュリティ更新をサポートし、下位互換性も保証することになります。同様にAdvantechも、Canonicalの後援により、IoTデバイスとUbuntu OSについて販売後のサービスを一手に引き受けます。

AIoTソフトウェアとUbuntuSnapcraft Storeによりデザインインの運用フローを簡素化

プログラミングに使用できるリソースは有限で、OSの開発や保守作業よりも、アプリケーションの構築に使用する方が有益です。AdvantechとCanonicalはこの点に留意し、開発者のワークフローを簡素化しました。たとえば、当社のDesignInサービスにより、お客様はハードウェアとソフトウェアのスタックを迅速に定義できます。同様に、Advantechは認定済みUbuntuイメージ、SUSI API、WISE-DeviceOnをプリロードしたIoTデバイスを提供することで、多数のデバイスの同時管理を容易にします。これらの機能、およびUbuntuのSnapcraft Storeに公開されている200を超えるIoT管理アプリにより、AIoT管理ソフトウェアは購入してすぐに快適に使用できます。

Advantech Ubuntu認定済み製品のリスト

Canonicalについて

Canonicalは「Ubuntu」を提供する企業です。Ubuntuは、ほとんどのパブリッククラウドのワークロードに使われているOSであり、スマートゲートウェイ、自動運転車、高度なロボットなどの最先端分野でも使用されています。Canonicalは、Ubuntuの商用ユーザー向けにエンタープライズセキュリティ、サポート、およびサービスを提供しています。Canonical2004年に設立された非公開企業です。

Advantechについて

Advantech1983年に設立された、信頼される革新的な製品、サービス、ソリューションの大手プロバイダです。Advantechは包括的なシステム統合、ハードウェア、ソフトウェア、お客様中心の設計サービス、組み込みシステム、自動化製品、グローバルな物流サポートを行っています。当社はパートナーと密接に協力して、さまざまな業界にわたる広範なアプリケーション用に、完全なソリューションを提供しています。当社の使命は、自動化された組み込みコンピューティング製品およびソリューションを開発し、よりスマートな労働と生活を促進して、インテリジェントな地球を実現することです。Advantechの製品により、アプリケーションのイノベーションの無限の可能性が拓けます。( コーポレートサイト:www.advantech.com

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

Canonical社が提供する「Ubuntu Pro for Devices」に基づく新事業を展開 ~パートナーと連携した新しい事業を立ち上げ~

株式会社アイ・オー・データ機器(本社:石川県金沢市、代表取締役会長:細野 昭雄、以下、アイ・オー・データ)は、Canonical Group, Ltd.(本社:英国ロンドン、CEO:Mark Shuttleworth、以下:Canonical社)とLinux OS 「Ubuntu」のライセンス契約を合意し、Canonical社が提供する「Ubuntu Pro for Devices」プログラムに基づき、Ubuntuを活用した新事業や新商品を展開することを発表いたします。 ビジネス概要 アイ・オー・データはLinux OS 「Ubuntu」搭載デバイスをより広く、手軽に使っていただくため、Canonicalの「Ubuntu Pro for Devices」プログラムに基づい […]

CanonicalがUbuntu Core 24を発表

Ubuntu Core(改変不可)が、IoTデバイスメーカー向けの新しい工場インストールシステム、AIoT対応のGPUサポート、LandscapeとMicrosoft Azure IoT Edgeによるデバイス管理統合機能を導入。 ロンドン、2024年6月4日 Canonicalは本日、12年間の長期サポート(LTS)を保証したUbuntu Core 24の一般提供を発表しました。Ubuntuの改変不可フレーバーであるUbuntu Core 24は、すべてのシステムコンポーネントとシステム自体をコンテナ群にまとめ、カーネルによる厳密な隔離、高度なマネージドコンポーネント統合、信頼性の高いOTA更新、フェイルセーフロールバックにより、インテリジェントなエッジ/IoTアプリケ […]

Canonical X SRA – 「Ubuntu Pro for Device」のご紹介 

IoT&組込デバイス向けにUbuntuを活用!「Ubuntu Pro for Device」のご紹介 近年、IoTおよび組込み分野において、オープンソースのセキュリティとコンプライアンスの需要が高まっています。さまざまなデバイス上では、OSのみならず多くのミドルウェアにオープンソースが採用されており、それらのセキュリティリスクへの対策が必要となっています。 こうした背景から、Ubuntuを組込み用途でご利用されるお客様向けに、「Ubuntu Pro for Device」の提供開始が開発元のCanonical社より発表されました。 Ubuntu Pro for Deviceでは、UbuntuだけでなくPythonやGo、ROSといったUbuntuのリポジトリに含まれるパッ […]