CanonicalがBlender LTSのサポートを開始

by Canonical on 2 August 2021

Blenderユーザーを対象とした商用サポート契約を提供

2021623日:BlenderはCanonicalと提携し、Blender LTSアプリケーションスイートに対するエンタープライズグレードサポートの提供を開始しました。

Blenderとは、アーティストやプロのメディア制作者を対象とした無償でオープンソースの3D CG制作ツールです。Canonicalは、Ubuntuを提供するだけでなく、オープンソースソフトウェアに商用サポートと長期セキュリティメンテナンスを提供しています。このたび両社は、企業レベルのユーザーに重点を置いたBlender LTSモデルの展開に合わせ、チームやスタジオへのサポート提供を開始しました。

Canonicalの最高経営責任者(CEO)であるMark Shuttleworthは、次のように述べています。「Blenderとそのすばらしいコミュニティ、設立者、幹部の業績をサポートできることを誇りに思います。本日の発表は、Canonicalのフルサービスサポートと長期セキュリティメンテナンスによってBlenderを強化し、Blender財団との提携を通じてプロのコンテンツ制作者に必要な安心感を提供するものです。」

Blender財団の会長であるTon Roosendaal氏も述べています。「Canonicalと当財団によるこのようなサービスの提供は、オープンソース運営の模範となります。製品やユーザーを大切にする独立した自由な開発者グループが市場に参入し、業界の未来を形作る方法として新しい基準を確立すると期待します。」

サポートサービスには、Linuxの各種ディストリビューションに対応するBlender LTSリリース、Microsoft Windows、macOSが含まれます。Canonicalのエンジニアはお客様と直接協力し、総合的な技術サポートによって可能な限り短時間で問題を理解、診断、解決します。CanonicalはBlenderのサポートインフラとの統合を含め、サポートプロセス全体を管理することになります。

Canonical Ubuntu Advantageをすでにお使いでBlenderのサポート契約を結んだ場合、1つの窓口で簡単かつスピーディーにBlender LTSユーザー向けのサポートが得られます。

Blenderについて

Blenderは各種の機能を統合した無償でオープンソースの3D制作ソフトウェアです。モデリング、リギング、アニメーション、シミュレーション、レンダリング、デジタル合成(コンポジット)、モーショントラッキング、動画編集、2Dアニメーション制作など、3D制作の全工程に対応します。

企業向けプラン

平日24時間サポート、年中無休24時間サポートの2種類のサポートレベルSLAからお選びください。

内容 スタンダード アドバンスト
電話およびチケットによるサポート 24時間週5日 24時間週7日
深刻度1の応答時間 4時間 1時間
深刻度2の応答時間 8営業時間 2時間
深刻度3の応答時間 12営業時間 6時間
深刻度4の応答時間 24営業時間 12時間
年間料金 500ドル 1,000ドル

詳細情報や各種オプションについて相談をご希望の方は、お問い合わせください。Canonicalによる企業向けBlenderサポートについてご説明します。

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターを購読

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

【ウェビナー】 Ubuntu Pro – 長期サポートLinuxのもう一つの選択肢

ウェビナー内容 Azure Marketplaceで10年間の脆弱性対応を提供するUbuntu Proシリーズがリリースされました。 Ubuntuが持つメリットに加えCanonicalからの商用サービスを効果的にパッケージ化した製品となります。 特に長期運用が必要なシステムでご使用いただくと費用対効果を高めていただけます。 海外でUbuntuの利用が拡大している理由を交えUbuntu Proの特徴をご説明いたします。 スピーカー 日本マイクロソフト株式会社Azure ビジネス本部 エグゼクティブプロダクトマネージャー岡本 剛和 Canonical Japan K.K.リージョナルセールスマネージャー柴田 憲吾2016年にCanonicalに入社しリージョナルセールスマネー […]

Canonical、組み込みディスプレイの基盤としてUbuntu Frameを発表

CanonicalのUbuntu Frameは、使いやすさ、信頼性、セキュリティを備えたエッジデバイス向けのフルスクリーンシェル。Canonicalが10年間のサポートも提供します。 2021年10月6日:Canonicalは、インタラクティブキオスク、デジタルサイネージソリューションなど、グラフィカル出力を必要とする製品向けのグラフィカルアプリケーションを容易に構築および展開するソリューションとして、Ubuntu Frameをリリースしました。Ubuntu Frameがあれば、開発者はDRM(デジタル著作権管理)、KMS(キー管理サービス)、入力プロトコル、セキュリティポリシーといった部分的なソリューションの統合と保守によってディスプレイを強化あるいは保護する必要があり […]

Ubuntu ProベースのMicrosoft SQL ServerインスタンスがAzureで使用可能に

2021年11月1日:Canonicalは本日、Microsoft AzureでのMicrosoft SQL ServerとUbuntu ProについてMicrosoftとのサポートを発表しました。 Canonicalは、Ubuntu Pro 20.04 LTSオペレーティングシステムをベースとした高性能でフルサポートのSQL Server向けソリューションを市場に提供するためにMicrosoftと協力してきました。Microsoft Azureの利用者はSQL Server 2017またはSQL Server 2019(Web、Standard、Enterpriseの各エディション)のフルサポートインスタンスをUbuntu Pro 18.04 LTSおよびUbuntu […]


© 2021 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。