CanonicalがBlender LTSのサポートを開始

by Canonical on 2 August 2021

Blenderユーザーを対象とした商用サポート契約を提供

2021623日:BlenderはCanonicalと提携し、Blender LTSアプリケーションスイートに対するエンタープライズグレードサポートの提供を開始しました。

Blenderとは、アーティストやプロのメディア制作者を対象とした無償でオープンソースの3D CG制作ツールです。Canonicalは、Ubuntuを提供するだけでなく、オープンソースソフトウェアに商用サポートと長期セキュリティメンテナンスを提供しています。このたび両社は、企業レベルのユーザーに重点を置いたBlender LTSモデルの展開に合わせ、チームやスタジオへのサポート提供を開始しました。

Canonicalの最高経営責任者(CEO)であるMark Shuttleworthは、次のように述べています。「Blenderとそのすばらしいコミュニティ、設立者、幹部の業績をサポートできることを誇りに思います。本日の発表は、Canonicalのフルサービスサポートと長期セキュリティメンテナンスによってBlenderを強化し、Blender財団との提携を通じてプロのコンテンツ制作者に必要な安心感を提供するものです。」

Blender財団の会長であるTon Roosendaal氏も述べています。「Canonicalと当財団によるこのようなサービスの提供は、オープンソース運営の模範となります。製品やユーザーを大切にする独立した自由な開発者グループが市場に参入し、業界の未来を形作る方法として新しい基準を確立すると期待します。」

サポートサービスには、Linuxの各種ディストリビューションに対応するBlender LTSリリース、Microsoft Windows、macOSが含まれます。Canonicalのエンジニアはお客様と直接協力し、総合的な技術サポートによって可能な限り短時間で問題を理解、診断、解決します。CanonicalはBlenderのサポートインフラとの統合を含め、サポートプロセス全体を管理することになります。

Canonical Ubuntu Advantageをすでにお使いでBlenderのサポート契約を結んだ場合、1つの窓口で簡単かつスピーディーにBlender LTSユーザー向けのサポートが得られます。

Blenderについて

Blenderは各種の機能を統合した無償でオープンソースの3D制作ソフトウェアです。モデリング、リギング、アニメーション、シミュレーション、レンダリング、デジタル合成(コンポジット)、モーショントラッキング、動画編集、2Dアニメーション制作など、3D制作の全工程に対応します。

企業向けプラン

平日24時間サポート、年中無休24時間サポートの2種類のサポートレベルSLAからお選びください。

内容 スタンダード アドバンスト
電話およびチケットによるサポート 24時間週5日 24時間週7日
深刻度1の応答時間 4時間 1時間
深刻度2の応答時間 8営業時間 2時間
深刻度3の応答時間 12営業時間 6時間
深刻度4の応答時間 24営業時間 12時間
年間料金 500ドル 1,000ドル

詳細情報や各種オプションについて相談をご希望の方は、お問い合わせください。Canonicalによる企業向けBlenderサポートについてご説明します。

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

Firmus Supercloud が Canonicalのオープンインフラで持続可能なクラウドコンピューティングの新基準を確立

Ubuntuの提供元であるCanonicalは、オーストラリアのクラウドインフラストラクチャプロバイダーで革新的なデータセンターテクノロジーを提供するFirmusが、CanonicalのCharmed OpenStackとCharmed Kubernetesを使用して超高効率かつ持続可能なパブリッククラウドを開発したと発表しました。 データセンターは全世界の温室効果ガス放出の2%を占め、さらに増え続けています。これは主に、従来のデータセンターの設計が非効率的なためです。全世界におけるデータセンターのエネルギー効率の平均値は1.59 PUE(Power Usage Effectiveness、電力使用効率)です。つまりコンピューターを駆動する電力1MWにつき冷却システムにも […]

2022年クラウド価格レポート

クラウドインフラストラクチャの選択におけるクラウド価格の影響 さまざまなクラウドプラットフォームのコストの見積もりや比較は、決して簡単ではありません。パブリッククラウドプロバイダーはリソース単価の形でサービスの定価を提示しますが、プライベートクラウドの分野で同じことをするのは至難の業です。リソース単価が明確でも総所有コスト(TCO)の完全な把握にはなりません。多くの企業は、あらゆる種類のクラウドリソースの需要を自社で計算できないからです。この結果、大手クラウドプロバイダーはTCO計算機能を用意し、顧客によるコストの見積もりやデータに基づいた決定をサポートしています。 本レポートは3部構成です。まず、2022年7月時点の大手パブリック/プライベートクラウドプロバイダーのクラ […]

Open Source MANO TWELVEによるテレコムネットワークの回復と自動拡張

2番目の長期サポート付きOpen Source MANO(OSM)リリースが到着しました。Open Source MANO Release TWELVEは、2年間のサポートとセキュリティパッチを含みます。また、MANO(Management and Network Orchestration)エコシステムに属するVNFベンダーにもシステムインテグレーターにも有利な特長を備えています。ETSI OSM(Open Source MANO)には、複数のクラウドプラットフォームと仮想インフラストラクチャマネージャー(VIM)を統合できます。サービスプロバイダーやオペレーターはOSMプラットフォームを利用し、仮想マシン(VM)またはコンテナ化されたフレームワーク(Kubernete […]


© 2023 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。