CanonicalのUbuntuがWindows Subsystem for Linux 2に対応

by Canonical on 23 May 2019

※本プレスリリースは2019年5月6日に英国ロンドンで発表したプレスリリースの日本語訳です。

Canonicalは本日、Windows Subsystem for Linux(WSL)2に完全対応したUbuntuを発表しました。

Canonicalの製品担当ディレクターであるStephan Fabelは次のように述べています。「Ubuntuのエンタープライズ対応をAzureからWindowsワークステーションおよびサーバーにまで拡張することで、Microsoft環境にもUbuntu向けのシームレスなオペレーティング環境が構築できます。Microsoftとの連携によりWSL上でUbuntuを認証できるようになりました。これにはDockerコンテナ、Kubernetes、Snapも含まれます。」

WSL 2は軽量な仮想化とLinuxカーネルにより、エンタープライズ認証およびサポートに必要なすべての機能を提供します。今回の変更により、WSL上のUbuntuと、AzureおよびAzureStack機能が連携し、Windowsワークステーションで始まりAzure上で終わるワークフローが大幅に円滑化されます。

Canonicalのクラウド担当副社長であるKiko Reisは次のように述べています。「AzureおよびWSLにおけるUbuntuの性能最適化により、MicrosoftプラットフォームでLinuxアプリケーションを開発する企業の全体効率が高まります。当社が提供するクラウドや仮想化におけるフルスタック向けのセキュリティ更新は、当然ながらこの新しいWSL環境へも拡張されます。」

WSL上のUbuntuはWindowsのファイル共有機能を組み込むことで、Windowsベースの統合開発環境およびLinuxで構築/動作するアプリケーション向けのバージョン管理システムを利用した開発者環境を簡素化します。 加えて、Active DirectoryなどのWindowsサービスのUbuntuとの統合により、Microsoft環境での大規模な運用も容易になります。

Canonicalについて

Canonicalは、クラウド運用の分野をリードするOSである「Ubuntu」を提供する企業です。Ubuntuは、ほとんどのパブリッククラウドのワークロード、新しいスマートゲートウェイ、スイッチ、自動運転車、最先端ロボットで使用されています。Canonicalは、Ubuntuの商用ユーザ向けにエンタープライズサポートとサービスを提供しています。Canonicalは2004年に設立された非公開企業です。

詳細は以下のウェブサイトからご覧いただけます。

https://jp.ubuntu.com/
https://www.ubuntu.com/

関連記事

MAASにおけるマルチテナンシー

本ブログでは、MAAS(Metal as a Service)におけるマルチテナンシーの概念について説明します。マルチテナンシーにより、オペレーターは複数の異なるユーザーグループに対して、他のユーザーグループについて一切関知することなしに1つのリソース(マシン)グループを提供できるため、マシンの稼働率が向上します。 一般に、中規模から大規模の環境は、ユーザーやユーザーグループごとに異なるマシン群を提供する目的で使用されます。MAASではもともと、ユーザーが将来使用するマシンを予約(割当)できるようにすることで、この用途に対応していました。しかし、MAAS 2.4でリソースプールの概念を導入しました。 リソースプールとロールベースアクセス制御 リソースプールとは、物理リソー […]

SBIグループがセキュアなオンプレミス型のOpenStackクラウドによりインフラ自動化を推進

SBI BITSは、日本の大手金融サービス企業であるSBIグループにITサービスとインフラを提供しています。SBIグループは250社以上、6,000人を超えるの従業員で構成されています。 製品化までの時間短縮とクライアントからの高い要求に対応するため、ベアメタルサーバーに代わるソリューションを模索していたSIB BITSは、OpenStackの採用を決めました。当初は既存のサプライヤーを検討しましたが、経済的で柔軟性のあるソリューションで本稼働に移行するために、外部サポートおよび専門性を備えたCanonicalを選択しました。 CanonicalのOpenStackにはロックインのリスクがありません。アップストリームバージョンに近いため、こちらが望めばサポートの完全な内製 […]

Yahoo! JAPAN、Canonicalとプライベートクラウドの構築で協業

ヤフー株式会社は、Yahoo!とソフトバンクの合弁事業として設立された、国内で最も人気の高いインターネット広告、検索エンジン、ECサイトのひとつで、6,000人を超える従業員を擁しています。 非常に大規模で多数のユーザーを抱えていることから、ヤフーは自社のIaaS(Infrastructure as a Service:サービスとしてのインフラストラクチャ)ソリューションとOSS分散ストレージソリューションを構築するために外部の協力を必要としました。2013年、ヤフーはCanonicalに協力を求め、それ以降両社は協力関係を育んできました。 予期しない障害発生時はOSレイヤーまで調査しなければなりませんが、その際にプロフェッショナルへ問い合わせできるのは大きい。ここまで手 […]