CanonicalのUbuntu Coreとsnapsが、 Bosch Rexrothのアプリベース・プラットフォーム「ctrlX AUTOMATION」で採用

by Canonical on 19 February 2020

Canonical は本日、Bosch Rexrothが同社のアプリベースのプラットフォームであるctrlX AUTOMATIONにUbuntu Coreを採用したことを発表しました。ctrlX AUTOMATIONは、組み込みデバイス向けに設計されたUbuntu Coreと、ユニバーサルなLinuxアプリケーションコンテナであるsnapsを活用しています。これによりオープンソースプラットフォームを提供し、機械の制御、IT(情報技術)、OT(運用技術)の間の障壁を取り除くことができます。Ubuntu Coreとsnapsを用いてctrlX AUTOMATION上に構築される工業生産向けソリューションは、オープンなエコシステム、製造までの時間の短縮、デバイスのライフサイクル全体を通したセキュリティの強化というメリットを得られます。

オープンアーキテクチャを使用にすることでソフトウェアがハードウェアから切り離されるため、ctrlX AUTOMATIONを採用する産業用機械メーカーは、PLC技術者やプロプライエタリシステムの制約から解放されます。ctrlX AUTOMATIONプラットフォームがUbuntu Coreとsnapsを採用することで、開発者は最新のCI/CDやDevSecOpsのアプローチをもって、従来のOT環境のエッジデバイスにアプリケーションを提供できるようになります。

Bosch RexrothのctrlX COREプロダクトオーナーであるDr. Holger Schnabel氏は、次のように述べています。「Ubuntu Coreのサポートを得て、ctrlX AUTOMATIONはオープンで、モジュール化されたセキュアな方法で自動化とIoTの環境を統合し、将来性を確保した革新的な自動化プラットフォームを構築できます。」

Ubuntu Coreは、厳格なアプリケーション制限によってセキュリティを強化します。ctrlX AUTOMATIONアプリは、隔離性を高めるためにSnapですべての依存関係と合わせて実行されます。snapsでパッケージ化されたソフトウェアファイルは変更できないため、セキュリティの脆弱性のリスクは最小限に抑えられます。アプリを展開する機械メーカーは、デバイスのライフサイクル全体を通して、エンジニアによる作業の必要性なしに、セキュリティ修正プログラムやパッチの自動更新できるというメリットを得られます。また、Ubuntu Coreとsnapsによって、最後に動作したバージョンにソフトウェア更新プログラムをロールバックして、工場の稼働時間や信頼性を向上させることができます。

CanonicalのIoTデバイスフィールドエンジニアリング部門のグローバルディレクターであるLoïc Minier(ロイック・ミニエ)は、次のように述べています。「Bosch Rexrothはオープンソースのアプローチを産業オートメーションに採り入れて、機械メーカーが拡張性のあるカスタマイズ可能なプラットフォームを構築することを可能にします。ctrlX AUTOMATIONは、ユーザーが機能を拡張したり独自のアプリを実装したりできるソフトウェア主導のアプローチを提供します。ctrlX AUTOMATIONが提供する高度なインタフェースとUbuntu Coreのオープン性と柔軟性が組み合わさることで、産業オートメーションにおけるイノベーションの新たな時代を開きます。」

開発者は、C、C++、Python、JavaScript、Goなど、好きなプログラミング言語でアプリを作成して、snapsとして配布できます。従来は、IEC 61131や、業界設定のGコードのような、専門家向けのプログラミング言語に限定されていました。Ubuntu Coreとsnapsによって、ctrlX AUTOMATIONプラットフォームを使用する開発者は、従来のプログラミング言語と最新の言語を自由に選んで使用できるようになります。

※このプレスリリースは、2020年2月19日に英国・ロンドンで配信されたプレスリリースの抄訳です。

<以上>

Canonicalについて

Canonicalは「Ubuntu」を提供する企業です。Ubuntuは、ほとんどのパブリッククラウドのワークロードに使われているOSであり、スマートゲートウェイ、自動運転車、高度なロボットなどの最先端分野でも使用されています。Canonicalは、Ubuntuの商用ユーザ向けにエンタープライズセキュリティ、サポート、サービスを提供しています。Canonicalは2004年に設立された非公開企業です。

詳細は以下のウェブサイトからご覧いただけます。

https://jp.ubuntu.com/

https://www.ubuntu.com/

Rexrothについて

Bosch Rexrothは駆動・制御技術における世界的なリーディングサプライヤーであり、さまざまな規模の機械やシステムの効率的で強力かつ安全な動作を可能にします。同社は、モバイルアプリケーション、機械向けアプリケーションとエンジニアリング、ファクトリーオートメーションの市場区分においてグローバルでの経験を有しています。Bosch Rexrothのインテリジェントなコンポーネント、カスタマイズされたシステムソリューション、サービスによって、完全にコネクテッドなアプリケーションに必要な環境を生み出します。Bosch Rexrothは、IoT向けソフトウェアおよびインタフェースを始めとして、油圧製品、電気駆動・制御テクノロジー、ギヤテクノロジー、リニアモーションテクノロジー、アセンブリーテクノロジを顧客に提供しています。世界80以上の国に拠点を持ち、32,300人を超える従業員を有しています。2018年の収益は約62億ユーロでした。詳細については、 www.boschrexroth.com をご覧ください。

関連記事

「There’s a hole in the boot(BootHole)」 – CVE-2020-10713の緩和と関連の脆弱性

責任ある開示と協調した対応が皆の利益に Canonicalは本日、「There’s a hole in the boot(ブーツに穴がある)」、あるいはGRUB2(GRand Unified Bootloader version 2)のBootHoleと呼ばれる一連の脆弱性に関する最新情報を公開しました。この脆弱性により攻撃者はUEFIセキュアブートを回避できます。当初の脆弱性であるCVE-2020-10713は、優先度の高い脆弱性として2020年4月にCanonicalが警告を受けています。以来、Canonicalは7つの関連脆弱性を発見し、幅広いオープンソースコミュニティおよびMicrosoftと協力しています。そして本日、Ubuntuおよび主要Linuxディストリビ […]

Kubernetes on Macのセットアップ

Macで動くKubernetesソリューションをお探しですか? MicroK8sはCanonicalが開発した純粋で軽いKubernetesのアップストリームディストリビューションです。このコンパクトなLinux Snapは、入念に選択されたアドオンとともに、シングルノードのKubernetesクラスターをLinux、Windows、macOSにインストールします。MicroK8sはもともとLinux用に構築されたものですが、Kubernetes on Macなら、Ubuntu仮想マシン(VM)でネイティブにMicroK8sを実行します。 MicroK8sは必要リソースが少なく、Kubernetesのシングルノードとしてもマルチノードクラスターとしても使用できます。Mic […]


© 2020 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。