Canonical、Ubuntu 22.10 Kinetic Kuduを公開

by Canonical on 16 November 2022

IoT開発者や企業IT管理者をサポートする暫定リリース

Ubuntu 22.10は本日よりhttps://ubuntu.com/downloadからダウンロードしてインストールできます。

コードネーム「Kinetic Kudu」の暫定リリースは、企業環境の開発者やIT管理者を想定して改善されています。IoTエコシステムを重視した最新のツールチェーンやアプリケーションも含みます。

CanonicalのCEOを務めるMark Shuttleworthは次のように述べています。「コネクテッドデバイスは革新の盛んな分野ですが、家庭やビジネスに新しいデジタルリスクももたらします。今回のリリースでは、新世代のIoTの使いやすさとセキュリティを重視し、Ubuntu 22.10を使用した組み込みデバイス開発やリモート開発を快適にする改善を数多く加えました。企業環境管理の新機能も加え、Landscapeの新しいベータ版が、アーキテクチャを問わず、社内のUbuntu環境全体の管理を容易にします。」

新しいツールが開発者のワークフローを最適化

Ubuntu 22.10では、Ruby、Go、GCC、Rustのツールチェーンが更新されました。

Ubuntu 22.10のOpenSSHは、デフォルトでsystemdソケットアクティベーションを使用するよう構成されているため、受信接続要求を受け取るまでsshdは開始されません。これにより、小型のデバイス、VM、またはLXDコンテナでUbuntu Serverのメモリ消費量が減少します。

また、Ubuntu 22.10には新しいdebuginfodサービスが付属し、Ubuntuに同梱されているプログラムをデバッグする開発者や管理者に役立ちます。gdbなどのデバッグツールは、必要なデバッグシンボルをHTTPS経由で自動的にダウンロードします。

Raspberry Piのマイクロコントローラと組み込みディスプレイのサポート

Ubuntu 22.10では、Raspberry Pi Pico Wなど各種のマイクロコントローラでMicroPythonがサポートされます。Ubuntuリポジトリにはrshell、thonny、mpremoteのすべてが揃っています。

Ubuntuのグラフィックスタックがkmsに移行したため、開発者はPiベースのグラフィックアプリケーションをデスクトップセッションの外で、Qtなどのフレームワークにより、Pi固有のドライバなしで実行できるようになりました。これにより、Raspberry Pi用のInky eInk HATシリーズ、各種のHyperpixel、Raspberry Pi Official Touchscreenなど、広範な組み込みディスプレイへのサポート拡大が補完されるようになりました。

企業環境管理ツールのアップグレード

Landscape 22.10の新しいベータ版は、アーキテクチャを問わずUbuntuの実行と管理を容易にし、サーバーからデスクトップまでUbuntu環境全体にわたる監視、管理、パッチの適用、コンプライアンス報告に対応します。今後ユーザーは、ArmまたはArmベースのプロセッサ(パブリッククラウド上のAmpere® Altra®ベースのARM64仮想マシンやRaspberry Piを含む)を搭載したコンピューターにLandscape Serverをインストールし、自宅での管理作業を簡素化することも可能です。

このリリースではRISC-Vプロセッサおよびハードウェアもサポートされており、ポータブルな管理システムとしてLandscapeを簡単に展開できます。

デスクトップの使い勝手とパフォーマンスの向上

あらゆるユーザーにとっての朗報は、GNOME 43の改良(GTK4テーマを含む)によるパフォーマンスと整合性の向上です。Quick Settings機能では、Wi-Fi、Bluetooth、ダークモード、電源設定など、よく使用されるオプションにすぐアクセスできます。

PipeWireオーディオプラットフォームでは、サポートされるオーディオデバイスが増え、Blutooth接続の改善もあって、ビデオ会議がさらに快適になりました。Linux 5.19ではインテル製デバイスの電力性能が向上しており、Ubuntuでマルチスレッドによる解凍に対応したことにより、マルチコアのデスクトップでSnapのパフォーマンスがアップしました。

最後に、Ubuntu Softwareで使用できる新しいSteam Snapは最新のMesaを含みます。このためホストOSを問わず、他のPPAの設定もなしに、常に最新の状態でゲームを楽しめます。

その他のリソース

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

[ウェブセミナー] Ubuntu 22.04の新しいActive Directory統合機能

今回のトークについて Active Directory(AD)は、中規模から大規模の企業における最も一般的なユーザー/エンドポイントID管理システムです。UbuntuはAD統合機能をかなり前からサポートしていましたが、その機能はユーザー認証に限られ、Groups Policy Objectsやスクリプトなどの高度な機能は含まれませんでした。 ウェビナーを見る Ubuntu Desktop 22.04では、システム管理者の要望に応え、画期的なクライアントとしてADsysを導入しました。これには次の機能があります。 OSにネイティブに組み込んだグループポリシーオブジェクト(GPO)の全面サポート 特権アカウントとしてタスクを実行するための特権管理機能 ログオン、ログオフ、起動 […]

Canonical、最大5台で使用できるUbuntu Proの個人向け無料サブスクリプションを発表

Canonicalは、セキュリティメンテナンスとコンプライアンスに長期的に対応するサブスクリプションサービス「Ubuntu Pro」のデータセンター/ワークステーション向けパブリックベータ版の提供を開始しました。また、Canonicalのコミュニティを大切にする姿勢および誰でも簡単にオープンソースを利用できるようにするという理念に基づき、個人や小規模なビジネスには無料サブスクリプションを提供します。 CanonicalのCEOであるMark Shuttleworthは次のように述べています。「メインOSのセキュリティに5年間無料で対応するUbuntu LTSを発表したときから、企業のお客様から、民間商用合意に基づいてさらに幅広いオープンソース環境に対応することを求められて […]

ロボット生産における適切なオペレーティングシステムの選択

Ubuntu Core – オープンソースプロジェクトの基盤 人工知能や機械学習の発展とともに、消費者向け製品、産業、医療、小売など、あらゆる業界でロボットの導入が進んでいます。世界のロボティクス市場は2018年から2022年までに44%成長し、売上高は2022年までに450億米ドルに達すると見込まれています。さらに約10%の年平均成長率(CAGR)が続けば、2028年には706億米ドル近くに達します。 この膨大な可能性と技術の進歩を踏まえ、ロボット生産に挑む企業が増えています。しかし他の製品と同様、持続可能で、将来性があり、安全なロボットを作るには、メーカーが開発段階で各種の意思決定を行う必要があります。 中でも特に重要なのがオペレーティングシステムです。オペレーティン […]


© 2022 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。