自動車業界のデジタルディスラプション:新しい所有や移動のトレンドによる影響

by Canonical on 3 March 2023

未来のビジネスモデルを理解するポイント

車の所有に対する考え方はゆっくりと、しかし着実に変化しています。都市に住む人が増え、車のインターネット接続や自動運転の機能が進歩した現在、車の使い方も昔とは異なります。そして車の所有に対する考え方の変化が、経済にも大きな影響を与えています。

このホワイトペーパーでは、移動や車の所有に対する考え方に影響を与えるトレンドのほか、社会的、構造的要因について説明します。まず、交通機関を利用する習慣の変化について分析します。次に、車のデザインに対する思い入れから、移動サービスのメリットにお金を払うという価値観の移行について述べます。最後に、このようなトレンドすべてを結ぶソフトウェアの役割、そして車の所有の変化が自動車メーカーに与える影響を考察します。

車の購入と利用に影響を与えるトレンドは数多くあります。このセクションでは、そのようなトレンドと、その影響による移動の変化に注目します。比較的新しい現象から始めましょう。つまり、車を運転する人が減っているという事実です。

運転免許保有者の減少

英国では、2020年から2021年までに運転免許を持つ16~25歳の人数が10%減少しました。新型コロナウイルス感染症も一因かもしれませんが、このトレンドはすでに10年前から見られます。理由には、コストの上昇、運転に対する興味の低下、他の交通機関の発達などがあります。この変化は大半の先進国に共通です。テレワークや在宅勤務が普及するにつれ、今後もこの傾向は続くでしょう。運転免許保有者数が減れば運転する人も減ります。運転者が減れば車の購入数も減ります。

コストの上昇で購入が減少

OEMにとって市場が縮小しているか拡大しているかを判断するには、まず潜在的な購入者に注目する必要があります。都会に住む大半のミレニアル世代にとって車の値段は高すぎます。車に搭載する技術や安全部品が増え、OEMの多くが高級市場への移行を希望していることから、米国では昨年、新車の価格が14.3%上昇しました。潜在的な顧客の大半は、長期レンタルやリース購入契約を選ぶと思われます。

カーシェアやカープールの普及

環境意識の高い人や車をもっと活用したい人にとっては、カーシェアという選択肢があります。多くのカーシェア会社は、車を他人に貸した人に報酬を出す制度を持っています。多くの人が1台の車を運転することは、車の所有者にとっても環境にとっても良いことです。

カープールも、車の使い方の変化を示す良い例です。世界中でガソリンの価格が高騰する中、カープールの人気は高まっています。たとえばBlaBlaCarは四半期あたり2,500万人に利用されています。

結論

車の利用が簡単になり、面倒が少なくなるにつれ、車を管理するほうの手間は複雑になります。所有から利用への移行を乗り切るだけの資金や労力を確保することが最初の難関です。そしてこの難関は、すでに難しいソフトウェア定義車両への移行の一部に過ぎません。

車ファンであれ、デジタルノマドであれ、移動という問題がどこにも行かないことは間違いありません。

記事全文を読む – 自動車業界の消費者トレンド

その他のリソース

ソフトウェア定義車両に関する CTO 向けガイド

お問い合わせ

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

ソフトウェア定義型自動車をシンプルにするEB corbos Linux – built on Ubuntu

自動車メーカーはソフトウェア定義型自動車(SDV)への移行において多くの課題に直面しています。古いベンダーへの依存による拡張性の不足や高いメンテナンス費用もその例です。ソフトウェア中心のアプローチは、複雑性とコストの軽減、市場化期間の短縮、製品品質の向上、柔軟性の向上、サイバーセキュリティの強化に貢献します。 自動車メーカーがソフトウェアの開発とサービスを強化するには、根本的に工程や組織構造を改革する必要があります。卓越した製品や顧客サービスを提供するには、さまざまな部門や社外組織との協力も重要です。競争力の高いブランドはそれを目指す必要があるでしょう。 SDVは未来の電気/電子(E/E)アーキテクチャです。未来の車、つまりSDVはモバイルコンピューターのようなものです。 […]

2024年における自動車業界の注目トレンド

自動車業界では複数の技術革新が同時に進行し、活気に満ちた時代を迎えています。AIから5G、そして各種の周辺技術まで、今年は数多くの画期的なトレンドが浮上すると予想されます。 電気自動車(EV)が市場とOEMメーカーのビジネス戦略を変革し、顧客の目が従来の内燃エンジン(ICE)車から離れる中、自動車の開発や設計のあり方が問われています。 さらに、ソフトウェアの更新とインターネット接続によってシームレスなサービスやエンターテインメントが可能になるとともに、顧客は交通手段に対して従来と異なるアプローチを期待しています。2024年に予想される自動車分野の重要なトレンドのいくつかを詳しく検討しましょう。 車載ソフトウェアのOTA更新 OTA(Over-The-Air)更新は、自動車 […]

Canonical社が提供する「Ubuntu Pro for Devices」に基づく新事業を展開 ~パートナーと連携した新しい事業を立ち上げ~

株式会社アイ・オー・データ機器(本社:石川県金沢市、代表取締役会長:細野 昭雄、以下、アイ・オー・データ)は、Canonical Group, Ltd.(本社:英国ロンドン、CEO:Mark Shuttleworth、以下:Canonical社)とLinux OS 「Ubuntu」のライセンス契約を合意し、Canonical社が提供する「Ubuntu Pro for Devices」プログラムに基づき、Ubuntuを活用した新事業や新商品を展開することを発表いたします。 ビジネス概要 アイ・オー・データはLinux OS 「Ubuntu」搭載デバイスをより広く、手軽に使っていただくため、Canonicalの「Ubuntu Pro for Devices」プログラムに基づい […]