Ubuntu CoreでRaspberry Pi高品質カメラを使用するには

by cmoullec on 17 August 2020

Raspberry Piの新しい高品質(HQ)カメラが発売されました。このカメラは評判どおり優れた性能です。レンズは交換可能で、12MPのセンサーを搭載。これは従来の8MPのV2カメラからの大幅な改良で、三脚マウント用のネジ穴もあります。このブログでは、Ubuntu Coreでビデオをストリーミングする手順と、Cマウントのあるレンズとないレンズでカメラのフォーカスを正しく合わせる方法を説明します。

必要なもの

このガイドの内容を実行するには、次のアイテムが必要です。

  • microSDカード(最低4GB、推奨8GB)
  • microSDカードドライブ搭載のコンピュータ
  • Raspberry Pi 2、3、4のいずれか
  • micro-USB電源ケーブル(Pi 4の場合はUSB-C)
  • Wi-Fiネットワークまたはインターネット接続のイーサネットケーブル
  • HDMIインターフェイスのあるモニター
  • Pi 2および3向けにはHDMIケーブル、Pi 4向けにはmicro HDMIケーブル
  • USBキーボード
  • 新しいHQ Raspberry Piカメラ
  • CまたはCSマウント互換のレンズ 

準備したもの

HQカメラでのUbuntu Coreの設定

Ubuntuを開始するには、まずRaspberry PiにUbuntu Coreをインストールして設定する必要があります。このためには、新しいタブでチュートリアル(英語)を開き、PiにSSHで接続できるところまで指示に従い、再度ここの戻ってきてください。

SSHでPiに接続したら、ボードでカメラを有効にする必要があります。当面、設定ファイルを編集しなければならないのが面倒ですが、心配は要りません。比較的簡単な手順ですし、このプロセスをさらにシームレスにするための作業が進められています。これについては後で詳しく説明します。 

Ubuntu Coreで作動するようカメラを有効化する

次のコマンドを使用してubootの 設定ファイルにアクセスします。

sudo vi /boot/uboot/config.txt

ファイルが開いたら、最後の行までスクロールダウンして、次のコマンドを入力します。

‘a’

これにより挿入モードが開始され、ファイルの内容を追加できるようになります。次に、ファイルの末尾までスクロールし、次のように入力します。

start_x=1

この行によりカメラが有効になります。これで完了です。キーボードの「Esc」キーを押し、挿入モードを終了するため

‘:x!’

と入力してファイルを保存し、終了します。次のような画面が表示されます。 

次に、picamera-demo-applicationをインストールする必要があります。これは、CanonicalのエンジニアであるOgraにより開発、保守されているSnap StoreのSnapです。次のコマンドを使用します。

snap install picamera-streaming-demo

カメラを接続してウェブに接続する

これで、カメラをRaspberry Piにつなぐことができます。この例では、Raspberry Pi 3 Model Bを使用します。カメラを正しく接続することが重要なので、次の画像でリボンケーブルの方向に注意してください。青色の側がUSBポートを向くようにします。

このように接続するには、黒色のタブを、カチッという感触が得られるまでゆっくりと上に引っ張ります。空いた部分にリボンを画像の方向で差し込み、黒色のタブを元の位置に押し込んで固定します。

これは間違った接続の例(間違ったポートへの接続)です。

これはカメラのCSIポートではありませんね。すべて接続して正しく動作するようになったら、何かきれいな写真を撮りましょう。

接続が完了したら、次のコマンドでRaspberry Piを再起動します。

sudo reboot

少し待ってから、ブラウザで次のように入力します。

http://<board IP address>:8000/

これで、カメラが捉えた画像が次のようにウェブページに表示されます。

この写真は6mmのレンズで暗い場所で撮影し、しかもスクリーンショットで保存したため、実際のカメラの品質を反映していません。 

Cマウントありとなしでのフォーカス設定

カメラの焦点を合わせられるようになることはもちろん重要です。私のような写真の初心者では、その方法を習得するために少し時間がかかりました。Cマウントは、16mmカメラで一般的に使用されるタイプのマウントです。私が購入した2つのレンズのうち1つはCマウント、もう1つはCSマウントが必要でした。CSマウントレンズは、Cレンズよりも約5mm画像センサーに近く取り付けられるよう設計されています。レンズを扱うときは、この違いに注意する必要があります。さもないと、Cマウントのブラケットを間違って取り付け、16mmレンズのフォーカスが合わない理由に1時間も悩むことになります。

Cマウントレンズの焦点を合わせるためのCマウントブラケット

今後の展望

Raspberry PiでのUbuntuのユーザー体験を改善するため、これからも取り組みを続けていきます。このチュートリアルは標準的なものではありません。通常のチュートリアルはubuntu.com/tutorialsで公開され、Ubuntu Serverでの設定方法や、MicroK8sを使用してRaspberry Piクラスターを構築する方法などを見ることができます。

このチュートリアルではUbuntu Coreを使用しますが、Ubuntu Coreは開発者にとって使いやすいとは言えません。アプライアンス、Fire-and-Forgetデバイス、および本番環境での使用をお勧めします。他のアプリケーションを試したい、またはUbuntuでRaspberry Pi用のアプリケーションを構築したい場合は、SnapやUbuntu Serverの検討をお勧めします。 

関連記事

Canonical、Kubernetes 1.19を発表

Canonicalは本日、パブリッククラウドからエッジまでをカバーするKubernetes 1.19のエンタープライズ向けフルサポートを発表しました。サポート対象にはCharmed Kubernetes、MicroK8s、kubeadmが含まれます。  Canonicalの製品マネージャーであるAlex Chalkiasは次のように述べています。「Canonicalは、ユーザーが最新の機能、ライフサイクル管理、アップストリームに合わせたエンタープライズサポートの恩恵を受けられるよう、すべてのリリースの迅速なフォローに努めています。Kubernetes 1.19では、MicroK8sおよびCharmed Kubernetesにおいても、強固なセキュリティ機能とキャリアグレー […]

実験的な機能:段階的リリース

「実戦で変更されない計画はない。」これはプロイセンの陸軍元帥ヘルムート・フォン・モルトケが残したとされる有名な言葉です。この言葉はソフトウェア開発にも当てはまります。「実用で変更されないコードはない」 ミッションクリティカルな環境で運用中のアプリケーションやサービスの安定性を最大限に確保するには、段階的にソフトウェアを展開し、更新を制御することが必須です。これにより開発者はツールの新しいバージョンの普及状況を監視および観察できるのに加え、運用チームはコンプライアンスとセキュリティの目標を満たすことができます。最近まで、Snapの自動更新のタイミングは主にクライアント側の更新スケジュールにより決定されてきました。このたび、Snap開発者が新しいリビジョンの展開を微調整するた […]


© 2020 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。