MicrosoftとCanonical、Ubuntu 22.04のホストとコンテナにおける.NETのネイティブサポートを発表

by Canonical on 24 August 2022

  • .NET開発者は「apt install」コマンドだけでUbuntu 22.04 LTSからASP.NET、.NET SDK、ランタイムをインストール可能
  • Canonicalは、シェルやパッケージマネージャーが不要な新しい超小型のOCI対応アプライアンスイメージを.NET 6 LTSとASP.NETの両ランタイム向けにリリース
  • MicrosoftとCanonicalは共同で.NETとUbuntuの間のソフトウェアサプライチェーンを保護し、エンタープライズグレードのサポートを提供

.NET開発プラットフォームはオープンソースプロジェクトへのMicrosoftの非常に早期のコントリビューションであり、CanonicalはUbuntu 22.04 LTS以降、Ubuntuのホストおよびコンテナイメージでネイティブサポートすることをうれしく思います。

.NET開発者はセキュリティパッチや新リリースを速やかに入手し、LinuxとUbuntuの利用を開始できます。

.NET 6のユーザーと開発者は、簡単なapt install dotnet6コマンドで.NET 6パッケージをUbuntuにインストールできるようになりました。最適化され、構築済みで、超小型のコンテナイメージもすぐに使用できます。

Ubuntu .debパッケージとしての.NETは、MicrosoftとCanonicalの緊密な協力の成果です。両社はセキュリティパッチと新しいリリースも速やかにUbuntuに提供します。これは、Ubuntu上のオープンソースフレームワーク、ホスト、および最小化されたコンテナイメージ向けのより多くの機能の基礎となります。

.NETプログラムマネージャーのRichard Lander氏は次のように述べています。「Canonicalとの協力により、.NET開発者に使いやすさとセキュリティの向上を同時に提供できました。このプロジェクトには、LinuxエコシステムにおけるCanonicalのリーダーシップ、それに開発ツールとプラットフォームにおけるMicrosoftの豊富な経験が役立っています。その成果がインボックスパッケージとコンテナイメージの組み合わせであり、コミュニティ開発者も大企業もオープンソースを通じてこれを活用できます。」

CanonicalのプロダクトマネージャーであるValentin Viennotは次のように述べています。「これでUbuntuは.NETプラットフォームを出発点として、超小型のコンテナイメージを使用した開発から本番運用までエンドツーエンドにサポートすることになります。これは両方のコミュニティにとって大きな進歩です。Microsoftの.NETチームとの協力が大きな成果につながりました。」

Ubuntuでの.NET 6のインストール

Canonicalの新しいリポジトリ機能により、Ubuntu 22.04 LTSで.NETと ASP.NETのインストールと更新が簡単になります。

# quickly install a bundle with both the SDK and the runtime

sudo apt update && sudo apt install dotnet6

# or cherry-pick only the dependencies you need to develop or run

sudo apt install dotnet-sdk-6.0

sudo apt install dotnet-runtime-6.O

sudo apt install aspnetcore-runtime-6.0

MicrosoftとCanonical:セキュリティのための提携

近年、ソフトウェアの出所証明が極めて重要になっています。オープンソースコミュニティも企業もソフトウェアの依存性を確認する必要があります。

CanonicalとMicrosoftはすでに、仲介なしでコンテンツを直接共有できるよう協力してきました。Microsoftの.NETプログラムマネージャーであるRichard Lander氏は次のように述べています。「今ではサプライチェーンの距離はゼロ、つまりすべてのCanonicalの資産を即座に入手できます。」

Microsoftはこのほど.NET向けのディストリビューション維持管理グループを設置しました。現在、Canonicalはそのグループのメンバーであり、ソースからパッケージまでソフトウェアサプライチェーンのセキュリティ保護に貢献しています。

Canonicalのソフトウェアリポジトリは拡大を続けています。現在までに28,000を超えるパッケージが利用可能であり、Ubuntu ProおよびUbuntu Advantageの契約者や無料のコミュニティユーザー向けに専用の拡張セキュリティパッチが提供されています。

セキュリティパッチとリリースを速やかに配布

.NETとUbuntuの長期サポート(LTS)は異なる年にリリースされますが、内容は完全に整合しています。.NET LTSのリリースは奇数年の11月、Ubuntu LTSは次の偶数年の4月です。

このためUbuntuユーザーはどのUbuntu LTSシリーズでも最新の.NET LTSを使用できます。2つのセキュアで安定した製品リリースを組み合わせ、信頼できるアプリケーションの基盤を作ることは、開発者とソフトウェアベンダーにとって合理的な選択です。MicrosoftとCanonicalは、新しい.NETリリースと新しいUbuntuリリースが常に対応するよう協力しています。

このためにはMicrosoftとCanonicalの間に最短のトラストチェーンを確立することが不可欠です。その結果、開発者のエクスペリエンスはわかりやすいものになります。また、セキュリティパッチと更新が定期的に提供されます。

最小サイズのOCIイメージ:.NET向けUbuntuのチゼル化(不要機能の削ぎ落し)

.NET開発プラットフォームは、オープンソースプロジェクトに対するMicrosoftの早期からの貢献の1つでした。開発者コミュニティは500万人以上の.NET開発者から構成されており、その多くはランタイムにLinuxおよびLinuxベースのOCIコンテナを採用しています。

Ubuntuは、Dockerの初期からコンテナを使用している開発者にとって人気のある選択肢でした。Canonicalは、Ubuntuでの.NETのリリースと並行し、ランタイムに必要なパッケージとファイルだけで作成した新しいタイプのコンテナイメージも提供します。

このような「チゼル化」イメージ(不要なものをすべて省き、OCIコンテナ用に最適化した最小限のUbuntuイメージ)は、Ubuntuの安定性と親しみやすさを犠牲にすることなく、攻撃対象領域とイメージサイズの縮小に対する開発者のニーズに応えます。

これまでに、このプロセスによって100MBが削減され、6MB未満(圧縮後)で最小のUbuntuベースOCIイメージが提供されています。Canonicalの目標は、OCIイメージでこれまでに達成した最小フットプリントを実現しながら、既知の信頼できるUbuntuコンテンツを提供することです。

Canonicalは、既存のLTSイメージのポートフォリオの一部として維持管理されている.NET 6向けに2つの新しいUbuntuベースのOCIイメージをベータ版としてリリースしました。

.NETおよびASP.NETランタイム向けのこれらのチゼル化済みUbuntuイメージは、Microsoftでも、Microsoft Artifact Registry(MCR)から入手できます。

今後の展望

このプロジェクトは、Canonicalが.NETとUbuntu向けに計画している一連のプロジェクトの最初のプロジェクトです。この提携の詳細は、Microsoftのブログをご覧ください。

現在、.NET debパッケージはx64アーキテクチャ用のUbuntu Jammy 22.04 LTSに含まれています。まもなくArm64アーキテクチャおよびすべての新しいUbuntuリリースで使用できるようになる予定です。

ビルド済みのコンテナイメージは、すでにAzure Container RegistryやDocker Hubで入手できます。

その他のリソース:

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

2022年クラウド価格レポート

クラウドインフラストラクチャの選択におけるクラウド価格の影響 さまざまなクラウドプラットフォームのコストの見積もりや比較は、決して簡単ではありません。パブリッククラウドプロバイダーはリソース単価の形でサービスの定価を提示しますが、プライベートクラウドの分野で同じことをするのは至難の業です。リソース単価が明確でも総所有コスト(TCO)の完全な把握にはなりません。多くの企業は、あらゆる種類のクラウドリソースの需要を自社で計算できないからです。この結果、大手クラウドプロバイダーはTCO計算機能を用意し、顧客によるコストの見積もりやデータに基づいた決定をサポートしています。 本レポートは3部構成です。まず、2022年7月時点の大手パブリック/プライベートクラウドプロバイダーのクラ […]

ハイブリッドクラウドのインフラストラクチャを最新化するためのプレイブック

CTO(最高技術責任者)向けの利用事例と戦略的ガイダンス パブリッククラウドは前例のないスピードでデジタルトランスフォーメーション を実現しました。しかし、拡張性に対するニーズが増えると、その長期的な運用 コストは厳しいものになります。ハイブリッドクラウドは、運用面の支出の抑制 や厳密な管理を可能にするプライベートインフラストラクチャと、簡単に拡張で きるパブリッククラウドという2つの環境の両方からメリットを得るための代替策 として浮かび上がりました。 ハイブリッドクラウドアーキテクチャの採用を検討している組織や企業は、プライベートクラウドベンダーの選択肢や、アプリケーションの設計と開発に対する影響、ワークロードの調整、長期メンテナンスについて慎重に考える必要があります。 […]

Firmus Supercloud が Canonicalのオープンインフラで持続可能なクラウドコンピューティングの新基準を確立

Ubuntuの提供元であるCanonicalは、オーストラリアのクラウドインフラストラクチャプロバイダーで革新的なデータセンターテクノロジーを提供するFirmusが、CanonicalのCharmed OpenStackとCharmed Kubernetesを使用して超高効率かつ持続可能なパブリッククラウドを開発したと発表しました。 データセンターは全世界の温室効果ガス放出の2%を占め、さらに増え続けています。これは主に、従来のデータセンターの設計が非効率的なためです。全世界におけるデータセンターのエネルギー効率の平均値は1.59 PUE(Power Usage Effectiveness、電力使用効率)です。つまりコンピューターを駆動する電力1MWにつき冷却システムにも […]


© 2023 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。