Cephを使用して次の点で将来に備える方法

by Canonical on 8 January 2024

オープンソースのCephを自社のIT環境でクラウドストレージとして活用する方法

データストレージ業界は、劇的な進歩を遂げてきました。コンピューターのプログラムを紙のパンチカードに記録したり、1台のハードディスクドライブをフォークリフトで運んでいた時代もありました。現在では1テラバイト(TB)のデータが切手よりも小さなパッケージに収まります。

では、このような時代の移り変わりは、現代のデータセンターにとって何を意味するのでしょうか。現代の組織はデジタルファーストであり、データの量は膨大です。企業にとってデータは資産であり、費用対効果の高い方法で安全かつセキュアに保管する必要があることはもはや常識です。

このガイドの内容:

  • 予算内でストレージを拡張するうえで企業が直面する課題
  • アプライアンスを使用した従来のストレージシステムの代替策としてオープンソースのソフトウェア定義ストレージが有力である理由
  • Cephを使用して次の点で将来に備える方法:
    • 信頼性
    • 拡張性
    • 柔軟性
  • コスト効率を維持しながら成長に合わせて拡張する方法
  • 単一のマルチプロトコルストレージクラスターへの統合により、データのサイロ化を低減する方法
  • ローカルおよびリモートのデータ複製を使用して障害に備える方法

マネージドサービスが、コストを削減しながら「サービスとしての〇〇」を提供する仕組み

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

CentOSのサポート終了(EOL)– Cephストレージへの影響は?

暗闇から光の中へ、新たな前進 2020年に、CentOS ProjectはCentOS Streamのみに注力することを発表しました。つまりCentOS 7がRed Hat Enterprise Linuxと共通性を持つ最後のリリースです。2024年6月30日のCentOS 7のサポート終了(EOL)により、OSのセキュリティ更新、パッチ、新機能のリリースがなくなります。 このバージョンのCentOSにCephをデプロイすると、将来の困難は見えています。EOLの課題を切り抜ける方法はいくつかありますが、それぞれに短所があります。 リスク 何もしなければ、デプロイメントが古くなるにつれてCephの新しいバージョンにアップグレードする道がなくなり、新しい機能を得られなくなりま […]

日本最大の “AWS を学ぶイベント”AWS Summit Japan登録開始!

Canonical @AWS Summit Japan 2024 Canonicalの招待コードを添えて登録ください! https://aws.amazon.com/jp/summits/japan/招待コード: SPC9461572 毎年 延べ 30,000 人が参加する、日本最大の “AWS を学ぶイベント” AWS Summit Japan が 6月 20 日(木)、21 日(金)の二日間に渡り開催されます。AWS Summit は、クラウドコンピューティングコミュニティが一堂に会して、アマゾン ウェブ サービス (AWS) に関して学習し、ベストプラクティスの共有や情報交換ができる、クラウドでイノベーションを起こすことに興味がある全ての皆様のためのイベントです。基 […]

AI対応のCephストレージ

オープンソースのCephストレージでAIビジョンを強化 今やあらゆる企業がAIの活用に関心を持っています。既存のデータから業務の分析情報や利益を引き出し、コストを削減できることから、AI技術は変化に消極的な企業にさえ驚くほどの速度で広がっています。 しかしこのような情報、節約、利益をもたらすAIシステムは大量のデータへのアクセスに依存します。性能と信頼性の高いストレージシステムがなければ、たとえ最先端のAIソリューションでも速やかに結果は出せません。しかも新しいAI関連のワークロードが既存のビジネスアプリケーションに影響を与えてはなりません。どちらも協調して動作する必要があります。 このブログ記事では、AIソリューションが必要とするストレージシステムおよび使用するデータの […]