Linux ディストリビューションの動向と選択ポイント

by Canonical on 17 October 2023

最近のLinuxディストリビューションの情勢が変わりつつあります。
Red Hat Enterprise LinuxのクローンOSである、CentOSがサポート終了となり、CentOS Streamへと移行し、代替OSとして台頭してきたAlma LinuxやRocky Linuxなどの新興クローンOSは、Red Hat社により 発表されたソース公開の限定によって先行きが不透明となってきました。

そういった情勢により、どのLinuxディストリビューションを利用するか、非常に判断が難しい状況であり、企業によって重要なポイントとなってきます。

そんななかで注目されるのが、世界でWebサーバNo.1のシェアを誇るLinuxディストリビューションである「Ubuntu」です。
デスクトップでの利用はあたりまえとなっていますが、サーバ用途としても堅牢性を求められる企業の基幹システムから、先進性が重視されるAI/機械学習ソフトウェアやクラウド環境、エッジ、組込みまで幅広く用いられるプラットフォームとして注目できる存在です。

Ubuntuには、企業が安心して活用するために用意された「Ubuntu Pro」と呼ばれるサポートパッケージが用意されており、Ubuntuの開発元であるCanonical社によって提供されるUbuntu Proには、問題解決等を目的としたサポートサービスをはじめ、10年間の長期サポート、セキュリティ対策や運用管理の効率化を目的としたツール・サービスなどが含まれます。

本セミナーでは、Canonical社 リージョナルセールスマネージャの柴田憲吾氏にUbuntuの特長やメリット、具体的な採用事例についてお話いただき、Ubuntu Proの詳細についてもご紹介します。

また、SRAが提供する「Ubuntu日本語サポート」と、Ubuntu上でのソフトウェア開発やOS移行、システム構築、セキュリティ対策などをワンストップで支援する「SRA Ubuntuトータルサービス」についてもご紹介します。

 ・これから、Linuxをご検討の方
 ・Linuxディストリビューションの選定で悩んでいる方
 ・CentOSからの移行先を探している方
 ・Ubuntuを利用しているが「Ubuntu Pro」をご存じない方
 ・OSSの利用で課題のある方

本セミナーは、Webセミナーとなっておりますので、お気軽にご参加頂けます。
是非ご参加ください。

https://www2.sra.co.jp/ubuntu/seminar/

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

Canonical、LinuxカーネルとUbuntuについて10年間のLTSを再確認

この記事は、CanonicalのSilicon Alliances部門担当副社長Cindy Goldberg、UbuntuカーネルエンジニアリングディレクターBrett Grandbois、リアルタイムカーネルプロダクトマネージャーEdoardo Barbieriが執筆しました。 2023年欧州オープンソースサミット(Open Source Summit Europe)で、Linux Weekly News編集者のJonathan Corbet氏は、Linuxカーネルのアップストリームでの長期サポート(LTS)期間が6年から2年に短縮される可能性が高いと発表しました。詳細はまだ確認されていないものの、この発言は関係者のほか、ソフトウェア計画においてLTSの期間に依存してい […]

PostgreSQLをAIに活用

AIを扱うことはデータを扱うこと。数値データから動画や画像まで、業界や用途を問わず、AIプロジェクトは何らかの形でデータに依存します。問題は、そのデータをどうやって効率的に保管し、モデルを構築する際に使用するかです。解決策の1つは、実績があり、愛好者の多いデータベースであるPostgreSQLです。近年の開発により、AIをサポートする有力な選択肢になっています。 PostgreSQLを選ぶべき理由 PostgreSQLはオープンソースで高機能のデータベースシステムです。外部キー、サブクエリ、トリガーのほか、さまざまなユーザー定義型や関数をサポートしています。近年はデータベース分野で人気を高め、2023年には年間最優秀データベース管理システム(DBMS)に選出されました。 […]

CanonicalがUbuntu 14.04 LTS以降の長期サポートを12年間に延長

Canonicalは本日、Ubuntu ProアドオンとしてLegacy Supportの一般提供を発表しました。これによりUbuntu LTSリリースのセキュリティ更新とサポート期間が12年間に延長されます。アドオンの対象はUbuntu 14.04 LTS以降です。 長期サポートのUbuntuリリースには、mainリポジトリに対する5年間のセキュリティメンテナンスが標準で付属します。Ubuntu Proは、mainリポジトリとuniverseリポジトリの両方に10年間のメンテナンスを提供し、企業にもエンドユーザーにも安全なオープンソースソフトウェアを幅広く提供します。このサブスクリプションは電話およびチケットによるサポートも含みます。Ubuntu Proの有償契約者のお […]


© 2024 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。