IoTに関する5つの課題とその解決策

by Canonical on 8 September 2022

IoTプロジェクトを成功に導くためのアドバイスとチェックリスト

ダウンロード

IoTの成長と収益には目を見張る将来性があります。コネクテッドデバイスから収集したデータを分析すれば、ビジネスプロセス、生産、アプリケーションの大幅な改革が可能です。現在、革新は急速に進み、デバイスの用途は無限に広がっています。新しい企業、既存企業を問わず、IoTデバイスの成長と足並みを揃えて進歩することは簡単ではありません。

製品開発期間の短縮、強固なセキュリティ、ハードウェアとソフトウェアに対応する汎用的な更新メカニズム、デバイス管理など、IoT企業が克服すべき課題は数多くあります。このような課題を克服すれば、業績は大きく向上することでしょう。

本書では、多くの企業がIoTに関して直面する5つの課題を検討し、IoTソリューションの実現と強化につながる主要分野を明確にします。また、新しいIoTプロジェクトを開始する際に考慮すべき重要な点も紹介します。このような点について綿密に計画を立て、具体的に対処しているほど、IoTソリューションを短時間で市場化し、世界に影響を与えることができます。

ダウンロード

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

2022年クラウド価格レポート

クラウドインフラストラクチャの選択におけるクラウド価格の影響 さまざまなクラウドプラットフォームのコストの見積もりや比較は、決して簡単ではありません。パブリッククラウドプロバイダーはリソース単価の形でサービスの定価を提示しますが、プライベートクラウドの分野で同じことをするのは至難の業です。リソース単価が明確でも総所有コスト(TCO)の完全な把握にはなりません。多くの企業は、あらゆる種類のクラウドリソースの需要を自社で計算できないからです。この結果、大手クラウドプロバイダーはTCO計算機能を用意し、顧客によるコストの見積もりやデータに基づいた決定をサポートしています。 本レポートは3部構成です。まず、2022年7月時点の大手パブリック/プライベートクラウドプロバイダーのクラ […]

Open Source MANO TWELVEによるテレコムネットワークの回復と自動拡張

2番目の長期サポート付きOpen Source MANO(OSM)リリースが到着しました。Open Source MANO Release TWELVEは、2年間のサポートとセキュリティパッチを含みます。また、MANO(Management and Network Orchestration)エコシステムに属するVNFベンダーにもシステムインテグレーターにも有利な特長を備えています。ETSI OSM(Open Source MANO)には、複数のクラウドプラットフォームと仮想インフラストラクチャマネージャー(VIM)を統合できます。サービスプロバイダーやオペレーターはOSMプラットフォームを利用し、仮想マシン(VM)またはコンテナ化されたフレームワーク(Kubernete […]

低レイテンシでデータ漏洩のない Apache Kafka サービスのデザイン

Apache Kafkaを使用し、低レイテンシでデータ漏洩のない大規模な実運用向けのサービス環境を設計するのは簡単ではありません。まさに究極のメッセージングシステムと言えます。このブログ記事では、適切なサービスアーキテクチャを構築できるよう、サービス設計における基本的な検討事項を紹介します。 基本から始めましょう。 Apache Kafkaソリューションの基礎サービス 基礎サービスとは、NTP(Network Time Protocol)サービス、DNS(Domain Name Services)、ネットワークルーティング、ファイアウォール、ゾーニングなどを指します。これを準備しない限り、アプリケーションのデプロイを検討することすらできません。皆さんはこう言うでしょう。「 […]


© 2023 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。