Ubuntu 20.10を搭載したRaspberry Piが完全なLinuxデスクトップとマイクロクラウドを実現

by Canonical on 22 October 2020

2020年10月22日:Ubuntuの提供元であるCanonical(本社:英国・ロンドン、CEO:Mark Shuttleworth)は本日、デスクトップとサーバー用に最適化したRaspberry Piイメージを含むUbuntu 20.10をリリースしました。これにより世界で最もオープンなプラットフォームと世界で最も安価なハードウェアを組み合わせ、学習者、発明者、教育者、起業家をサポートします。

Canonicalの最高経営責任者(CEO)であるMark Shuttleworthは次のように述べています。「世界中の人にオープンコンピューティングを届けるというRaspberry Pi財団の取り組みを歓迎します。個人利用、教育目的、未来のベンチャービジネスの基盤など目的が何であれ、UbuntuをインストールしたRaspberry Piの最適化を通じてこれを支援することをうれしく思います。」

すでに多数のx86およびARMデバイスがパブリッククラウドおよびデスクトップ用OSとして知られるUbuntuの認定を受けており、Raspberry Pi 2、3、4はそれに続くものです。Dell、HP、LenovoもUbuntu Desktopを搭載したPCを認定しています。Ubuntu Desktopは、AWS、Microsoft Azure、Google、IBM、Oracleクラウド上で最も広く使用されているOSでもあります。

Ubuntu 20.10はLXD 4.6およびMicroK8s 1.19も組み込み、回復力のあるマイクロクラウド、すなわちエッジでオンデマンドでVMやKubernetesを提供する小規模なサーバークラスターのほか、リモートオフィス、支店/支社、倉庫、分散指向インフラに対応します。
Ubuntu Desktop 20.10
Ubuntu 20.10は、Raspberry Piのデスクトップ使用に対応するほか、GNOME 3.38を搭載しています。GNOME 3.38ではアプリの配列が変更され、常用タブがなくなり、ユーザーの好きなようにアプリの順序や並びを変えることができます。バッテリー残量をパーセンテージ表示するトグルは電源管理設定にあり、プライベートWi-Fiホットスポットは生成したユニークQRコードで共有できます。再起動オプションはステータスメニューのログアウト/電源オフの隣にあります。

Desktop 20.10はUbuntu認定デバイスのサポートを強化しました。生体認証機能に標準で対応するUbuntu搭載ワークステーションも増えています。タッチスクリーンを持つ2-in-1デバイスは完全にサポートされ、Dell XPS 2-in-1やLenovo YogaなどのデバイスでもUbuntuのユーザー体験が改善されました。

4GBまたは8GBのRAMを持つRaspberry PiのモデルはUbuntu Desktopを完全にサポートします。Raspberry Pi Tradingの最高経営責任者(CEO)であるEben Upton氏は次のように述べています。「商業用、コミュニティ内など何のプロジェクトにRaspberry Piを使用するにしても、当社は最善のユーザー体験を目指します。Raspberry Pi 4でUbuntu Desktopを使用することにより、ユーザーは最新のオープンソース技術を搭載したハードウェアを活用できます。Raspberry Pi Ubuntu Desktopは、世界中のユーザーにとってオープンソースを利用した発明への入口です。」
マイクロクラウドの導入
マイクロクラウドはエッジでのオンデマンド処理に対応する新しいクラスのインフラです。マイクロクラウドは分散し、シンプルで、規模は小さいものから極めて大きなものまであります。CanonicalはUbuntu 20.10で、Ubuntu上でMAAS、LXD、MicroK8s、Cephを組み合わせたマイクロクラウドスタックを導入し、ハードウェア化した回復力の高いポケットクラウドによって、5G RAN、インダストリー4.0工場、V2Xインフラ、スマートシティ、医療施設におけるミッションクリティカルなワークロードに対応します。

Raspberry Piでは、ユーザーがMicroK8sから始め、可用性の高いワークロードをエッジでオーケストレートすることも、LXDのクラスター構築および仮想マシン管理機能を使用してホームラボアプライアンスを構築することも可能です。Ubuntu 20.10リリースでは、ユーザーがRaspberry Piを通じてクラウドのフル機能を実験、テスト、開発する道が開けます。Ubuntu 20.10を搭載したRaspberry PiならロボットからAI/MLまで何でも可能です。

Ubuntu 20.10はこちらからダウンロードできます。

Raspberry PiへのUbuntu 20.10のインストールについて詳しくは、2020年10月23日(金)午後5時(BST)のライブ配信をこちらからご覧ください。
<以上>

Canonicalについて
Canonicalは「Ubuntu」を提供する企業です。Ubuntuは、ほとんどのパブリッククラウドのワークロードに使われているOSであり、スマートゲートウェイ、自動運転車、高度なロボットなどの最先端分野でも使用されています。Canonicalは、Ubuntuの商用ユーザー向けにエンタープライズセキュリティ、サポートおよびサービスを提供しています。Canonicalは2004年に設立された非公開企業です。

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

Canonical、Ubuntu 22.10 Kinetic Kuduを公開

IoT開発者や企業IT管理者をサポートする暫定リリース Ubuntu 22.10は本日よりhttps://ubuntu.com/downloadからダウンロードしてインストールできます。 コードネーム「Kinetic Kudu」の暫定リリースは、企業環境の開発者やIT管理者を想定して改善されています。IoTエコシステムを重視した最新のツールチェーンやアプリケーションも含みます。 CanonicalのCEOを務めるMark Shuttleworthは次のように述べています。「コネクテッドデバイスは革新の盛んな分野ですが、家庭やビジネスに新しいデジタルリスクももたらします。今回のリリースでは、新世代のIoTの使いやすさとセキュリティを重視し、Ubuntu 22.10を使用した […]

[ウェブセミナー] Ubuntu 22.04の新しいActive Directory統合機能

今回のトークについて Active Directory(AD)は、中規模から大規模の企業における最も一般的なユーザー/エンドポイントID管理システムです。UbuntuはAD統合機能をかなり前からサポートしていましたが、その機能はユーザー認証に限られ、Groups Policy Objectsやスクリプトなどの高度な機能は含まれませんでした。 ウェビナーを見る Ubuntu Desktop 22.04では、システム管理者の要望に応え、画期的なクライアントとしてADsysを導入しました。これには次の機能があります。 OSにネイティブに組み込んだグループポリシーオブジェクト(GPO)の全面サポート 特権アカウントとしてタスクを実行するための特権管理機能 ログオン、ログオフ、起動 […]

Ubuntu 22.04の新しいActive Directory統合機能(パート3) – 特権管理

原典:https://ubuntu.com/blog/new-active-directory-integration-features-in-ubuntu-22-04-part-3-privilege-management LinuxとActive Directory(AD)の統合は、長い歴史の中でも特に企業ユーザーから要望の大きかった機能です。Ubuntu Desktop 22.04では、新しいActive DirectoryクライアントとしてADsysを採用しました。このブログ記事は、新機能を詳細にご紹介するシリーズのパート3です。(パート1 – はじめに、パート2 – グループポリシーオブジェクト) LinuxとActive Directory(AD)の統合は、長 […]


© 2022 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。