Ubuntu 22.04の新しいActive Directory統合機能(パート1)

by jiashiuan on 30 May 2022

原典:https://ubuntu.com/blog/new-active-directory-integration-features-in-ubuntu-22-04-part-1

4月21日、一般ユーザーにもビジネスユーザーにもうれしい新機能を数多く備えたUbuntu Desktop 22.04がリリースされました。改良されたLinuxActive DirectoryADの統合は、長い歴史の中でも特に企業ユーザーから要望の大きかった機能です。Ubuntu 22.04ではその要望に応え、ユーザーがすでにWindowsの管理に使い慣れたツールでUbuntuデスクトップをネイティブに管理できるようにしました。

このシリーズ記事の第1弾では、新しい高度なActive Directory統合機能のさまざまな面を検討し、ADsysの概要を紹介します。

LinuxとActive Directoryの統合

最近のMicrosoftのデータによれば、中小企業の大半はActive Directoryを使用して社内のデスクトップのIDとコンプライアンスを管理しています。これは何十年も前からのことであり、企業はIT管理チームのセキュリティと効率性を高めるため、ツールや自動化ワークフローの開発に多額の投資をしています。

Linuxデスクトップ(DebianやUbuntuなど)は、長年、SSSDを通じてActive Directoryの統合をサポートしてきました。しかし、統合は認証とそれに関連する少数のグループオブジェクトポリシーに限られていました。

ADを使用してポリシーへの適合を強制したり、リモートで構成を適用したりしたいITシステム管理者は、難しい選択を迫られていました。サードパーティの特権アクセス管理ソリューション(主にサーバーでカスタマイズされる)にお金を払うか、多数のカスタム開発ツールやスクリプトに依存するかです。

ADsys ― 新しいActive Directoryクライアント

22.04では新しいActive Directoryクライアントを導入

Ubuntu Desktop 22.04では、新しいActive DirectoryクライアントとしてADsysが採用されました。これにはadmx、admlテンプレートファイルを含め、UbuntuをActive Directoryに統合するために必要なすべてが含まれます。

ADsysは、adsysd(グループポリシープロトコルを実装し、Kerberos、Samba、LDAPを使用して認証とポリシー取得を行うデーモン)とadsysctl(デーモンとそのステータスを制御するコマンドラインインターフェイス)という2つの要素で構成されます。

ADsysは、引き続きユーザー認証とホームディレクトリの設定に使用されるSSSDとPAMに代わるのではなく、それらを補って以下の機能を追加します。

  • グループポリシーオブジェクトをネイティブにサポートし、クライアントマシンのdconf設定をターゲットとしてマシンポリシーとユーザーポリシーの両方をサポート
  • 権限の管理で、デフォルトのローカルユーザーやActive Directoryのユーザーとグループに対し、管理者権限の付与や剥奪が可能
  • カスタムスクリプトの実行により、マシンの起動、シャットダウン、ログイン、ログアウト時に、シェルスクリプトの実行をスケジューリング可能

上記の機能に加え、コマンドラインツールでは必要な.admx、.admlポリシーファイルを生成し、Active Directoryにインストールできます。インポートしたポリシーファイルは、Windows Serverのグループポリシー管理エディターで簡単に確認し、修正できます。

機能はすべて、Windowsで使用されているUbuntuのActive Directory管理機能にできるだけ似せて開発されています。これによりシステム管理者は少ない労力で使い方を習得し、多数のUbuntuデスクトップコンピューターをセキュアに管理できます。

新しい機能を利用するには

SSSDはすべてのデスクトップユーザーが利用可能なアップストリームコンポーネントですが、ADsysの最新の機能を利用するにはUbuntu Advantageのサブスクリプションが必要です。Ubuntu SSOアカウントを使用すれば、個人向けの無償ライセンスも取得できます。ADSysは、20.04.2 LTS以降のUbuntuでサポートされ、Windows Server 2019でテスト済みです。

CanonicalはこのほどActive Directory統合ホワイトペーパーを更新し、新しい機能を最大限に活用していただくための実用的な手順を追加しました。ADsysの仕組みについて詳しくは、Githubの該当ページまたは製品説明書をご参照ください。

Ubuntu Desktop、Ubuntu Advantage、または最新のActive Directory統合機能の詳細は、お問い合わせの上、アドバイザーにニーズをお聞かせください。

今すぐ見る
ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

[ウェブセミナー] Ubuntu 22.04の新しいActive Directory統合機能

今回のトークについて Active Directory(AD)は、中規模から大規模の企業における最も一般的なユーザー/エンドポイントID管理システムです。UbuntuはAD統合機能をかなり前からサポートしていましたが、その機能はユーザー認証に限られ、Groups Policy Objectsやスクリプトなどの高度な機能は含まれませんでした。 ウェビナーを見る Ubuntu Desktop 22.04では、システム管理者の要望に応え、画期的なクライアントとしてADsysを導入しました。これには次の機能があります。 OSにネイティブに組み込んだグループポリシーオブジェクト(GPO)の全面サポート 特権アカウントとしてタスクを実行するための特権管理機能 ログオン、ログオフ、起動 […]

Canonical、Ubuntu 22.10 Kinetic Kuduを公開

IoT開発者や企業IT管理者をサポートする暫定リリース Ubuntu 22.10は本日よりhttps://ubuntu.com/downloadからダウンロードしてインストールできます。 コードネーム「Kinetic Kudu」の暫定リリースは、企業環境の開発者やIT管理者を想定して改善されています。IoTエコシステムを重視した最新のツールチェーンやアプリケーションも含みます。 CanonicalのCEOを務めるMark Shuttleworthは次のように述べています。「コネクテッドデバイスは革新の盛んな分野ですが、家庭やビジネスに新しいデジタルリスクももたらします。今回のリリースでは、新世代のIoTの使いやすさとセキュリティを重視し、Ubuntu 22.10を使用した […]

2022年クラウド価格レポート

クラウドインフラストラクチャの選択におけるクラウド価格の影響 さまざまなクラウドプラットフォームのコストの見積もりや比較は、決して簡単ではありません。パブリッククラウドプロバイダーはリソース単価の形でサービスの定価を提示しますが、プライベートクラウドの分野で同じことをするのは至難の業です。リソース単価が明確でも総所有コスト(TCO)の完全な把握にはなりません。多くの企業は、あらゆる種類のクラウドリソースの需要を自社で計算できないからです。この結果、大手クラウドプロバイダーはTCO計算機能を用意し、顧客によるコストの見積もりやデータに基づいた決定をサポートしています。 本レポートは3部構成です。まず、2022年7月時点の大手パブリック/プライベートクラウドプロバイダーのクラ […]


© 2023 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。