Ubuntu 22.04の新しいActive Directory統合機能(パート2) – グループポリシーオブジェクト

by jiashiuan on 6 June 2022

原典:https://ubuntu.com/blog/new-active-directory-integration-features-in-ubuntu-22-04-part-2-group-policy-objects

LinuxとActive Directory(AD)の統合は、長い歴史の中でも特に企業ユーザーから要望の大きかった機能です。Ubuntu Desktop 22.04では、新しいActive DirectoryクライアントとしてADsysを採用しました。このブログ記事は、新機能を詳細にご紹介するシリーズのパート2です。(パート1 – はじめに)

この記事では、クライアントをドメインに追加した後、ADsysがグループポリシーオブジェクト(GPO)をどのように使用してUbuntuのdconf設定を変更するかに重点を置きます。

この分野でも、ADsysの他の新機能と同様、ユーザー体験はMicrosoft Windowsのネイティブ体験にできるだけ近づけるよう努めました。これによりIT管理者はUbuntuデスクトップの管理で長年蓄積してきた知識とツールを再利用できます。

Active Directory管理用テンプレート

Windowsクライアントと同様、ADに管理できる機能を伝える第一歩は管理用テンプレートのインポートです。Canonicalは、各言語専用の.admlファイルと言語を問わない.admxの選択肢を提供しています。

管理用テンプレートは、Windowsドメインコントローラーのsysvolフォルダにあるセントラルストアにインポートする必要があります。セントラルストアとは、グループポリシーツールがデフォルトでチェックするファイルの保存場所であり、すべてのドメインコントローラーに複製されます。セントラルストアの作成と管理について詳しくは、Microsoftが提供する豊富なドキュメンテーションをご覧ください。

デバイスがドメインに追加されると、ADsysはコマンドラインインターフェイスを表示し、実行するディストリビューションに対応するテンプレートをダウンロードが可能になります。管理用テンプレートは各種のデータタイプをサポートし、管理コンソールは修正しようとするプロパティ(ブール値、リストなど)に応じてUIを変更します。

Canonicalは今後も、Ubuntuの最新バージョンと互換性のあるツール/リリース更新済みのテンプレートをサポートします。提供されているテンプレートについては、プロジェクトGithubのページの関連セクションをご覧ください。

グループポリシーオブジェクトの使用

Active Directory管理センター

グループポリシーオブジェクトは、任意のdconf設定の変更に使用できます。使用状況と顧客需要により、将来的に他のポリシーマネージャーとの互換性も追加できます。

Windowsと同様、Canonicalはユーザーポリシーとコンピューターポリシーの両方を提供します。これにはActive DirectoryのUbuntu管理用テンプレートからアクセスしてください。GPOルールには、従来どおり有効無効未構成の状態があり、その優先順位はデフォルトのActive Directory構造と同じです(すなわちマシンポリシーがユーザーポリシーより優先)。

以下についてはWindowsと同じGPOが適用されます。

  • 起動時にコンピューターポリシー
  • ログイン時にユーザーポリシー
  • 接続中のアクティブなクライアントについては設定可能な間隔で(デフォルトは標準90分に設定)

この設定はクライアント上の該当ユーザーに適用され、ローカルマシン管理者のみが上書き可能です。

SSSDとセキュリティポリシー

ADsysがSSSDに代わるのではなく補足することは重要です。SSSDによって現在管理または部分的にサポートされているActive Directoryセキュリティポリシーは、ADsysにコピーされません。

SSSDは18.04以降のUbuntuのすべてのバージョンに含まれます。詳細はCanonicalのドキュメンテーションまたはアップストリームプロジェクトのページをご覧ください。

その他のリソースと新しい機能の利用方法

このブログ記事に記載されている機能は、すべてのUbuntuユーザーに無償で提供されていますが、権限の管理とリモートスクリプトの実行にはUbuntu Advantageのサブスクリプションが必要です。Ubuntu SSOアカウントを使用すれば、個人向けの無償ライセンスも取得できます。ADSysは、20.04.2 LTS以降のUbuntuでサポートされ、Windows Server 2019でテスト済みです。

CanonicalはこのほどActive Directory統合ホワイトペーパーを更新し、新しい機能を最大限に活用していただくための実用的な手順を追加しました。ADsysの仕組みについて詳しくは、Githubの該当ページまたは製品説明書をご参照ください。

Ubuntu Desktop、Ubuntu Advantage、または最新のActive Directory統合機能の詳細は、お問い合わせの上、アドバイザーにニーズをお聞かせください。

今すぐ見る
ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

[ウェブセミナー] Ubuntu 22.04の新しいActive Directory統合機能

今回のトークについて Active Directory(AD)は、中規模から大規模の企業における最も一般的なユーザー/エンドポイントID管理システムです。UbuntuはAD統合機能をかなり前からサポートしていましたが、その機能はユーザー認証に限られ、Groups Policy Objectsやスクリプトなどの高度な機能は含まれませんでした。 ウェビナーを見る Ubuntu Desktop 22.04では、システム管理者の要望に応え、画期的なクライアントとしてADsysを導入しました。これには次の機能があります。 OSにネイティブに組み込んだグループポリシーオブジェクト(GPO)の全面サポート 特権アカウントとしてタスクを実行するための特権管理機能 ログオン、ログオフ、起動 […]

Canonical、Ubuntu 22.10 Kinetic Kuduを公開

IoT開発者や企業IT管理者をサポートする暫定リリース Ubuntu 22.10は本日よりhttps://ubuntu.com/downloadからダウンロードしてインストールできます。 コードネーム「Kinetic Kudu」の暫定リリースは、企業環境の開発者やIT管理者を想定して改善されています。IoTエコシステムを重視した最新のツールチェーンやアプリケーションも含みます。 CanonicalのCEOを務めるMark Shuttleworthは次のように述べています。「コネクテッドデバイスは革新の盛んな分野ですが、家庭やビジネスに新しいデジタルリスクももたらします。今回のリリースでは、新世代のIoTの使いやすさとセキュリティを重視し、Ubuntu 22.10を使用した […]

2022年クラウド価格レポート

クラウドインフラストラクチャの選択におけるクラウド価格の影響 さまざまなクラウドプラットフォームのコストの見積もりや比較は、決して簡単ではありません。パブリッククラウドプロバイダーはリソース単価の形でサービスの定価を提示しますが、プライベートクラウドの分野で同じことをするのは至難の業です。リソース単価が明確でも総所有コスト(TCO)の完全な把握にはなりません。多くの企業は、あらゆる種類のクラウドリソースの需要を自社で計算できないからです。この結果、大手クラウドプロバイダーはTCO計算機能を用意し、顧客によるコストの見積もりやデータに基づいた決定をサポートしています。 本レポートは3部構成です。まず、2022年7月時点の大手パブリック/プライベートクラウドプロバイダーのクラ […]


© 2023 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。