Canonical、NVIDIA Jetson Orin向けのUbuntuおよびROSのリリースで

by Canonical on 26 December 2023

Canonical、NVIDIA Jetson Orin向けのUbuntuおよびROSのリリースで、安定したロボティクス/AI開発を実現

ソフトウェアとハードウェアの連携は、ロボティクスと人工知能(AI)の進歩において極めて重要です。CanonicalとNVIDIAのコラボレーションは、ソフトウェアとハードウェアの相乗効果を生み出します。そしてNVIDIA Jetson OrinハードウェアのユーザーにUbuntuの汎用性と安定性を約束します。

この記事では、コラボレーションの成果としてNVIDIA Jetson Orinファミリー、最近発表されたIsaac ROS、そして早期アクセスパートナーを対象としたNVIDIA Jetson Orinベースのシステムに最適化したUbuntuイメージについて解説します。

NVIDIA Jetson Orin上のUbuntuとROS

最適化されたUbuntuカーネルとユーザー空間がNVIDIA Jetson Orinで利用可能になることは、ロボティクスとAIの分野において極めて重要です。Ubuntuは約10年前から、ROSを使用したソリューションの開発に多く使用されてきました。最先端のAI/ロボティクスプラットフォームであるNVIDIA Jetsonは、まもなくUbuntuの適応性と開発環境を利用できるようになります。NVIDIA JetPackはしばらく前からUbuntuのパッケージをベースとして構築されていますが、カーネルのセキュリティ更新、Ubuntu認定、実環境のデプロイに対するサポートはありませんでした。

まもなくNVIDIA Jetson Orinモジュールの全ラインナップがUbuntuでサポートされ、Ubuntu 22.04では長期サポート(LTS)とセキュリティパッチが提供されます。Canonicalは、堅牢性と安定性を確保するため、CVEのパッチ適用を含むカーネルの定期的な更新の回帰テストと検証に取り組んでいます。カーネルとオペレーティングシステムを常に最新の状態に保つことで、巧妙化する攻撃から実環境を守ることができます。

ロボット技術者(ファンと企業の両方を含む)の視点から見ると、今回の統合は単にUbuntuをNVIDIAプラットフォームで実行できるというだけではありません。ROSの豊かなエコシステムが最適化され、NVIDIAがコミュニティに提供するハードウェアアクセラレーションを利用できることでもあります。これによりロボット技術者は、実世界のシナリオで最高のパフォーマンスと効率を得られます。

開発者は、ROSに最適化された検証済みのオペレーティングシステムを使用することで、実際のアプリケーションの開発に集中できます。

ROSコミュニティにとってIsaac ROSが一段と進歩

NVIDIA Isaacロボティクスプラットフォームは、ロボティクスにおけるAIの進歩を目的として設計されています。最新のIsaac ROSアップデートにより、ROS開発者はNVIDIAのAI認識機能を活用しやすくなりました。また、Isaac Simの最新リリースには、実世界に導入する前に、仮想世界でAIロボットを容易に開発、テスト、トレーニングできる新機能が揃っています。

NVIDIAのロボティクスソフトウェアフレームワークであるIsaac ROSは、最初の一般提供(GA)リリースで実稼働品質のツールへと成長し、NVIDIA Jetson Orinで使用できるようになりました。中でも際立った特徴が、ROS 2 Humbleパッケージの明確なサポートです。NVIDIAはビルドファームを確立し、Jetson向けにROS 2 Humbleパッケージをコンパイルします。これにより、ソースからコンパイルする手間が省け、開発が合理化されます。

さらに重要な利点は、Isaac ROSからROS 1への最適なブリッジがあることです。これにより、ROSアプリケーションでIsaac ROSの強力な機能を使用することができ、ROSバージョン間の切り替えが容易になります。バージョン間のギャップへの対処を重視している点は、Stereolabs ZEDカメラの統合によってさらに強調されています。

最後に、Isaac ROSツールキットの注目すべき追加機能はCenterpose 3Dポーズ推定DNNです。NVIDIA Isaac Transport for ROS(NITROS)アクセラレーションにより、オブジェクトの3Dポーズを推定する際の処理速度と精度が向上することは、正確なオブジェクトの向きと位置決めを必要とするロボティクスアプリケーションの開発者にとって大きな利点です。

NVIDIA Jetson Orinに最適化したUbuntuイメージへの早期アクセス

Xavier世代までのJetsonには認定済みのUbuntuソリューションがありませんでした。Jetson Orinファミリーにはあります。今年の初めに、NVIDIAとCanonicalは、NVIDIA IGX OrinとDRIVEプラットフォームの認定に向けた協力体制を発表しました

これは幅広いJetson Orinファミリーに利点をもたらし、NVIDIA Jetson AGX Orin専用のUbuntuイメージが今四半期後半に早期アクセスパートナーに提供されます。

このような新しいUbuntuイメージは、さらにハイエンドの産業用/車載用カーネルと同じく、NVIDIAに最適化したカーネルを利用しています。今後もNVIDIAユーザー空間のコンテンツがUbuntuに統合され、これらのイメージは将来のカスタマーソリューションの基盤となるでしょう。Orin NanoやOrin NXなど、より広範なJetson Orinファミリーに対するUbuntuサポートにも対応し、個別のユースケースとニーズに基づいた選択肢を提供します。

Canonicalが提供するNVIDIA Jetson AGX Orin開発キット用の早期Ubuntuイメージをご希望の方は、お問い合わせください

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

UbuntuとNVIDIA AI WorkbenchでAI開発を加速

CanonicalはNVIDIA AI Workbenchを通じてNVIDIAとのコラボレーションを拡大します。NVIDIA AI Workbenchはワークステーション、データセンター、クラウドデプロイメントすべてでサポートされます。 NVIDIA AI Workbenchという使いやすいツールキットにより、開発者は各自のPCまたはワークステーションでAIや機械学習のモデルを作成、テスト、カスタマイズした後、データセンターやパブリッククラウドに展開できます。インタラクティブな開発ワークフローが簡素化され、初心者にも専門家にも厄介な技術的作業が自動化されます。AIとMLの共同開発が、あらゆるプラットフォームでスキルレベルを問わず可能になりました。 データサイエンス、人工知 […]

Ubuntu 24.04 LTSのセキュリティの新機能

新しいUbuntu 24.04 LTSリリースであるNoble Numbatは、優れた新機能を備えています。Ubuntuの他のリリースと同様、Ubuntu 24.04 LTSにもメインリポジトリの5年間の無償セキュリティメンテナンスが付属します。サポートはさらに5年間延長でき、Ubuntu Proを購入するとUniverseリポジトリも含めることができます。大きなアップグレードなしにシステムのセキュリティを維持したい組織は、Legacy Supportアドオンでサポートを10年以上に延長することもできます。Ubuntu ProとLegacy Supportによるセキュリティ強化も併せ、Ubuntu 24.04 LTSは、リスクの大きい環境でアプリケーションやサービスを開発 […]

CanonicalがUbuntu Core 24を発表

Ubuntu Core(改変不可)が、IoTデバイスメーカー向けの新しい工場インストールシステム、AIoT対応のGPUサポート、LandscapeとMicrosoft Azure IoT Edgeによるデバイス管理統合機能を導入。 ロンドン、2024年6月4日 Canonicalは本日、12年間の長期サポート(LTS)を保証したUbuntu Core 24の一般提供を発表しました。Ubuntuの改変不可フレーバーであるUbuntu Core 24は、すべてのシステムコンポーネントとシステム自体をコンテナ群にまとめ、カーネルによる厳密な隔離、高度なマネージドコンポーネント統合、信頼性の高いOTA更新、フェイルセーフロールバックにより、インテリジェントなエッジ/IoTアプリケ […]