CanonicalとNVIDIA AI EnterpriseがAIアプリケーション開発をさらに高速化

by Canonical on 24 November 2023

Ubuntu KVMのサポートがNVIDIA AI Enterpriseに対応

Canonicalは、NVIDIAとのコラボレーションを拡大し、本日から一般提供を開始するNVIDIA AI Enterprise 4.0Ubuntu KVM Hypervisorのサポートを加えました。UbuntuでGPU仮想化を使用している組織は、新しいNVIDIA AI Enterpriseライセンスにスムーズに移行が可能です。

NVIDIA AI Enterprise 4.0

NVIDIA AI Enterprise 4.0はワークステーション、データセンター、クラウドデプロイメント全体でサポートされるようになりました。以下のような更新があります。

  • NVIDIA NeMo:生成AIモデルの構築、カスタマイズ、デプロイ
  • 生成AIの利用を加速する2つの新しいAIワークフロー
  • 効率的なNVIDIA Triton管理サービスで大規模なデプロイメントを自動化
  • エンタープライズレベルのサポート

NVIDIA AI Enterpriseは、AIアプリケーションの開発とデプロイのためのエンドツーエンドの安全なクラウドネイティブソフトウェアプラットフォームを提供し、組織が運用効率を高めながら新たな課題を解決できるよう支援します。新しいNVIDIA Triton管理サービスは、モデルのデプロイメントを合理化して効率的に管理します。NeMoは複雑な大規模言語モデルの構築、カスタマイズ、デプロイメントを可能にし、企業が生成AIを導入するための簡単で費用効果が高く、迅速な方法を提供します。

Ubuntu KVMNVIDIA Enterprise 4.0

UbuntuでNVIDIAのフレームワークやワークフローを幅広く活用しているデータサイエンティストや開発者は、単一のプラットフォームで最新世代のNVIDIA GPUを使用し、AIアプリケーションを短時間で開発できるようになりました。Ubuntu KVMでGPU仮想化をサポートすることで、組織は既存のオンプレミスまたはクラウドのインフラストラクチャを利用して同じモデルを迅速にデプロイし、AIワークロードを実行できます。

図:Ubuntu KVMとNVIDIA AI Enterprise 4.0

GPU仮想化は、複数の仮想マシン(VM)で1つのGPUを共有する重要なツールです。GPU仮想化はGPUリソースの使用率を上げるだけでなく、大幅にコストを削減し、IT予算全体に影響を与えます。NVIDIAの仮想GPU(vGPU)ソリューションは従来からUbuntu KVMでサポートされていました。CanonicalとNVIDIAは、パフォーマンスへの影響を最小限に抑えながらNVIDIA AI Enterprise ContainerとVMへのGPUパススルーを可能にするNVIDIAの仮想化ソリューションの検証を完了しました。お客様やユーザーは新しいNVIDIA AI Enterpriseライセンスサーバーを指定すれば、中断なく使用を継続できます。

NVIDIA AI EnterpriseをUbuntu KVMと組み合わせて使用することにより、企業は複数のマルチクラウドやハイブリッドクラウドにわたってデプロイメントを拡張できます。

セキュリティとサポート ディープラーニングスタック全体に対応

Ubuntuは大多数のAI開発者にとって第一候補のオープンソースオペレーティングシステムです。Canonicalは、最適化された安全なオペレーティングシステムを通じてNVIDIAの革新を支援できることを誇りに思います。NVIDIAのお客様は、NVIDIA AI Enterprise 4.0を通じてオペレーティングシステム以外にも及ぶCanonicalのセキュリティ保証に自動的にアクセスし、NVIDIAコンテナ内のオープンソースコンテンツのセキュリティを確保安全性を維持することができます。NVIDIA AI Enterpriseにより、最新AI技術の導入を計画している組織はNVIDIAからエンタープライズレベルのサポートを受けられます。さらに、KubernetesやKubeflowなどの人気の高いアップストリームプロジェクトを含め、オープンソースインフラストラクチャソフトウェアについてCanonicalからサポートを受けることもできます。

これらのソリューションについて、CanonicalのAI/MLプリンシパルであるMaciej Mazurは次のように述べています。「NVIDIA AI EnterpriseとUbuntu KVMの認定により、NVIDIAの最新のLLM(大規模言語モデル)をトレーニングするためのコンテナと、Canonicalのインフラストラクチャソフトウェアに対するエンタープライズレベルのサポートという、エンドツーエンドのソリューションに必要なすべての要素をお客様に提供します。

始めるのは簡単(そして無料)。必要に応じてCanonicalの専門家がお手伝いいたしますのでご安心ください。

NVIDIA AI EnterpriseCanonicalのオープンソースソリューションを使い始める

お問い合わせ

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

Canonical社が提供する「Ubuntu Pro for Devices」に基づく新事業を展開 ~パートナーと連携した新しい事業を立ち上げ~

株式会社アイ・オー・データ機器(本社:石川県金沢市、代表取締役会長:細野 昭雄、以下、アイ・オー・データ)は、Canonical Group, Ltd.(本社:英国ロンドン、CEO:Mark Shuttleworth、以下:Canonical社)とLinux OS 「Ubuntu」のライセンス契約を合意し、Canonical社が提供する「Ubuntu Pro for Devices」プログラムに基づき、Ubuntuを活用した新事業や新商品を展開することを発表いたします。 ビジネス概要 アイ・オー・データはLinux OS 「Ubuntu」搭載デバイスをより広く、手軽に使っていただくため、Canonicalの「Ubuntu Pro for Devices」プログラムに基づい […]

Ubuntu 24.04 LTSのセキュリティの新機能

新しいUbuntu 24.04 LTSリリースであるNoble Numbatは、優れた新機能を備えています。Ubuntuの他のリリースと同様、Ubuntu 24.04 LTSにもメインリポジトリの5年間の無償セキュリティメンテナンスが付属します。サポートはさらに5年間延長でき、Ubuntu Proを購入するとUniverseリポジトリも含めることができます。大きなアップグレードなしにシステムのセキュリティを維持したい組織は、Legacy Supportアドオンでサポートを10年以上に延長することもできます。Ubuntu ProとLegacy Supportによるセキュリティ強化も併せ、Ubuntu 24.04 LTSは、リスクの大きい環境でアプリケーションやサービスを開発 […]

日本最大の “AWS を学ぶイベント”AWS Summit Japan登録開始!

Canonical @AWS Summit Japan 2024 Canonicalの招待コードを添えて登録ください! https://aws.amazon.com/jp/summits/japan/招待コード: SPC9461572 毎年 延べ 30,000 人が参加する、日本最大の “AWS を学ぶイベント” AWS Summit Japan が 6月 20 日(木)、21 日(金)の二日間に渡り開催されます。AWS Summit は、クラウドコンピューティングコミュニティが一堂に会して、アマゾン ウェブ サービス (AWS) に関して学習し、ベストプラクティスの共有や情報交換ができる、クラウドでイノベーションを起こすことに興味がある全ての皆様のためのイベントです。基 […]