Ubuntu LTSへの移行:CentOSユーザー向けの6つの事実

by jiashiuan on 17 February 2022

原典:https://ubuntu.com/blog/migrating-to-ubuntu-lts-six-facts-for-centos-users

他のLinuxプラットフォーム(CentOSなど)からUbuntuへの移行を検討中ですか?

Ubuntuは、パブリッククラウド、データセンター、エッジで最も一般的に使用されているLinuxディストリビューションです。Ubuntuは誕生以来、着実に市場シェアを伸ばし、今日では50%近くに達しています

Ubuntuがこれほどの人気を博した理由は何でしょうか?

私たちの考えを以下に説明します。

事実1:開発者はUbuntuを好む

2020年のHackerEarthによる開発者への調査によれば、経験を積んだ開発者の66%、学生の69%が他のLinuxディストリビューションよりもUbuntuを選んでいます。これは、Ubuntuが最新のオープンソースソフトウェアを最も多く提供するためです。

たとえば、Ubuntu 20.04 LTSにはPython、Ruby、Go、Java、Apache、Nginx、PostgreSQL、MySQL、Node.js、PHPなど30,000を超えるオープンソースパッケージが付属しています。この理由からUbuntuは、Linuxディストリビューションの中でも圧倒的に多く使用されています。2番目はCentOSで現場のプロフェッショナルの11%に選ばれています。

事実2:Ubuntu LTSは予測可能性、安定性、セキュリティを備えている

UbuntuのLTS(Long Term Support、長期サポート対象)バージョンは2年ごとにリリースされ、すべてのLTSリリースはセキュリティ保守を5年間無償で受けられます(さらに10年まで延長可能)。Ubuntuユーザーのセキュリティを保護するため、Ubuntuセキュリティチームは数千ものセキュリティパッチを適用します。たとえばUbuntu 16.04 LTSでは2016年4月以降、5,000を超えるCVE(Common Vulnerabilities and Exposures、一般的な脆弱性と露出)に対応するパッチが無償で提供されました。

さらに、このチームは非常に迅速に対応を行い、悪意の第三者が脆弱性を悪用する猶予を与えません。重大なCVEは平均で24時間以内にパッチで対策されます。最新リリースのUbuntu 20.04 LTSでは、すべてのユーザーが2025年まで、セキュリティ更新と、数千もの精選されたオープンソースのアプリケーションに無償でアクセスできます。

事実3:Ubuntuには必須サブスクリプションが存在しない

Ubuntuは無料でダウンロードして利用できます。Ubuntuの各インスタンスは、Ubuntu Advantage(UA)が付属しているかどうかにかかわらず、同じビットです。UAはオプションのマシン単位のサブスクリプションで、拡張コンプライアンス拡張セキュリティ24時間年中無休のエンタープライズ級のサポートが受けられます。

結果として、Ubuntuマシンが開発用に使用されるか、本番環境のワークロードを実行するかにかかわらず、ユーザーは一貫した環境の恩恵を受けられます。

事実4:Ubuntu LTSは、透過的なマシン単位の料金でエンタープライズ級のサポートを受けられる

Ubuntuは最も投資対効果の高いオープンソースのプラットフォームであり、全世界で数百万人に利用されています。またUbuntuへの移行時には、専門家によるエンタープライズサポートチームの支援を受けられます。FIPS 140-2認定済み暗号、DISA/STIGおよびCIDの強化、カーネルライブパッチなど、各コンプライアンス固有のモジュールを利用し、アップタイムとセキュリティを改善できます。

事実5:Ubuntuはマルチクラウド環境を実現する

Ubuntuはどこでも同様に動作します。ワークステーション、データセンター、エッジ、クラウドのどこでも同じ環境が得られます。特にパブリッククラウドでは、シームレスな統合のレイヤーと、多くのカーネルレベル、クラウド固有の最適化により、常に同一の優れたUbuntu環境を実現します。

さらにUbuntu Proでは、ユーザーが10年間のセキュリティ保守、強化機能の搭載、FIPS暗号モジュール、AzureAWSでのクラウドネイティブの従量課金モデルの恩恵を受けられます。

事実6:Ubuntuは大規模なインフラストラクチャを駆動できる

Ubuntuはインフラストラクチャスタックの心臓部です。OpenStackプライベートクラウド、Kubernetes、HPC(High Performance Computing)、ビッグデータなどの大規模なインフラストラクチャを構築するときに選択されるプラットフォームです。この種のプロジェクトにUbuntuが広く採用されるのは、安定性、相互運用性、セキュリティ、明快なユーザー環境を持ち合わせているためです。

またUbuntuは全世界の科学者にも使用され、データ分析用の各種のプラットフォームを動かしています。ブラックホールの最初の画像を覚えていますか?その画像が何で作成されたと思いますか?

天文学者はUbuntuを使用して最初のブラックホールの画像を作成しました
出典:Will Cooke、Twitterより

結論

開発、イノベーション、実運用ワークロードのプラットフォームとして、多数の開発者や企業がUbuntuを選択しています。

その仲間に加わりましょう。

Ubuntuチームに問い合わせる >

金融サービス企業でCentOSからエンタープライズグレードのオープンソースLinuxプラットフォームへの移行を評価中の方は、Ubuntuへの移行を積極的に考えている他の皆様とともに、Canonicalが長期サポートを提供する信頼性、セキュリティ、サポートを備えたLinuxプラットフォームをぜひ安心してお選びください。

CentOSの後継を評価中ですか?

お問い合わせ


ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

2022年クラウド価格レポート

クラウドインフラストラクチャの選択におけるクラウド価格の影響 さまざまなクラウドプラットフォームのコストの見積もりや比較は、決して簡単ではありません。パブリッククラウドプロバイダーはリソース単価の形でサービスの定価を提示しますが、プライベートクラウドの分野で同じことをするのは至難の業です。リソース単価が明確でも総所有コスト(TCO)の完全な把握にはなりません。多くの企業は、あらゆる種類のクラウドリソースの需要を自社で計算できないからです。この結果、大手クラウドプロバイダーはTCO計算機能を用意し、顧客によるコストの見積もりやデータに基づいた決定をサポートしています。 本レポートは3部構成です。まず、2022年7月時点の大手パブリック/プライベートクラウドプロバイダーのクラ […]

ハイブリッドクラウドのインフラストラクチャを最新化するためのプレイブック

CTO(最高技術責任者)向けの利用事例と戦略的ガイダンス パブリッククラウドは前例のないスピードでデジタルトランスフォーメーション を実現しました。しかし、拡張性に対するニーズが増えると、その長期的な運用 コストは厳しいものになります。ハイブリッドクラウドは、運用面の支出の抑制 や厳密な管理を可能にするプライベートインフラストラクチャと、簡単に拡張で きるパブリッククラウドという2つの環境の両方からメリットを得るための代替策 として浮かび上がりました。 ハイブリッドクラウドアーキテクチャの採用を検討している組織や企業は、プライベートクラウドベンダーの選択肢や、アプリケーションの設計と開発に対する影響、ワークロードの調整、長期メンテナンスについて慎重に考える必要があります。 […]

VMwareからオープンソースへ:何を検討すべき?

前回のブログ「VMwareに代わる選択肢:オープンソース」では、VMwareに代わるものとして、なぜオープンソースのインフラストラクチャを検討すべきかを説明しました。ウェビナーでもこのトピックを扱ったところ、視聴者から多くの質問をいただき、さらに議論を深める必要性を感じています。ここでは、VMwareからUbuntuベースのオープンソースインフラストラクチャに移行する際の最も重要な検討事項をご紹介します。 自分の環境に最適な選択肢は? VMwareベースのインフラストラクチャを運用している方は、おそらくさまざまなVMware製品をお使いでしょう。VMwareには、最も一般的なvSphereのほかにも幅広いツールがあり、ストレージ、ネットワーキング、オーケストレーション、オ […]


© 2023 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。