Ubuntu LTSへの移行:CentOSユーザー向けの6つの事実

by jiashiuan on 17 February 2022

原典:https://ubuntu.com/blog/migrating-to-ubuntu-lts-six-facts-for-centos-users

他のLinuxプラットフォーム(CentOSなど)からUbuntuへの移行を検討中ですか?

Ubuntuは、パブリッククラウド、データセンター、エッジで最も一般的に使用されているLinuxディストリビューションです。Ubuntuは誕生以来、着実に市場シェアを伸ばし、今日では50%近くに達しています

Ubuntuがこれほどの人気を博した理由は何でしょうか?

私たちの考えを以下に説明します。

事実1:開発者はUbuntuを好む

2020年のHackerEarthによる開発者への調査によれば、経験を積んだ開発者の66%、学生の69%が他のLinuxディストリビューションよりもUbuntuを選んでいます。これは、Ubuntuが最新のオープンソースソフトウェアを最も多く提供するためです。

たとえば、Ubuntu 20.04 LTSにはPython、Ruby、Go、Java、Apache、Nginx、PostgreSQL、MySQL、Node.js、PHPなど30,000を超えるオープンソースパッケージが付属しています。この理由からUbuntuは、Linuxディストリビューションの中でも圧倒的に多く使用されています。2番目はCentOSで現場のプロフェッショナルの11%に選ばれています。

事実2:Ubuntu LTSは予測可能性、安定性、セキュリティを備えている

UbuntuのLTS(Long Term Support、長期サポート対象)バージョンは2年ごとにリリースされ、すべてのLTSリリースはセキュリティ保守を5年間無償で受けられます(さらに10年まで延長可能)。Ubuntuユーザーのセキュリティを保護するため、Ubuntuセキュリティチームは数千ものセキュリティパッチを適用します。たとえばUbuntu 16.04 LTSでは2016年4月以降、5,000を超えるCVE(Common Vulnerabilities and Exposures、一般的な脆弱性と露出)に対応するパッチが無償で提供されました。

さらに、このチームは非常に迅速に対応を行い、悪意の第三者が脆弱性を悪用する猶予を与えません。重大なCVEは平均で24時間以内にパッチで対策されます。最新リリースのUbuntu 20.04 LTSでは、すべてのユーザーが2025年まで、セキュリティ更新と、数千もの精選されたオープンソースのアプリケーションに無償でアクセスできます。

事実3:Ubuntuには必須サブスクリプションが存在しない

Ubuntuは無料でダウンロードして利用できます。Ubuntuの各インスタンスは、Ubuntu Advantage(UA)が付属しているかどうかにかかわらず、同じビットです。UAはオプションのマシン単位のサブスクリプションで、拡張コンプライアンス拡張セキュリティ24時間年中無休のエンタープライズ級のサポートが受けられます。

結果として、Ubuntuマシンが開発用に使用されるか、本番環境のワークロードを実行するかにかかわらず、ユーザーは一貫した環境の恩恵を受けられます。

事実4:Ubuntu LTSは、透過的なマシン単位の料金でエンタープライズ級のサポートを受けられる

Ubuntuは最も投資対効果の高いオープンソースのプラットフォームであり、全世界で数百万人に利用されています。またUbuntuへの移行時には、専門家によるエンタープライズサポートチームの支援を受けられます。FIPS 140-2認定済み暗号、DISA/STIGおよびCIDの強化、カーネルライブパッチなど、各コンプライアンス固有のモジュールを利用し、アップタイムとセキュリティを改善できます。

事実5:Ubuntuはマルチクラウド環境を実現する

Ubuntuはどこでも同様に動作します。ワークステーション、データセンター、エッジ、クラウドのどこでも同じ環境が得られます。特にパブリッククラウドでは、シームレスな統合のレイヤーと、多くのカーネルレベル、クラウド固有の最適化により、常に同一の優れたUbuntu環境を実現します。

さらにUbuntu Proでは、ユーザーが10年間のセキュリティ保守、強化機能の搭載、FIPS暗号モジュール、AzureAWSでのクラウドネイティブの従量課金モデルの恩恵を受けられます。

事実6:Ubuntuは大規模なインフラストラクチャを駆動できる

Ubuntuはインフラストラクチャスタックの心臓部です。OpenStackプライベートクラウド、Kubernetes、HPC(High Performance Computing)、ビッグデータなどの大規模なインフラストラクチャを構築するときに選択されるプラットフォームです。この種のプロジェクトにUbuntuが広く採用されるのは、安定性、相互運用性、セキュリティ、明快なユーザー環境を持ち合わせているためです。

またUbuntuは全世界の科学者にも使用され、データ分析用の各種のプラットフォームを動かしています。ブラックホールの最初の画像を覚えていますか?その画像が何で作成されたと思いますか?

天文学者はUbuntuを使用して最初のブラックホールの画像を作成しました
出典:Will Cooke、Twitterより

結論

開発、イノベーション、実運用ワークロードのプラットフォームとして、多数の開発者や企業がUbuntuを選択しています。

その仲間に加わりましょう。

Ubuntuチームに問い合わせる >

金融サービス企業でCentOSからエンタープライズグレードのオープンソースLinuxプラットフォームへの移行を評価中の方は、Ubuntuへの移行を積極的に考えている他の皆様とともに、Canonicalが長期サポートを提供する信頼性、セキュリティ、サポートを備えたLinuxプラットフォームをぜひ安心してお選びください。

CentOSの後継を評価中ですか?

お問い合わせ


ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

2022年のOpenStackの課題

2022年明けましておめでとうございます!花火は終わり、シャンパンも底をつきました。仕事に戻らなければなりません。でも皆さんに再び会えるのはうれしいことです。2021年はOpenStackにもUbuntuユーザーにも良い年でした。 何よりもOpenStackのデプロイメントにおいてUbuntuが人気ナンバーワンのオペレーティングシステム(OS)になりました。次にOpen Infrastructure Foundation(OIF)が本番環境のOpenStackクラウド数の飛躍的な増加を報告しました。利用者が増え、最も便利なプラットフォームが決まったことになります。 しかし2022年には多くの組織が遅かれ早かれ、同じ課題に直面すると思われます。どんな課題なのか、続きをお読み […]

Ubuntu 22.04 LTS – 世界で最も広く使用されているLinuxデスクトップの新機能

原典:https://ubuntu.com/blog/ubuntu-22-04-lts-whats-new-linux-desktop Ubuntu 22.04 LTSでは、Ubuntu Desktopの人気機能すべてがさらに拡充されています。機能とカスタマイズオプションが増え、パフォーマンスと電力効率が向上し、御社の既存のエンタープライズ管理ツールとより多くの方法で統合可能となりました。5年間の更新とセキュリテイパッチを含むLTSコミットメントも併せ、この最新バージョンのLinux Desktopは、2022年以降、開発者やクリエイターに必要なものすべてを提供します。 過去2年間にわたって当社のFocal Fossaを使用してきたお客様にとって、この最新リリースは重大な […]

AdvantechとCanonical、エッジコンピューティングアプリケーション向けUbuntuプリロード済み組み込みソリューションで提携

2022年3月2日 – 組み込みIoTソリューションの大手プロバイダであるAdvantechは、Ubuntuをプリロードして認定済みの組み込みボードおよびシステムを多様なエッジコンピューティングアプリケーションに提供するため、Canonicalと提携しました。UbuntuのパブリッシャーであるCanonicalは、Advantechの製品を認定することで、AIロボティクス、工業用製造、ミッションクリティカルなアプリケーションの各分野のユーザーに対して、Linuxのセキュリティと更新が最長10年まで行えることを保証します。 すぐに展開できるUbuntu認定済みAIoTデバイスで製品化期間を短縮 AdvantechとCanonicalは協力し、Ubuntu認定済みで、購入して […]


© 2022 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。