Ubuntu ProベースのMicrosoft SQL ServerインスタンスがAzureで使用可能に

by Canonical on 16 November 2021

2021111日:Canonicalは本日、Microsoft AzureでのMicrosoft SQL ServerとUbuntu ProについてMicrosoftとのサポートを発表しました。

Canonicalは、Ubuntu Pro 20.04 LTSオペレーティングシステムをベースとした高性能でフルサポートのSQL Server向けソリューションを市場に提供するためにMicrosoftと協力してきました。Microsoft Azureの利用者はSQL Server 2017またはSQL Server 2019(Web、Standard、Enterpriseの各エディション)のフルサポートインスタンスをUbuntu Pro 18.04 LTSおよびUbuntu Pro 20.04 LTSの両方で使用できます。SQL Server on Ubuntu Pro Azure」ソリューションは、エンタープライズデータ管理において非常に費用対効果の高い選択肢です。

CanonicalのCloud Alliances部門担当副社長であるAlex Gallagherは次のように述べています。「お客様は、エンタープライズグレードの、非常に要求の厳しいビジネスクリティカルデータワークロードをUbuntu上で運用することを求めています。Ubuntu ProベースのMicrosoft SQL ServerとAzureはこのニーズに完全に対応しています。このソリューションは、当社とMicrosoftのこれまでのコラボレーションの延長線上にあります。」

Ubuntu ProベースのSQL Serverは、基盤となっているNVMe SSDストレージメディアとの信頼性の高い同期のためにXFSファイルシステムとダイレクトI/Oおよび強制ユニットアクセス(FUA)を使用しています。さらに、可能であればSQL Serverは永続メモリ(PMEM)も使用します。Ubuntu Pro 20.04 LTSベースのSQL Serverは、CorosyncおよびPacemakerとAzure専用フェンシングエージェントを通じて高可用性のシナリオをサポートしています。

Ubuntu Proでは、お客様は最長10年間のメンテナンス更新を入手できます。また、Ubuntu ProはFIPSやCommon Criteria EAL2構成向けの公式認定済みコンポーネントが含まれ、FedRAMP、HIPAA、PCI、ISOといったコンプライアンスシナリオをサポートしています。CISベンチマークの適用と監査のためのオートメーションの強化が統合されており、お客様はセキュリティ強化コンピューティングプロファイルに対して簡単に業界標準のベンチマークを実現できます。カーネルLivepatchによって、Ubuntu Proのシステムはシステムの再起動を求めることなく定期的なカーネルの更新を即座に受信します。さらに、Ubuntu Proはオープンソースアプリケーションに対する10年間のセキュリティ保証延長を追加しています。

お客様は、セキュリティ更新やCanonicalとMicrosoftからの共同技術サポートなど、ソリューション全体に対するサポートを受けることができます。お客様には、Microsoft Azure Marketplaceから対応の仮想マシンイメージにアクセスしていただけます。Ubuntu ProベースのSQL Serverは、費用対効果の高いフルサポートのRDBMSという新しい選択肢を提供します。これは高パフォーマンスで高トランザクションワークロードに最適です。フルサポート付きのため、Ubuntu Proをスムーズに採用したい既存のSQL Serverユーザーにも適しています。

Canonicalについて

Canonicalは「Ubuntu」を提供する企業です。Ubuntuは、ほとんどのパブリッククラウドのワークロードに使われているOSであり、スマートゲートウェイ、自動運転車、高度なロボットなどの最先端分野でも使用されています。Canonicalは、Ubuntuの商用ユーザー向けにエンタープライズセキュリティ、サポートおよびサービスを提供しています。Canonicalは2004年に設立された非公開企業です。

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

2022年クラウド価格レポート

クラウドインフラストラクチャの選択におけるクラウド価格の影響 さまざまなクラウドプラットフォームのコストの見積もりや比較は、決して簡単ではありません。パブリッククラウドプロバイダーはリソース単価の形でサービスの定価を提示しますが、プライベートクラウドの分野で同じことをするのは至難の業です。リソース単価が明確でも総所有コスト(TCO)の完全な把握にはなりません。多くの企業は、あらゆる種類のクラウドリソースの需要を自社で計算できないからです。この結果、大手クラウドプロバイダーはTCO計算機能を用意し、顧客によるコストの見積もりやデータに基づいた決定をサポートしています。 本レポートは3部構成です。まず、2022年7月時点の大手パブリック/プライベートクラウドプロバイダーのクラ […]

Open Source MANO TWELVEによるテレコムネットワークの回復と自動拡張

2番目の長期サポート付きOpen Source MANO(OSM)リリースが到着しました。Open Source MANO Release TWELVEは、2年間のサポートとセキュリティパッチを含みます。また、MANO(Management and Network Orchestration)エコシステムに属するVNFベンダーにもシステムインテグレーターにも有利な特長を備えています。ETSI OSM(Open Source MANO)には、複数のクラウドプラットフォームと仮想インフラストラクチャマネージャー(VIM)を統合できます。サービスプロバイダーやオペレーターはOSMプラットフォームを利用し、仮想マシン(VM)またはコンテナ化されたフレームワーク(Kubernete […]

低レイテンシでデータ漏洩のない Apache Kafka サービスのデザイン

Apache Kafkaを使用し、低レイテンシでデータ漏洩のない大規模な実運用向けのサービス環境を設計するのは簡単ではありません。まさに究極のメッセージングシステムと言えます。このブログ記事では、適切なサービスアーキテクチャを構築できるよう、サービス設計における基本的な検討事項を紹介します。 基本から始めましょう。 Apache Kafkaソリューションの基礎サービス 基礎サービスとは、NTP(Network Time Protocol)サービス、DNS(Domain Name Services)、ネットワークルーティング、ファイアウォール、ゾーニングなどを指します。これを準備しない限り、アプリケーションのデプロイを検討することすらできません。皆さんはこう言うでしょう。「 […]


© 2023 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。