Ubuntu & ROSCon JP 2021

by jiashiuan on 16 August 2021

ROSプロジェクトはUbuntuで始まったことをご存じですか?もう10年以上前のことですが、ROSのBox TurtleはUbuntu Hardyで最初にリリースされました。以来、コミュニティとCanonicalはUbuntu上で動作するROSの開発体験向上に努めています。

9月16日はROSCon JPでロボティクスとその革新についてたっぷりご紹介します。ROSの最新情報、コミュニティの目標、他の組織と協力するメリットについてご理解いただけることと思います。

日時:9月16日
会場:東京

ミーティングを予約

ROSCon JP でデモを公開:Canonicalのブースへどうぞ

ROSロボットの市場化を検討中、あるいは工場での作業やデバイス管理に困難を感じていらっしゃいますか?プロトタイプにUbuntuをお使いなら、次の段階もお手伝いさせてください。

Canonicalのブースでは、ホワイトペーパー、製品パンフレット、動画、もちろんデモもご用意しています。ROS用コンテナソリューションや組み込みOSが、全般的なクオリティやセキュリティを優先しつつ、革新的な企業による最終ユーザーへの到達をサポートしていることをご理解いただけるでしょう。

個別のニーズに応じたライブデモを予約し、当社エンジニアとご相談いただくか、ビデオ電話でのご来場をお待ちしております。

ミーティングを予約

ご来場をお待ちしております!

ROSCon JPについて

ROSCon JPは、年齢を問わず、ROSに携わるすべての方のための開発者会議です。職業、性別、所在地に関係なく、ROSに関心をお持ちなら、ぜひROSCon JPへの参加をご検討ください。女性や学生の方々も大歓迎です。参加される方には行動規範を守っていただきますようお願いいたします。

Canonicalについて

Canonicalは「Ubuntu」を提供する企業です。現在、CanonicalのOSはROS 1とROS 2に対応するティア1のオペレーティングシステムであり、パートナーシップも年々成長しています。

また、ROS 2の技術運営委員会メンバーとしてプロジェクトのロードマップ開発をサポートし「て」います。ROS 2のセキュリティグループの議長としても長年の経験を共有しています。

Canonicalのロボティクスチームはコミュニティアップストリームをサポートし、コアとなるROSパッケージにバグ修正や新しい機能を 提供 しています。開発だけでなくROSロボットの導入にも対応するよう、Ubuntuの改善や新しい機能の開発にも取り組んでいます。テスト済みのROSアプリケーション用コンテナから組み込みUbuntu OSのUbuntu Coreまで、Canonicalは企業のセキュリティソリューション、メンテナンス、サポートをお手伝いします。

ROSのメンテナンスを行うOpen RoboticsとともにCanonicalは現在、ROSとUbuntuの専門家による10年間のセキュリティメンテナンスと企業サポート付きの強化ROSを提供しています。Open Roboticsが当社の関与を促進し、未来のロボットのセキュリティを確保するとともに、その開発と運用の作業を容易にすることをうれしく思います。

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

ロボット生産における適切なオペレーティングシステムの選択

Ubuntu Core – オープンソースプロジェクトの基盤 人工知能や機械学習の発展とともに、消費者向け製品、産業、医療、小売など、あらゆる業界でロボットの導入が進んでいます。世界のロボティクス市場は2018年から2022年までに44%成長し、売上高は2022年までに450億米ドルに達すると見込まれています。さらに約10%の年平均成長率(CAGR)が続けば、2028年には706億米ドル近くに達します。 この膨大な可能性と技術の進歩を踏まえ、ロボット生産に挑む企業が増えています。しかし他の製品と同様、持続可能で、将来性があり、安全なロボットを作るには、メーカーが開発段階で各種の意思決定を行う必要があります。 中でも特に重要なのがオペレーティングシステムです。オペレーティン […]

2022年クラウド価格レポート

クラウドインフラストラクチャの選択におけるクラウド価格の影響 さまざまなクラウドプラットフォームのコストの見積もりや比較は、決して簡単ではありません。パブリッククラウドプロバイダーはリソース単価の形でサービスの定価を提示しますが、プライベートクラウドの分野で同じことをするのは至難の業です。リソース単価が明確でも総所有コスト(TCO)の完全な把握にはなりません。多くの企業は、あらゆる種類のクラウドリソースの需要を自社で計算できないからです。この結果、大手クラウドプロバイダーはTCO計算機能を用意し、顧客によるコストの見積もりやデータに基づいた決定をサポートしています。 本レポートは3部構成です。まず、2022年7月時点の大手パブリック/プライベートクラウドプロバイダーのクラ […]

Open Source MANO TWELVEによるテレコムネットワークの回復と自動拡張

2番目の長期サポート付きOpen Source MANO(OSM)リリースが到着しました。Open Source MANO Release TWELVEは、2年間のサポートとセキュリティパッチを含みます。また、MANO(Management and Network Orchestration)エコシステムに属するVNFベンダーにもシステムインテグレーターにも有利な特長を備えています。ETSI OSM(Open Source MANO)には、複数のクラウドプラットフォームと仮想インフラストラクチャマネージャー(VIM)を統合できます。サービスプロバイダーやオペレーターはOSMプラットフォームを利用し、仮想マシン(VM)またはコンテナ化されたフレームワーク(Kubernete […]


© 2023 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。