Ubuntu & ROSCon JP 2021

by jiashiuan on 16 August 2021

ROSプロジェクトはUbuntuで始まったことをご存じですか?もう10年以上前のことですが、ROSのBox TurtleはUbuntu Hardyで最初にリリースされました。以来、コミュニティとCanonicalはUbuntu上で動作するROSの開発体験向上に努めています。

9月16日はROSCon JPでロボティクスとその革新についてたっぷりご紹介します。ROSの最新情報、コミュニティの目標、他の組織と協力するメリットについてご理解いただけることと思います。

日時:9月16日
会場:東京

ミーティングを予約

ROSCon JP でデモを公開:Canonicalのブースへどうぞ

ROSロボットの市場化を検討中、あるいは工場での作業やデバイス管理に困難を感じていらっしゃいますか?プロトタイプにUbuntuをお使いなら、次の段階もお手伝いさせてください。

Canonicalのブースでは、ホワイトペーパー、製品パンフレット、動画、もちろんデモもご用意しています。ROS用コンテナソリューションや組み込みOSが、全般的なクオリティやセキュリティを優先しつつ、革新的な企業による最終ユーザーへの到達をサポートしていることをご理解いただけるでしょう。

個別のニーズに応じたライブデモを予約し、当社エンジニアとご相談いただくか、ビデオ電話でのご来場をお待ちしております。

ミーティングを予約

ご来場をお待ちしております!

ROSCon JPについて

ROSCon JPは、年齢を問わず、ROSに携わるすべての方のための開発者会議です。職業、性別、所在地に関係なく、ROSに関心をお持ちなら、ぜひROSCon JPへの参加をご検討ください。女性や学生の方々も大歓迎です。参加される方には行動規範を守っていただきますようお願いいたします。

Canonicalについて

Canonicalは「Ubuntu」を提供する企業です。現在、CanonicalのOSはROS 1とROS 2に対応するティア1のオペレーティングシステムであり、パートナーシップも年々成長しています。

また、ROS 2の技術運営委員会メンバーとしてプロジェクトのロードマップ開発をサポートし「て」います。ROS 2のセキュリティグループの議長としても長年の経験を共有しています。

Canonicalのロボティクスチームはコミュニティアップストリームをサポートし、コアとなるROSパッケージにバグ修正や新しい機能を 提供 しています。開発だけでなくROSロボットの導入にも対応するよう、Ubuntuの改善や新しい機能の開発にも取り組んでいます。テスト済みのROSアプリケーション用コンテナから組み込みUbuntu OSのUbuntu Coreまで、Canonicalは企業のセキュリティソリューション、メンテナンス、サポートをお手伝いします。

ROSのメンテナンスを行うOpen RoboticsとともにCanonicalは現在、ROSとUbuntuの専門家による10年間のセキュリティメンテナンスと企業サポート付きの強化ROSを提供しています。Open Roboticsが当社の関与を促進し、未来のロボットのセキュリティを確保するとともに、その開発と運用の作業を容易にすることをうれしく思います。

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターを購読

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

【ウェビナー】 Ubuntu Pro – 長期サポートLinuxのもう一つの選択肢

ウェビナー内容 Azure Marketplaceで10年間の脆弱性対応を提供するUbuntu Proシリーズがリリースされました。 Ubuntuが持つメリットに加えCanonicalからの商用サービスを効果的にパッケージ化した製品となります。 特に長期運用が必要なシステムでご使用いただくと費用対効果を高めていただけます。 海外でUbuntuの利用が拡大している理由を交えUbuntu Proの特徴をご説明いたします。 スピーカー 日本マイクロソフト株式会社Azure ビジネス本部 エグゼクティブプロダクトマネージャー岡本 剛和 Canonical Japan K.K.リージョナルセールスマネージャー柴田 憲吾2016年にCanonicalに入社しリージョナルセールスマネー […]

Canonical、組み込みディスプレイの基盤としてUbuntu Frameを発表

CanonicalのUbuntu Frameは、使いやすさ、信頼性、セキュリティを備えたエッジデバイス向けのフルスクリーンシェル。Canonicalが10年間のサポートも提供します。 2021年10月6日:Canonicalは、インタラクティブキオスク、デジタルサイネージソリューションなど、グラフィカル出力を必要とする製品向けのグラフィカルアプリケーションを容易に構築および展開するソリューションとして、Ubuntu Frameをリリースしました。Ubuntu Frameがあれば、開発者はDRM(デジタル著作権管理)、KMS(キー管理サービス)、入力プロトコル、セキュリティポリシーといった部分的なソリューションの統合と保守によってディスプレイを強化あるいは保護する必要があり […]

Ubuntu ProベースのMicrosoft SQL ServerインスタンスがAzureで使用可能に

2021年11月1日:Canonicalは本日、Microsoft AzureでのMicrosoft SQL ServerとUbuntu ProについてMicrosoftとのサポートを発表しました。 Canonicalは、Ubuntu Pro 20.04 LTSオペレーティングシステムをベースとした高性能でフルサポートのSQL Server向けソリューションを市場に提供するためにMicrosoftと協力してきました。Microsoft Azureの利用者はSQL Server 2017またはSQL Server 2019(Web、Standard、Enterpriseの各エディション)のフルサポートインスタンスをUbuntu Pro 18.04 LTSおよびUbuntu […]


© 2021 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。