【ウェビナー】 Ubuntu Pro – 長期サポートLinuxのもう一つの選択肢

by jiashiuan on 25 November 2021

ウェビナー内容

Azure Marketplaceで10年間の脆弱性対応を提供するUbuntu Proシリーズがリリースされました。
Ubuntuが持つメリットに加えCanonicalからの商用サービスを効果的にパッケージ化した製品となります。
特に長期運用が必要なシステムでご使用いただくと費用対効果を高めていただけます。
海外でUbuntuの利用が拡大している理由を交えUbuntu Proの特徴をご説明いたします。

スピーカー

日本マイクロソフト株式会社
Azure ビジネス本部 エグゼクティブプロダクトマネージャー
岡本 剛和

Canonical Japan K.K.
リージョナルセールスマネージャー
柴田 憲吾
2016年にCanonicalに入社しリージョナルセールスマネージャーを務める。
サーバーおよびIoTデバイス向けの各種サービスを国内顧客に提案している。
Canonical入社前はPhilips、Wind River、NVIDIAにて国内のITおよびメディカル市場の営業職を20年間経験。
14年間はOS関連の営業に携わる。

詳細・登録

https://mktoevents.com/Microsoft+Event/298459/157-GQE-382

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

Canonical、LinuxカーネルとUbuntuについて10年間のLTSを再確認

この記事は、CanonicalのSilicon Alliances部門担当副社長Cindy Goldberg、UbuntuカーネルエンジニアリングディレクターBrett Grandbois、リアルタイムカーネルプロダクトマネージャーEdoardo Barbieriが執筆しました。 2023年欧州オープンソースサミット(Open Source Summit Europe)で、Linux Weekly News編集者のJonathan Corbet氏は、Linuxカーネルのアップストリームでの長期サポート(LTS)期間が6年から2年に短縮される可能性が高いと発表しました。詳細はまだ確認されていないものの、この発言は関係者のほか、ソフトウェア計画においてLTSの期間に依存してい […]

Ubuntu ProとコンフィデンシャルVMでクラウドのサイバーセキュリティを強化

今日のデジタル環境では、あらゆる規模の組織がクラウドでのプレゼンスを拡大しています。ただし、そのために攻撃対象領域も大幅に増加し、セキュリティが最大の懸念事項となりました。このブログ記事では、クラウドのサイバーセキュリティという注目度の高い世界について深く掘り下げ、Ubuntuを利用してワークロードを保護する強力なアプローチを探ります。 OSの選択がクラウドのサイバーセキュリティにとって重要である理由 まず、オペレーティングシステムの選択がセキュリティにとって重要である理由を説明します。アプリケーションの開発時はセキュリティの確保に多大な努力が払われていますが、開発者が対応できる範囲は、セキュリティというパズルの1ピースに過ぎません。 アプリケーションを実運用環境で実行す […]

MLOpsツールキットについて

ハードウェアからアプリケーションまで、機械学習ツールキットの構築において考慮すべき要素を解説 AIは将来が有望な分野ですが、その活用は簡単ではありません。企業各社は適切なアーキテクチャの構築、既存プロジェクトの拡大、最適なハードウェアの選択などに苦労しています。オープンソースは広く採用され、企業の多くの課題に対応します。ただし、セキュリティやツール統合の問題も忘れてはなりません。多くの企業は第一歩を踏み出すためのツールキットを求めています。 MLOpsツールキット本書では、機械学習の運用を開始し、規模を拡大したい企業のためのツールキットを紹介します。まずハードウェアレイヤーからアプリケーションレイヤーまでスタック全体を概説します。次にソリューションを構築する際に検討すべき […]


© 2024 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。