Kria KR260 – Ubuntuを使用した拡張可能なロボティクスプラットフォーム

by jiashiuan on 24 May 2022

原典:https://ubuntu.com/blog/kria-kr260-a-scalable-robotics-platform-powered-with-ubuntu

このたびのAMD Kria™ KR260ロボティクススターターキットの発表により、ロボット開発者の未来が大きく開けました。ロボット開発は決して簡単ではありません。AMDは、組み込み設計の参入障壁を引き下げることにより、すべての業界へのロボット普及を目指しています。適応型SOM(システムオンモジュール)から成るKriaポートフォリオの最新製品は、この取り組みを実証しています。

魅力的な価格で速やかにロボットを導入

Kria KR260の最大の利点は、既存のKria K260適応型SOMを利用して現場にシームレスに導入できることです。チップダウン設計より設計サイクルを短縮することにより、Kria SOMポートフォリオとUbuntuの組み合わせは、導入までの時間を最大で9カ月短縮します。すなわちロボット開発企業は、FPGAの知識なしで短時間で簡単に作業を開始できます。

開発者にとってもう1つの重要な利点は低コストです。Kria KR260ロボティクススターターキットの価格は349ドル。最新のプラットフォームを手頃な価格で購入できます。

UbuntuとKria KR260

本番環境へのシームレスな導入に関して、KR260の開発者はLinuxに関する知識も不要です。KR260は、購入時の状態で最新のUbuntu組み込みオペレーティングシステムを完全にサポートし、CanonicalのUbuntu 22.04の最新の長期サポート(LTS)バージョンと互換性を持ちます。開発者はソフトウェアやハードウェアの動作不良に悩むことがありません。またCanonicalの最新のセキュリティ機能と更新は、ますます進化する攻撃者から現場のシステムを守ります。このため認証、検証、サポートを受けた標準オペレーティングシステム(クラウドからIoTまで動作)の上で動作する実用的なアプリケーションに力を注ぐことができます。

KR260開発者は、オープンソースのロボティクスプロジェクトの高度なエコシステムも利用できます。これにはROS 2 Humble Hawksbillの今後のリリースを含め、ネイティブのROS 2サポートが含まれます。開発者は、継続的な統合ジョブ、定期実行ジョブ、パッケージングジョブ、パフォーマンステストなど、ROS 2の全テストスイートをKR260に対しても安心して利用できます。

Kriaロボティクススタック

開発者は、ロボットライブラリとユーティリティを総合的に組み合わせたKriaロボティクススタック(KRS)を使用し、Kria SOMをターゲットとした産業グレードのロボティクスソリューションの開発と商業化をハードウェアで加速することも可能です。この結果、Kria SOMの低レイテンシで適応型のコンピューティングアーキテクチャは、同クラスのGPUソリューションに比べ、8倍以上のワットあたり性能と最大3.5倍の低レイテンシを提供します。

認定ボードで市場化をスピードアップ

Kria KR260のUbuntu認定は、セキュリティと信頼性の高い長期サポートを可能にします。デリバティブボードをお使いの企業には、Canonicalのイネーブルメントサービス(割引価格)でも同レベルのサポートをご利用いただけます。

Kria KR260を使用する企業には、商用IoTやロボット製品の開発に対応する総合的なサービスパッケージであるSMART STARTなど、Canonicalのプロフェッショナルサービスも提供されています。SMART STARTでは、生産工程、コンテナ化、インフラ開発、リスク管理など、エッジデバイスの開発において最も時間のかかる作業についてCanonicalの専門家がアドバイスします。Canonicalのサービスでは、KR260を利用する企業がCanonicalのUbuntu向け企業サポートも利用できます。

詳細は、Canonicalのロボットに関するプロフェッショナルサービスをご覧ください。

まとめ

新しいKria KR260は、拡張可能ですぐに使えるロボット向け開発プラットフォームであり、開発企業が自社でロボット用アプリケーションを開発する時間を節約します。必要なインターフェイスや機能がすべて揃っているため、1時間以内に開発を開始できます。皆様の新しい製品に期待しています!

Kria SOM対応Ubuntuをダウンロード

サポートについてはお問い合わせください。

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

IoTに関する5つの課題とその解決策

IoTプロジェクトを成功に導くためのアドバイスとチェックリスト ダウンロード IoTの成長と収益には目を見張る将来性があります。コネクテッドデバイスから収集したデータを分析すれば、ビジネスプロセス、生産、アプリケーションの大幅な改革が可能です。現在、革新は急速に進み、デバイスの用途は無限に広がっています。新しい企業、既存企業を問わず、IoTデバイスの成長と足並みを揃えて進歩することは簡単ではありません。 製品開発期間の短縮、強固なセキュリティ、ハードウェアとソフトウェアに対応する汎用的な更新メカニズム、デバイス管理など、IoT企業が克服すべき課題は数多くあります。このような課題を克服すれば、業績は大きく向上することでしょう。 本書では、多くの企業がIoTに関して直面する […]

Canonical Ubuntu Core 22の提供を開始 – IoTと組み込みデバイスに最適化

極めてセキュリティの高い組み込みUbuntuが、ロボットや産業用デバイスでリアルタイムコンピューティングをサポート Canonicalは本日、Ubuntu 22.04 LTSを完全にコンテナ化し、IoTやエッジデバイスに最適化したバリアントとしてUbuntu Core 22の一般提供を開始したと発表しました(ダウンロード:ubuntu.com/download/iot)。このリリースは、Canonicalの各種テクノロジーとの組み合わせにより、Ubuntuの包括的かつ業界最先端のオペレーティングシステム(OS)およびサービスをあらゆる種類の組み込み/IoTデバイスに提供します。 IoTメーカーは、スケジュールと予算どおりにデバイスをデプロイするという難題に直面しています。 […]

Cephを利用した初心者向けオープンソースストレージ

現代の組織はIT技術に依存しています。そしてインフラにおいて何より重要なのがデータの保存です。トランザクションデータベース、ファイル共有、ビジネス分析用の膨大なデータレイクなど、すべてのデータを保存する必要があります。 従来、ストレージのニーズを満たすのは大手ハードウェアベンダーでしたが、この10年で多くの組織がコモディティハードウェア上で動作するCephのようなオープンソースソリューションに移行しています。この記事ではCephを紹介し、組織がCephを選ぶ理由も解説します。 ストレージソリューションの選択 Canonicalでは、データをどこに保存すべきかとよく尋ねられます。概してその答えを決めるのは、以下のいくつかの要因です。 パフォーマンスとレイテンシの要件 – 汎 […]


© 2022 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。