Kria KR260 – Ubuntuを使用した拡張可能なロボティクスプラットフォーム

by jiashiuan on 24 May 2022

原典:https://ubuntu.com/blog/kria-kr260-a-scalable-robotics-platform-powered-with-ubuntu

このたびのAMD Kria™ KR260ロボティクススターターキットの発表により、ロボット開発者の未来が大きく開けました。ロボット開発は決して簡単ではありません。AMDは、組み込み設計の参入障壁を引き下げることにより、すべての業界へのロボット普及を目指しています。適応型SOM(システムオンモジュール)から成るKriaポートフォリオの最新製品は、この取り組みを実証しています。

魅力的な価格で速やかにロボットを導入

Kria KR260の最大の利点は、既存のKria K260適応型SOMを利用して現場にシームレスに導入できることです。チップダウン設計より設計サイクルを短縮することにより、Kria SOMポートフォリオとUbuntuの組み合わせは、導入までの時間を最大で9カ月短縮します。すなわちロボット開発企業は、FPGAの知識なしで短時間で簡単に作業を開始できます。

開発者にとってもう1つの重要な利点は低コストです。Kria KR260ロボティクススターターキットの価格は349ドル。最新のプラットフォームを手頃な価格で購入できます。

UbuntuとKria KR260

本番環境へのシームレスな導入に関して、KR260の開発者はLinuxに関する知識も不要です。KR260は、購入時の状態で最新のUbuntu組み込みオペレーティングシステムを完全にサポートし、CanonicalのUbuntu 22.04の最新の長期サポート(LTS)バージョンと互換性を持ちます。開発者はソフトウェアやハードウェアの動作不良に悩むことがありません。またCanonicalの最新のセキュリティ機能と更新は、ますます進化する攻撃者から現場のシステムを守ります。このため認証、検証、サポートを受けた標準オペレーティングシステム(クラウドからIoTまで動作)の上で動作する実用的なアプリケーションに力を注ぐことができます。

KR260開発者は、オープンソースのロボティクスプロジェクトの高度なエコシステムも利用できます。これにはROS 2 Humble Hawksbillの今後のリリースを含め、ネイティブのROS 2サポートが含まれます。開発者は、継続的な統合ジョブ、定期実行ジョブ、パッケージングジョブ、パフォーマンステストなど、ROS 2の全テストスイートをKR260に対しても安心して利用できます。

Kriaロボティクススタック

開発者は、ロボットライブラリとユーティリティを総合的に組み合わせたKriaロボティクススタック(KRS)を使用し、Kria SOMをターゲットとした産業グレードのロボティクスソリューションの開発と商業化をハードウェアで加速することも可能です。この結果、Kria SOMの低レイテンシで適応型のコンピューティングアーキテクチャは、同クラスのGPUソリューションに比べ、8倍以上のワットあたり性能と最大3.5倍の低レイテンシを提供します。

認定ボードで市場化をスピードアップ

Kria KR260のUbuntu認定は、セキュリティと信頼性の高い長期サポートを可能にします。デリバティブボードをお使いの企業には、Canonicalのイネーブルメントサービス(割引価格)でも同レベルのサポートをご利用いただけます。

Kria KR260を使用する企業には、商用IoTやロボット製品の開発に対応する総合的なサービスパッケージであるSMART STARTなど、Canonicalのプロフェッショナルサービスも提供されています。SMART STARTでは、生産工程、コンテナ化、インフラ開発、リスク管理など、エッジデバイスの開発において最も時間のかかる作業についてCanonicalの専門家がアドバイスします。Canonicalのサービスでは、KR260を利用する企業がCanonicalのUbuntu向け企業サポートも利用できます。

詳細は、Canonicalのロボットに関するプロフェッショナルサービスをご覧ください。

まとめ

新しいKria KR260は、拡張可能ですぐに使えるロボット向け開発プラットフォームであり、開発企業が自社でロボット用アプリケーションを開発する時間を節約します。必要なインターフェイスや機能がすべて揃っているため、1時間以内に開発を開始できます。皆様の新しい製品に期待しています!

Kria SOM対応Ubuntuをダウンロード

サポートについてはお問い合わせください。

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

Canonical社が提供する「Ubuntu Pro for Devices」に基づく新事業を展開 ~パートナーと連携した新しい事業を立ち上げ~

株式会社アイ・オー・データ機器(本社:石川県金沢市、代表取締役会長:細野 昭雄、以下、アイ・オー・データ)は、Canonical Group, Ltd.(本社:英国ロンドン、CEO:Mark Shuttleworth、以下:Canonical社)とLinux OS 「Ubuntu」のライセンス契約を合意し、Canonical社が提供する「Ubuntu Pro for Devices」プログラムに基づき、Ubuntuを活用した新事業や新商品を展開することを発表いたします。 ビジネス概要 アイ・オー・データはLinux OS 「Ubuntu」搭載デバイスをより広く、手軽に使っていただくため、Canonicalの「Ubuntu Pro for Devices」プログラムに基づい […]

CanonicalがUbuntu Core 24を発表

Ubuntu Core(改変不可)が、IoTデバイスメーカー向けの新しい工場インストールシステム、AIoT対応のGPUサポート、LandscapeとMicrosoft Azure IoT Edgeによるデバイス管理統合機能を導入。 ロンドン、2024年6月4日 Canonicalは本日、12年間の長期サポート(LTS)を保証したUbuntu Core 24の一般提供を発表しました。Ubuntuの改変不可フレーバーであるUbuntu Core 24は、すべてのシステムコンポーネントとシステム自体をコンテナ群にまとめ、カーネルによる厳密な隔離、高度なマネージドコンポーネント統合、信頼性の高いOTA更新、フェイルセーフロールバックにより、インテリジェントなエッジ/IoTアプリケ […]

Canonical X SRA – 「Ubuntu Pro for Device」のご紹介 

IoT&組込デバイス向けにUbuntuを活用!「Ubuntu Pro for Device」のご紹介 近年、IoTおよび組込み分野において、オープンソースのセキュリティとコンプライアンスの需要が高まっています。さまざまなデバイス上では、OSのみならず多くのミドルウェアにオープンソースが採用されており、それらのセキュリティリスクへの対策が必要となっています。 こうした背景から、Ubuntuを組込み用途でご利用されるお客様向けに、「Ubuntu Pro for Device」の提供開始が開発元のCanonical社より発表されました。 Ubuntu Pro for Deviceでは、UbuntuだけでなくPythonやGo、ROSといったUbuntuのリポジトリに含まれるパッ […]