CanonicalがUbuntu 14.04 LTS以降の長期サポートを12年間に延長

by Canonical on 16 April 2024

Canonicalは本日、Ubuntu ProアドオンとしてLegacy Supportの一般提供を発表しました。これによりUbuntu LTSリリースのセキュリティ更新とサポート期間が12年間に延長されます。アドオンの対象はUbuntu 14.04 LTS以降です。

長期サポートのUbuntuリリースには、mainリポジトリに対する5年間のセキュリティメンテナンスが標準で付属します。Ubuntu Proは、mainリポジトリとuniverseリポジトリの両方に10年間のメンテナンスを提供し、企業にもエンドユーザーにも安全なオープンソースソフトウェアを幅広く提供します。このサブスクリプションは電話およびチケットによるサポートも含みます。Ubuntu Proの有償契約者のお客様は、新しいLegacy Supportアドオンにより、2年間のセキュリティメンテナンスとサポートを追加できます。

Canonicalのサポートエンジニアリング担当グローバルバイスプレジデントであるMaximilian Morganは次のように述べています。「Ubuntu LTSリリースのセキュリティメンテナンスとサポートを延長できてうれしく思います。Canonicalは20年にわたるオープンソースにおける卓越性を活用して、世界中のお客様に専門家によるセキュリティメンテナンスとサポートを提供しています。Legacy Supportによって、さまざまな組織が自信を持って運用におけるニーズとオープンソースへの投資に対応し、システムの可用性、安全性、サポートを今後何年にもわたって確保できるようにサポートいたします。」

理想的な安定性と安心感

最新のオペレーティングシステム(OS)の運用によって新しい機能とパフォーマンスの向上が提供されるため、新規のデプロイに適しています。ただし、大規模の安定した実運用システムの場合は、OS上で実行されているソフトウェアスタック全体の更新が必要となる可能性があるため、新しいOSバージョンへの移行には課題が生じます。コンテナ化、マイクロサービス、広範なデータ管理機能、サードパーティのAPIとの統合が組み込まれている最新のソフトウェアアーキテクチャでは、このような複雑さがさらに増大します。

これらの多面的な課題を考慮すると、システムの運用、セキュリティ、サポートを確保し続けることは最も重要です。移行戦略の計画や実行と同時に安心感と安定性を求めている組織は、Canonicalに信頼を寄せることができます。

12年間の速やかなセキュリティ修正とサポート

セキュリティメンテナンスは、システムをプロアクティブに保護する継続的なプロセスの一部です。定期的な脆弱性スキャン、評価、パッチ管理がこのプロセスに含まれます。Ubuntu Proにより、Canonicalは、Ubuntuに同梱されているすべてのソフトウェアパッケージについて「critical(危険)」、「high(高い)」、「medium(中間)」のCVE(Common Vulnerabilities and Exposures:一般的な脆弱性と露出)に対する継続的な脆弱性管理を提供します。Canonicalのセキュリティチームは、サポートされているすべてのUbuntu LTSリリースにこれらの重要な修正を積極的にバックポートし、大きなアップグレードを必要とせずにシステムの安全性を維持できるという安心感を企業やエンドユーザーに提供します。

サポートとは、インシデントが発生した場合や複雑な問題に対処するために追加的な専門知識が必要になった場合にユーザーが要求するサービスです。オープンソースの専門知識を用いて事業継続戦略を強化したいと考えているお客様は、トラブルシューティング、障害対応、バグ修正、ガイダンスに関するCanonicalのサポートを利用できます。

Ubuntu 14.04 LTS「Trusty Tahr」と今後のLTSリリースで利用可能

Ubuntu ProによるUbuntu 14.04 LTSの保証は2024年4月に終了となります。Legacy Supportを使用すれば、Ubuntu 14.04 LTS上でシステムを運用している組織は、セキュリティメンテナンスと電話およびチケットによるサポートをさらに2年間利用できます。その結果、ITマネージャーは次期LTSの詳細なアップグレード計画を準備できます。また、ソフトウェアアーキテクトはCanonicalのチームが提供するサポートを利用することによって、アプリケーションレベルに集中できます。

Ubuntu ProとLegacy Supportアドオンの詳細は、https://ubuntu.com/prohttps://ubuntu.com/supportをご覧になるか、Canonicalにお問い合わせください。

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

日本最大の “AWS を学ぶイベント”AWS Summit Japan登録開始!

Canonical @AWS Summit Japan 2024 Canonicalの招待コードを添えて登録ください! https://aws.amazon.com/jp/summits/japan/招待コード: SPC9461572 毎年 延べ 30,000 人が参加する、日本最大の “AWS を学ぶイベント” AWS Summit Japan が 6月 20 日(木)、21 日(金)の二日間に渡り開催されます。AWS Summit は、クラウドコンピューティングコミュニティが一堂に会して、アマゾン ウェブ サービス (AWS) に関して学習し、ベストプラクティスの共有や情報交換ができる、クラウドでイノベーションを起こすことに興味がある全ての皆様のためのイベントです。基 […]

Canonical、24.04 LTS Noble Numbatを公開

Canonicalの10番目のLTS(長期サポート)リリースは、パフォーマンスエンジニアリング、企業セキュリティ、開発における使い勝手の点で新しい基準を確立します。 ロンドン、2024年4月25日 Canonicalは本日、Ubuntu 24.04 LTS(コードネーム「Noble Numbat」)のリリースを発表しました。https://ubuntu.com/downloadからダウンロードとインストールが可能です。 Ubuntu 24.04 LTSは、直近3つの中間リリースの改良、さらに世界中のオープンソース開発者のコントリビューションを受け、安全で最適化された先進的なプラットフォームに仕上がりました。 Canonicalの最高経営責任者(CEO)であるMark Sh […]

Canonical X SRA – 「Ubuntu Pro for Device」のご紹介 

IoT&組込デバイス向けにUbuntuを活用!「Ubuntu Pro for Device」のご紹介 近年、IoTおよび組込み分野において、オープンソースのセキュリティとコンプライアンスの需要が高まっています。さまざまなデバイス上では、OSのみならず多くのミドルウェアにオープンソースが採用されており、それらのセキュリティリスクへの対策が必要となっています。 こうした背景から、Ubuntuを組込み用途でご利用されるお客様向けに、「Ubuntu Pro for Device」の提供開始が開発元のCanonical社より発表されました。 Ubuntu Pro for Deviceでは、UbuntuだけでなくPythonやGo、ROSといったUbuntuのリポジトリに含まれるパッ […]


© 2024 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。