Ubuntu 14.04と16.04のライフサイクルを10年延長

by Canonical on 27 September 2021

Canonicalは、Ubuntu 14.04 LTS「Trusty Tahr」と16.04 LTS「Xenial Xerus」の合計10年へのライフサイクル延長を発表しました。この延長により、企業は時間に余裕を持ってインフラのアップグレードを行い、コストを分散させることが可能です。Ubuntu 14.04 LTSと16.04 LTSのExtended Security Maintenance(ESM)期間延長は、Canonicalのセキュリティ更新やカーネルライブパッチを利用した、セキュアでメンテナンスの少ないインフラを実現します。今回の発表は、新しいアプリケーションや技術に移行中の組織にとって非常に有利となります。

CanonicalのプロダクトマネージャーであるNikos Mavrogiannopoulosは次のように述べています。「Ubuntu 14.04と16.04 LTSのライフサイクル延長は、企業環境の強化に向けた当社の取り組みの前進です。各業界は異なる導入ライフサイクルを持ち、それぞれのペースで技術を採用しています。Canonicalは企業が自社のペースでインフラを管理できるようなOSライフサイクルを提供します。」

インフラアップグレードの経済性を向上

企業はレガシーシステムの段階的廃止に多大な労力と予算を費やし、そのために過去3年間のIT予算が増大しています。CanonicalがOSライフサイクルを10年に延長することにより、企業はインフラアップグレードの実行または計画においてIT予算をより有効に活用できます。

サイバーセキュリティの継続的な確保

企業は常に、脆弱性を悪用して企業情報にアクセスしたりマルウェアを送り込んだりする攻撃者に狙われています。ISO 27000、NIST、PCI、CIS Controlsなど、企業がどのサイバーセキュリティ規格を選択してもUbuntuは必ず実装パスを提供します。Extended Security Maintenance(ESM)とカーネルライブパッチは、脆弱性の継続的な管理に必要な基盤を提供します。Extended Security MaintenanceはUbuntu OSに確実にセキュリティ更新を送信し、ライブパッチサービスはLinuxカーネルの脆弱性に起因する想定外の作業を軽減することで、企業がUbuntuシステムをより有効に管理できるようにします。

Ubuntu 14.04 LTSと16.04 LTS ESMの詳細

Ubuntu 14.04 LTSと16.04 LTSを対象としたESMの詳細はubuntu.com/security/esmをご覧ください。

変更の概要は以下の表のとおりです。

リリースリリース日提供終了*
Ubuntu 14.04(Trusty Tahr)2014年4月2024年4月(2022年4月から)
Ubuntu 16.04(Xenial Xerus)2016年4月2026年4月(2024年4月から)
Ubuntu 18.04(Bionic Beaver)2018年4月2028年4月(変更なし)
Ubuntu 20.04(Focal Fossa)2020年4月2030年4月(変更なし)

* リリースの提供終了後、Canonicalは更新をリリースしません。

Canonicalについて

Canonicalは、コンテナ、クラウド、ハイパースケールコンピューティング分野の主要OS「Ubuntu」を提供する企業です。Ubuntuは、ほとんどのパブリッククラウドのワークロード、新しいスマートゲートウェイ、スイッチ、自動運転車、高度なロボットで使用されています。Canonicalは、Ubuntuの商用ユーザー向けにエンタープライズサポートとサービスを提供しています。Canonicalは2004年に設立された非公開企業です。

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

ハイブリッドクラウドのインフラストラクチャを最新化するためのプレイブック

CTO(最高技術責任者)向けの利用事例と戦略的ガイダンス パブリッククラウドは前例のないスピードでデジタルトランスフォーメーション を実現しました。しかし、拡張性に対するニーズが増えると、その長期的な運用 コストは厳しいものになります。ハイブリッドクラウドは、運用面の支出の抑制 や厳密な管理を可能にするプライベートインフラストラクチャと、簡単に拡張で きるパブリッククラウドという2つの環境の両方からメリットを得るための代替策 として浮かび上がりました。 ハイブリッドクラウドアーキテクチャの採用を検討している組織や企業は、プライベートクラウドベンダーの選択肢や、アプリケーションの設計と開発に対する影響、ワークロードの調整、長期メンテナンスについて慎重に考える必要があります。 […]

2022年クラウド価格レポート

クラウドインフラストラクチャの選択におけるクラウド価格の影響 さまざまなクラウドプラットフォームのコストの見積もりや比較は、決して簡単ではありません。パブリッククラウドプロバイダーはリソース単価の形でサービスの定価を提示しますが、プライベートクラウドの分野で同じことをするのは至難の業です。リソース単価が明確でも総所有コスト(TCO)の完全な把握にはなりません。多くの企業は、あらゆる種類のクラウドリソースの需要を自社で計算できないからです。この結果、大手クラウドプロバイダーはTCO計算機能を用意し、顧客によるコストの見積もりやデータに基づいた決定をサポートしています。 本レポートは3部構成です。まず、2022年7月時点の大手パブリック/プライベートクラウドプロバイダーのクラ […]

Open Source MANO TWELVEによるテレコムネットワークの回復と自動拡張

2番目の長期サポート付きOpen Source MANO(OSM)リリースが到着しました。Open Source MANO Release TWELVEは、2年間のサポートとセキュリティパッチを含みます。また、MANO(Management and Network Orchestration)エコシステムに属するVNFベンダーにもシステムインテグレーターにも有利な特長を備えています。ETSI OSM(Open Source MANO)には、複数のクラウドプラットフォームと仮想インフラストラクチャマネージャー(VIM)を統合できます。サービスプロバイダーやオペレーターはOSMプラットフォームを利用し、仮想マシン(VM)またはコンテナ化されたフレームワーク(Kubernete […]


© 2023 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。