Ubuntu 14.04と16.04のライフサイクルを10年延長

by Canonical on 27 September 2021

Canonicalは、Ubuntu 14.04 LTS「Trusty Tahr」と16.04 LTS「Xenial Xerus」の合計10年へのライフサイクル延長を発表しました。この延長により、企業は時間に余裕を持ってインフラのアップグレードを行い、コストを分散させることが可能です。Ubuntu 14.04 LTSと16.04 LTSのExtended Security Maintenance(ESM)期間延長は、Canonicalのセキュリティ更新やカーネルライブパッチを利用した、セキュアでメンテナンスの少ないインフラを実現します。今回の発表は、新しいアプリケーションや技術に移行中の組織にとって非常に有利となります。

CanonicalのプロダクトマネージャーであるNikos Mavrogiannopoulosは次のように述べています。「Ubuntu 14.04と16.04 LTSのライフサイクル延長は、企業環境の強化に向けた当社の取り組みの前進です。各業界は異なる導入ライフサイクルを持ち、それぞれのペースで技術を採用しています。Canonicalは企業が自社のペースでインフラを管理できるようなOSライフサイクルを提供します。」

インフラアップグレードの経済性を向上

企業はレガシーシステムの段階的廃止に多大な労力と予算を費やし、そのために過去3年間のIT予算が増大しています。CanonicalがOSライフサイクルを10年に延長することにより、企業はインフラアップグレードの実行または計画においてIT予算をより有効に活用できます。

サイバーセキュリティの継続的な確保

企業は常に、脆弱性を悪用して企業情報にアクセスしたりマルウェアを送り込んだりする攻撃者に狙われています。ISO 27000、NIST、PCI、CIS Controlsなど、企業がどのサイバーセキュリティ規格を選択してもUbuntuは必ず実装パスを提供します。Extended Security Maintenance(ESM)とカーネルライブパッチは、脆弱性の継続的な管理に必要な基盤を提供します。Extended Security MaintenanceはUbuntu OSに確実にセキュリティ更新を送信し、ライブパッチサービスはLinuxカーネルの脆弱性に起因する想定外の作業を軽減することで、企業がUbuntuシステムをより有効に管理できるようにします。

Ubuntu 14.04 LTSと16.04 LTS ESMの詳細

Ubuntu 14.04 LTSと16.04 LTSを対象としたESMの詳細はubuntu.com/security/esmをご覧ください。

変更の概要は以下の表のとおりです。

リリースリリース日提供終了*
Ubuntu 14.04(Trusty Tahr)2014年4月2024年4月(2022年4月から)
Ubuntu 16.04(Xenial Xerus)2016年4月2026年4月(2024年4月から)
Ubuntu 18.04(Bionic Beaver)2018年4月2028年4月(変更なし)
Ubuntu 20.04(Focal Fossa)2020年4月2030年4月(変更なし)

* リリースの提供終了後、Canonicalは更新をリリースしません。

Canonicalについて

Canonicalは、コンテナ、クラウド、ハイパースケールコンピューティング分野の主要OS「Ubuntu」を提供する企業です。Ubuntuは、ほとんどのパブリッククラウドのワークロード、新しいスマートゲートウェイ、スイッチ、自動運転車、高度なロボットで使用されています。Canonicalは、Ubuntuの商用ユーザー向けにエンタープライズサポートとサービスを提供しています。Canonicalは2004年に設立された非公開企業です。

ニュースレターのサインアップ

Ubuntuニュースレターの配信登録

お客様が購読登録を行われる場合、以下の条件に同意されたことになります。Canonicalのプライバシーに関するお知らせ個人情報保護ポリシー

関連記事

Ubuntu & Cloud Operator Days Tokyo 2022

Canonical/Ubuntuは、Cloud Operator Days Tokyo 2022にスポンサーとして協賛いたします。 2022年6月27日 から配信開始されるオンデマンドセッションでは、Director of Field Engineering APAC の村田 信人による「今日からはじめる機械学習/MLOps」を公開いたします。 ▼詳しくはこちら▼ https://event.cloudopsdays.com/codt2022/talks/67 ▼セッション紹介▼ GPGPUを使って機械学習と言われても、何から始めていいかわからない。「Jupyter notebooks?TensorFlow?PyTorch?ちょっと何言ってるかわかんないです」そのような方 […]

Ubuntu 22.04の新しいActive Directory統合機能(パート3) – 特権管理

原典:https://ubuntu.com/blog/new-active-directory-integration-features-in-ubuntu-22-04-part-3-privilege-management LinuxとActive Directory(AD)の統合は、長い歴史の中でも特に企業ユーザーから要望の大きかった機能です。Ubuntu Desktop 22.04では、新しいActive DirectoryクライアントとしてADsysを採用しました。このブログ記事は、新機能を詳細にご紹介するシリーズのパート3です。(パート1 – はじめに、パート2 – グループポリシーオブジェクト) LinuxとActive Directory(AD)の統合は、長 […]

Canonical Ubuntu Core 22の提供を開始 – IoTと組み込みデバイスに最適化

極めてセキュリティの高い組み込みUbuntuが、ロボットや産業用デバイスでリアルタイムコンピューティングをサポート Canonicalは本日、Ubuntu 22.04 LTSを完全にコンテナ化し、IoTやエッジデバイスに最適化したバリアントとしてUbuntu Core 22の一般提供を開始したと発表しました(ダウンロード:ubuntu.com/download/iot)。このリリースは、Canonicalの各種テクノロジーとの組み合わせにより、Ubuntuの包括的かつ業界最先端のオペレーティングシステム(OS)およびサービスをあらゆる種類の組み込み/IoTデバイスに提供します。 IoTメーカーは、スケジュールと予算どおりにデバイスをデプロイするという難題に直面しています。 […]


© 2022 Canonical Ltd. Ubuntu および Canonical は、Canonical Ltd の登録商標です。